【卓球】 2019アジア選手権 団体戦ファーストディビジョン(男子)

 男子の団体戦ファーストディビジョンは第1~6シードを除く25チームが8グループに分かれて戦います。グループリーグ終了後、各グループ1位で戦い上位2チームがチャンピオンシップディビジョンに進出します(ディビジョン方式についてはこちらを参照)


ここではグループ分けと勝敗を記載します(各チームの選手についてはこちらのITTFの資料をご覧ください)。

1. グループリーグ

 番号 選手1  2 3 勝点 順位
グループA
 1北朝鮮3-0
3-0
4
1
 2モンゴル0-3
0-3
2
 3
 3レバノン0-3
3-0
3
2
グループB
 1インド3-0
3-0
4
1
 2スリランカ
0-3
1-3
2
3
 3クウェート
0-3
3-1
3
2 
 グループC
 1イラン3-0
3-0
 4 1
 2アラブ首長国連邦
0-3
3-0
3
2
 3バングラデシュ
0-3
0-3
2
3
 グループD
 1タイ3-0
3-0
 41
 2トルクメニスタン
0-3
1-3
 23
 3ネパール
0-3
3-1
 32
グループE
 1 マレーシア 3-2
 3-0
 4 1
 2 ヨルダン 2-3 3-0
 3 2
 3 アフガニスタン 0-3 0-3 2 3
 グループF
 1 カザフスタン 2-3
3-0(WO)
 3 2
 2 ウズベキスタン 3-2 3-0(WO)
 4 1
 3 イラク 0-3(WO) 0-3(WO) 2
グループG
 1 サウジアラビア 3-0
 3-2
 4 1
 2 マカオ(中国) 0-3 0-3 2 3
 3 フィリピン 2-3 3-0 3 2
グループH 1 2 3 4勝点順位 
 1 インドネシア 3-1
 3-0
 2-3
 52 
 2 キルギス 1-3 2-3
 1-3
 3 4
 3 パレスチナ 0-3 3-2 0-3
 4 3
 4 バーレーン 3-2 3-1 3-0 6 1

2. チャンピオンシップDIV進出/順位決定戦(9~14位)

グループリーグの各グループの1位で順位決定のトーナメントを以下のように行います。ただし、準決勝に勝ったチームはチャンピオンシップディビジョンに進出するため7位と8位の決定戦(決勝)は行われません。

トーナメント表の各試合をクリックすると各試合のスケジュールまたは結果が表示されます。T1の試合はライブ配信があります(視聴方法はこちら)。

2位グループで15~22位の順位決定戦が行われ、3位以下のグループで23~30位の順位決定戦が行われます(イラク棄権のため8チーム)。