【卓球】伊藤美誠/早田ひな、大島祐哉/森薗政崇がともにダブルスで優勝 - オーストリアオープン

11/11に今年のワールドツアー最終戦のオーストリアオープンの最終戦が行われ、女子ダブルスで伊藤美誠/早田ひなペアが中国の陳幸同/孫穎莎ペアを圧倒してストレート(11-6,11-7,11-8)で優勝した。また、男子ダブルスで大島祐哉/森薗政崇ペアも韓国の李尚洙/鄭栄植ペアを3-1(12-10,11-9,3-11,11-4)で下して優勝した。


オーストリアオープンのダブルスのトーナメント表はこちらをご覧ください。

【卓球】オーストリアオープンが開催(11/8~11)

今年のワールドツアーとワールドツアープラチナ、計12大会の最終戦のオーストリアオープンの本戦(決勝トーナメント)が11/8から始まります。

オーストリアオープンは前週のスウェーデンオープンに続き日本、中国を始めトップ選手全員が出場しレベルの高い大会になっています。

丹羽孝希など、この大会の結果で12月のグランドファイナルに出場できるかどうかが決まる選手もいるのでより注目です。


オーストリアオープンの大会の概要とスケジュール、出場選手、ライブ配信の視聴方法についてはこちらのページで説明しています。

女子シングルスの試合の予定や結果、トーナメント表はこちら

男子シングルスの試合の予定や結果、トーナメント表はこちらをご覧ください。


【卓球】11月の世界ランキングが発表、石川佳純が3位

2018年11月のITTF世界ランキングが発表され石川佳純が先月の4位から1ランク上げ、自己最高順位タイの3位に浮上した。伊藤美誠は1つ上げて7位、平野美宇は先月と同じ9位だった。

また、ワールドツアー最終戦のオーストリアオープンが終わると12月のグランドファイナル出場の男女各16選手が確定するため、現在ボーダーラインの16位にいる丹羽孝希がグランドファイナルに出場するために必要なオーストリアオープンの結果やライバルとの相関関係を検討した(詳細はこちら)。


11月の世界ランキングはこちらをご覧ください。

【卓球】伊藤美誠は朱雨玲を圧倒して優勝 - 2018スウェーデンオープン

11月4日に行われた2018スウェーデンオープンの最終日の女子シングルスで、伊藤美誠が中国の朱雨玲を倒して優勝した。伊藤美誠の今年のワールドツアー優勝は6月のジャパンオープンに続いて2度目。


前日の準々決勝と準決勝で劉詩雯と丁寧を逆転で破った伊藤美誠は、決勝では現在世界ランキング1位の中国の朱雨玲と対戦したが、まったく朱雨玲を寄せ付けず圧倒し、30分もかからずストレートで勝って優勝を決めた。


なお、今大会、伊藤は1回戦でも中国の張薔に勝っており、1つの大会で4人の中国選手を倒したことになる。また、2回戦で逆転で勝ったシンガポールの馮天薇(フォン・ティアンウェイ)も中国からの帰化選手で今年前半は世界ランキングトップ10の上位にいた選手だ。ちなみに、伊藤美誠は発表されたばかりの11月の世界ランキングで7位、丁寧は2位、劉詩雯は6位である。


スウェーデンオープン女子シングルスの結果とトーナメント表はこちらをご覧ください。

【卓球】伊藤美誠が劉詩雯、丁寧を破り決勝進出 - 2018スウェーデンオープン

 卓球のスウェーデンオープン、11/3の第3日に行われた女子シングルスで伊藤美誠の快進撃が止まらない。準々決勝で劉詩雯を1-3から逆転、準決勝でも丁寧を0-2から逆転と中国の大黒柱の2選手を倒し翌日の決勝に進んだ。伊藤がいったんはまるとその変幻自在の卓球に劉詩雯も丁寧も対応できなかった。決勝ではやはり中国の朱雨玲と対戦する。


女子シングルスの試合のスケジュールと結果、トーナメント表はこちら

【卓球】スウェーデンオープンが開幕(11/1~)

2018ワールドツアーの第6戦のスウェーデンオープンが11月1日から始まります。日本からは平野美宇、石川佳純、伊藤美誠、早田ひな、水谷隼、丹羽孝希、張本智和ら主力選手が全員出場します。また、中国からも丁寧、劉詩雯、朱雨玲、陳夢、王曼昱、馬龍、樊振東、許昕、林高遠が顔を揃えワールドカップ以上の豪華顔ぶれになりました。予選およびU21の大会は10/29より始まっています。


