【卓球】 2019グランドファイナル 女子シングルス

 2019ワールドツアーの締めくくりの2019グランドファイナルが12月12日(木)から12月15日(日)の4日間で開催されます(詳細はこちら)。


今年のグランドファイナルは、男女ともに来年の東京オリンピックのシングルス代表の2枠目が確定するため、日本では注目の大会になっています。


ここでは、女子シングルスの日程、試合方式トーナメント表を記載します。

テレビ放送/ライブ配信の視聴方法はこちらをご覧ください。

1. 試合スケジュール

時間は日本時間です。

 日付種目/ラウンド Table1  (T1)
Table2  (T2)
12/12(木) 20:20頃1回戦 (R16)
石川佳純 vs 劉詩雯
朱雨玲 vs 王曼昱
    21:10頃 1回戦 (R16)
平野美宇 vs 王芸迪
 丁寧 vs 佐藤瞳
12/13(金)11:00 1回戦 (R16)
 陳幸同 vs 馮天薇
 鄭怡静 vs 伊藤美誠
                     11:50頃
 1回戦 (R16)
 陳夢 vs 銭天一
孫穎莎 vs 何卓佳
                     20:00  準々決勝
               20:50頃
 準々決勝 (1試合ずつ2試合)
 12/14(土)20:00準決勝 (1試合ずつ2試合)
 12/15(日)14:50頃女子シングルス 決勝

(メモ)時間は日本時間ですが現地とは1時間の時差があります。また、「11:50頃」というのは11:50が開始の目安ですが前の試合の進行状況によって開始時間が前後することを示します。

2.  試合方式

試合は以下の方式で行われます。


  1. 勝ち抜きのトーナメント形式(R16から)
  2. 7ゲームマッチ
  3. 組み合わせはITTFおよびワールドツアーの基準に従う
  4. 国による組み合わせの区別は行わない
(3) のシード順(こちらを参照)ですが、最新の世界ランキング順ではなく、ワールドツアースタンディングの順位になっています(ワールドツアースタンディングはこちらを参照)。(4)は1回戦から同じ国の選手同士の対戦があるということです。

3.  トーナメント表

対戦をクリックすると試合の予定(開始時刻とテーブル)、または詳細スコア(終了した試合の場合)が表示されます。テレビ放送/ライブ配信の視聴方法はこちらをご覧ください。

終了した試合のメモにあるリンクはitTVまたはYoutubeの試合のビデオへのリンクです(ある場合)。クリックするとitTVまたはYoutubeの試合のビデオへジャンプします。itTVを登録(Register)されてない方は登録して視聴してください。現時点では無料です。

・平野美宇と石川佳純は第1日(12/12)夜に1回戦

1回戦は初日の夜と2日目の午前に4試合ずつ行われるが、注目の平野美宇と石川佳純はどちらも初日の夜にある前半の1回戦で登場する。どちらも中国選手との対戦となるが、平野美宇は王芸迪(ワンイーディー、世界ランキング18位)と対戦する。王芸迪は平野との対戦成績は平野の1敗だが、今年の香港オープン決勝で伊藤美誠を破って優勝し、ドイツオープン準決勝でも王曼昱を破るなどランキングは他の中国トップ選手に劣るが実力では劣らない。一方、石川佳純は劉詩雯(リュウシウェン)との対戦となった。劉詩雯は現在世界ランキング3位で、今年は世界選手権シングルスと女子ワールドカップで優勝と充実している。どちらも強い相手だが、普段の力を発揮して悔いの残らない大会になることを願っている。


 1回戦(前半、12/12)平野、石川は共に敗れる、佐藤が丁寧を破る

第1日は1回戦4試合が行われ日本選手3人が登場した。来年の東京オリンピックのシングルス代表の残り1枠を争う石川佳純は劉詩雯にストレートで、平野美宇は王芸迪に1-4で敗れた。この結果、先週のノースアメリカンオープンで65ポイント差を逆転して135ポイントをリードしていた石川が来年1月の世界ランキングで日本人2番目になると予想される。

伊藤美誠は台湾の鄭怡静と最終ゲームまでもつれる接戦となったが、辛くも勝って準々決勝に駒を進めた。

一方、中国の丁寧と対戦した佐藤瞳はゲームカウント1-2から3ゲーム連取で逆転し丁寧に勝った。佐藤は今年6月のジャパンオープンでも丁寧を倒しており丁寧から今年2勝目となる。

1回戦:佐藤瞳 vs 丁寧(中国)

・準決勝(12/14)伊藤美誠は1ゲーム目を大逆転で取るも陳夢に敗れる

準決勝で中国の陳夢と対戦した伊藤は第1ゲームいきなり2-9とされたがそこから7連続ポイントで9-9に追いつき逆転で第1ゲームを奪った。しかし、その後は対応され、また3ゲーム目から腰も痛み始めたらしく、結局ゲームカウント1-4で敗れた。


・決勝(12/15)陳夢が王曼昱を倒し優勝

決勝は陳夢と王曼昱の中国選手同士の対戦しゲームカウント4-1(11-9,11-6,11-6,9-11,11-6)で陳夢が優勝した。


優勝:陳夢(中国)、準優勝:王曼昱(中国)