大会のスケジュール、出場選手、ライブ配信の試聴方法についてはこちらをご覧ください。

10/29から始まっている予選ラウンドについては次のページをご覧ください。

女子シングルス予選ラウンド 

男子シングルス予選ラウンド


また、まだ始まってませんが決勝トーナメントの組み合わせも発表されています。

女子シングルス 

男子シングルス 



【卓球】Tリーグが開幕(10/24、25)

卓球のTリーグのがいよいよ開幕し、10月24日に男子の、10月25日に女子の開幕戦が行われます。そこで、平野美宇が属している日本生命レッドエルフの紹介とTリーグのチームや試合方法をまとめました。


【卓球】男子ワールドカップが10/19開幕

いよいよ男子ワールドカップの開幕が今週の金曜日(10月19日)に迫って来ました。日本からは丹羽孝希(世界ランキング10位)と張本智和(同6位)が出場します。

10月19日は予選グループステージでシード8名を除く12名の選手が戦い4名が予選落ちとなります。残った16選手で10月20日から2日間トーナメント戦でメダルを争います。日本の2選手は第8シードまでに入っているため予選グループステージは免除となり、土曜日の決勝トーナメントから出場します。


以下のページで男子ワールドカップの情報と試合のライブ配信の視聴方法をまとめています。

2018男子ワールドカップのスケジュール、出場選手、ライブ配信の視聴方法 

2018男子ワールドカップの予選グループリーグの組み合わせと結果 

2018男子ワールドカップの決勝トーナメント表と試合スケジュール

【卓球】平野美宇張本智和は、シングルスとチーム戦ともに銀メダル - ユースオリンピック

2018ユースオリンピックの卓球競技の男子シングルスと女子シングルスでは、現地時間10月10日に準決勝と決勝が行われそれぞれのメダル獲得者が決定した。平野美宇と張本智和はともに準決勝に勝って決勝に進みどちらも中国勢と対戦したが残念ながら勝てず、銀メダルとなった(詳細は以下のリンクから決勝トーナメントのページを参照)してください。

また、シングルスの後10月12日から混合チーム戦(混合チーム種目の詳細はこちらのページを参照では、平野美宇と張本智和がチームを組み戦い決勝に進出し中国と対戦した。決勝では1勝1敗で最後の混合ダブルスを戦ったが敗れ、金メダルは取れなかった


2018ユースオリンピックの卓球競技のスケジュール、出場選手、視聴方法 

ユースオリンピックの女子シングルス決勝トーナメントの結果ユースオリンピックの男子シングルス決勝トーナメントの結果

ユースオリンピックの混合チーム決勝トーナメントの結果

【卓球】2018年10月の世界ランキングが発表

10月1日に10月の世界ランキングがITTF(国際卓球連盟)のホームぺージで発表され、男子の世界ランキングで丹羽孝希が4か月ぶりにトップ10に返り咲きました。

男女の世界ランキング、ランキングポイントの変動、主な日本選手の順位をまとめました。また、先月の6位から2位に上昇し1位を射程圏に捉えた丁寧が年内に1位になれるかも考察してみました。


2018年10月の世界ランキングの詳細についてはこちらをご覧ください。

【卓球】ユースオリンピック 10/6~ - 平野と張本が出場

4年に一度のユースオリンピック夏季大会が10月6日からアルゼンチンのブエノスアイレスで始まります。卓球競技には平野美宇と張本智和がアジア代表として出場し金メダルを狙います。卓球競技の日程、種目、競技方法、出場選手についてまとめました。


2018ユースオリンピック卓球競技のまとめについてはこちらをご覧ください。

【卓球】女子ワールドカップは丁寧が優勝

2018女子ワールドカップが9月30日に終了し、中国の丁寧が3度目の優勝を飾った。石川佳純は準決勝で丁寧に敗れ台湾の鄭怡静との3位決定戦に臨んだが敗れて4位となりメダル獲得はならなかった。平野美宇は1回戦でリオ五輪銅メダルの北朝鮮のキム・ソンイをストレートで破ったが、くじ運悪く準々決勝で石川佳純との対戦となり敗れてベスト8止まりとなった。


女子ワールドカップの概要はこちらをご覧ください。

予選グループリーグの結果はこちらをご覧ください。

決勝トーナメントの結果はこちらをご覧ください。

【卓球】女子・男子のワールドカップ迫る(9月、10月)

8月のワールドツアー2連戦が終わり、今年のワールドツアーもいよいよ11月のワールドツアー/スウェーデンオープンとワールドツアープラチナ/オーストリアオープンの2大会を残すのみとなりました。そして、それが終わるとポイントの高いグランドファイナルが12月に行われます。

しかし、その前にオリンピック、世界選手権とともに大きな大会で、ポイントの高いワールドカップが女子は9月末、男子は10月に行われます。

ワールドカップは各国2選手しか出場できず、日本からは女子は平野美宇と石川佳純、男子は丹羽孝希と張本智和が出場します。


2018ワールドカップの参加選手や試合方式についてはこちらをご覧ください。

2018女子ワールドカップの詳細についてはこちらをご覧ください。

【卓球】チェコオープンで石川佳純が優勝

チェコオープン最終日の8月26日に行われた女子シングルス決勝で石川佳純が中国の文佳を破って優勝した。石川佳純は、今年3月のドイツオープン(ワールドツアープラチナ)に続き、今年2度目のワールドツアー優勝になる。石川佳純は、9月末のワールドカップに出場する。昨年は1回戦敗退だったが、今年は気力実力ともに充実しており上位を期待できそうだ。


2018チェコオープン女子シングルスの概要とトーナメント表はこちらをご覧ください。

2018チェコオープンの概要についてはこちらをご覧ください。

【卓球】8月はワールドツアーの2大会に注目

今年もすでにプラチナ大会も含めワールドツアー12大会中、すでに8大会が終わり残り4大会となりました。そして、この8月にはそのうち以下の2大会が行われます。

また、これは5月頭の世界選手権終了以降、香港、中国、日本、韓国、オーストラリアとアジア・オセアニア地域の大会が続いていたので、久しぶりのヨーロッパでの大会となります(今年後半の大会のまとめについては7月の世界ランキングの記事の後半にまとめています)。そのため、ヨーロッパの選手もたくさん出場しています。

【卓球】8月の世界ランキング、張本が6位に上昇

国際卓球連盟のホームページで8月の卓球の世界ランキングが発表されましたので、トップ10の順位とランキングポイントおよび変動をまとめました。

張本智和はオーストリアオープンで準決勝まで行ったこともありランキングポイントが増え、中国の馬龍と韓国の李尚洙を抜いて6位になりました。中学3年生が世界ランキングで6位っていうのはギネスものじゃないかと思います。

また年内の大会も少なくなったので、平野美宇、石川佳純、伊藤美誠の3選手の8月のランキングポイントの内訳と今後の出場試合もまとめました。


2018年8月の世界ランキングについてはこちらのページをご覧ください。

【卓球】オーストラリアオープンが開催(7/26~29)

7月26日からオーストラリアのジーロングで卓球のオーストラリアオープンが始まります。今大会は賞金やポイントの高いワールドツアープラチナ大会なのですが、中国の世界ランキング上位選手が出場をキャンセルしたため、日本選手が多くシードになっています。上位進出してポイントを稼ぐチャンスでもあり、日本選手には頑張ってほしいところです。


2018オーストラリアオープンの概要についてはこちらのページをご覧ください。

【卓球】石川と水谷は準決勝で敗れる: 韓国オープン

7月19日から7月22日まで開催されている卓球のワールドツアープラチナ大会の韓国オープンで、女子シングルスで石川佳純が、男子シングルスで水谷隼がそれぞれ準々決勝を勝ち上がり、7月21日夕方に行われた準決勝に進んだが、石川佳純は中国の朱雨玲、水谷隼は韓国の張禹珍に敗れ決勝に進めなかった。


韓国オープンの概要はこちら 

女子シングルスの結果と準決勝と決勝のスケジュールはこちら 

男子シングルスの結果と準決勝と決勝のスケジュールはこちら


【卓球】2018年7月の世界ランキングが発表、張本智和が日本男子でトップに

国際卓球連盟のホームページで7月の卓球の世界ランキングが発表されましたので、トップ10の順位とランキングポイントおよび変動をまとめました。

張本智和はランキングポイントの変動はなかったものの、先月の10位から自己最高の8位に上がりました。ジャパンオープンで優勝した伊藤美誠は先月の6位から、5位に上がりました。

また、ちょうど今年半年が終わったので、後半の重要な大会をまとめてみました。


2018年7月の世界ランキングの詳細についてはこちらのページをご覧ください。

【卓球】ジャパンオープンで伊藤と張本が優勝

2018ジャパンオープンで伊藤美誠と張本智和がシングルスで、伊藤美誠は準決勝で陳幸同、決勝で王曼昱、張本智和は2回戦で周雨、準々決勝で馬龍、決勝で張継科と、それぞれ中国勢を複数人破って優勝しました。


2018ジャパンオープン最終日の詳細はこちらのページをご覧ください。

2018ジャパンオープンの概要はこちらのページをご覧ください。

【卓球】アジアで3週連続ワールドツアー(5/24から)

今週から3週連続でワールドツアーが続きます。

このうち、中国オープンは6大会あるプラチナ大会の第3戦、他の2大会は6大会ある通常のワールドツアーの第2戦と第3戦なので、ちょうど年間の半分の大会が終了することになり、選手はこの3連戦でポイントを稼いで置きたいところでしょう。また、アジア圏の選手にとっては地理的にも出場しやすい大会なので、多くの選手が挑戦すると思います。


2018香港オープンの詳細はこちらのページをご覧ください。

2018中国オープンの詳細はこちらのページをご覧ください。

2018ジャパンオープンの詳細はこちらのページをご覧ください。

【卓球】 2018世界卓球選手権 日本女子が銀メダル

4月29日から5月6日にスウェーデンのハルムスタッドで2018世界卓球選手権大会が行われました。今年の世界卓球は団体戦で1つの国/地域の選手3~5人が1つのチームになって戦いました。優勝は男女とも中国でした。女子は、日本は決勝で中国と戦い伊藤美誠が劉詩が勝ちましたが対戦成績1勝3敗で負け銀メダルでした。男子は準々決勝で韓国に敗退しメダルを逃しました。


今回の2018世界選手権の概要と結果をまとめ、試合方法について詳しく解説しました。こちらのページをご覧ください。

【卓球】 2018アジアカップが横浜で開催(4/6~8)

 卓球のアジアカップが横浜で行われます。アジアの各国を代表する選手男女それぞれ16名が集結し優勝を争います。また、3位まではワールドカップへの出場権が与えられます。


出場選手、試合方式、見どころについてまとめました。こちらのページをご覧ください。


【卓球】 世界ランキングの新ポイントシステムを解説

2018年1月のITTF世界ランキングから新ランキングポイントシステムが採用されました。2017年までのランキングポイントシステムと大きく異なるため1月の順位は昨年12月から大きく動いています。そこで、この新ランキングポイントシステムについて詳細にまとめました。また、1月の世界ランキングのページで新ポイントシステムに基づいた平野美宇のポイントの内訳を説明しています。


新ランキングポイントシステムの詳細はこちらのページをご覧ください。

2018年1月の世界ランキングはこちらのページをご覧ください。

【卓球】 張本智和がチェコオープンでワールドツアー初優勝

張本智和チェコオープン
2017チェコオープンでワールドツアー最年少優勝した張本智和

 8月27日張本智和がチェコオープンの男子シングルスで世界ランキング7位のドイツのボルに逆転勝ちして自身のワールドツアー初優勝を達成するとともにワールドツアー優勝の最年少記録を2歳更新した。

詳細はこちらのページをご覧ください。

【卓球】 平野美宇 中国スーパーリーグへの挑戦のまとめ

平野美宇選手の中国スーパーリーグ2016年後期リーグへの挑戦記事がばらばらだったのでまとめました。

こちらのページをご覧ください

【卓球】平野美宇がアジア選手権で優勝

中国の無錫でアジア卓球選手権が行われ、女子シングルスで平野美宇が丁寧など中国のトップ3選手を破って最年少優勝しました。

詳細はこちらのページをご覧ください。

PCを買い換えました - ASUS ZenBook 3

 現在仕事用にメモリ4GB/CPU Core i7-3537UのASUS TAICH21を使用しています。CPUはi7-3537Uなので決して遅くないのですが、仕事に使用しているソフトではメモリを大量に使用しているのでメモリの使用率が90%を超えていてボトルネックになっているようで仕事の効率が悪くなっています。そのため、昨年からメモリの多い新しいPCの購入を検討していました。今回の購入要件としてはメモリが8GB以上でCPU性能は現在以上ということで検討していたのですが、結局メモリ16GB、CPU性能も現在の1.5倍でデザインも薄くてかっこいい、現在のUltraBookとしては最も高性能と思われるZenBook3を購入してしまいました。

(詳細報告はこちらで)

スマートウォッチ ZenWatch3 を買いました

ASUS のスマートウォッチ ZenWatch3 (12/10発売)を買いました。ガンメタリックの削り出しステンレスでカッコイイです。これからいろいろいじり倒して、レポートします。

詳細記事へジャンプ

Desktop Site