【卓球】 グランドファイナル 男子シングルス

 2018ワールドツアーの締めくくりの2018グランドファイナルが12月13日(木)から12月16日(日)の4日間で開催されます(詳細はこちら)。


ここでは、男子シングルスの日程、試合方式、日本選手の試合と結果トーナメント表を記載します。

1. 男子シングルスの日程

 日付種目/ラウンド 
12/13(木) 20:40男子シングルス 1回戦(R16) 4試合
 12/14(金)11:20頃 男子シングルス 1回戦(R16) 2試合
16:05 頃男子シングルス 1回戦(R16) 2試合
19:00  女子シングルス/男子シングルス 準々決勝(各2試合)(1試合ずつ女男交互)
 12/15(土)13:00女子シングルス/男子シングルス 準々決勝(各2試合)(1試合ずつ女男交互)
 19:00女子シングルス/男子シングルス 準決勝(1試合ずつ女子/男子交互)
 12/16(日)19:00男子シングルス 決勝

(メモ)時間は現地時間ですが日本と時差はありません。また、「11:20頃」というのは11:20が開始の目安ですが前の試合の進行状況によって開始時間が前後することを示します。

2. 試合方式

試合は以下の方式で行われます。


  1. 勝ち抜きのトーナメント形式(R16から)
  2. 7ゲームマッチ
  3. 組み合わせはITTFおよびワールドツアーの基準に従う
  4. 国による組み合わせの区別は行わない
(3) のシード順ですが、最新の世界ランキング順ではなく、ワールドツアースタンディングの順位になっています(ワールドツアースタンディングはこちらを参照)。(4)は1回戦から同じ国の選手同士の対戦があるということです。

3.  日本選手の試合結果

1回戦(R16)の結果(12/13、14)

張本智和はドイツのフランツィスカに力の差を見せて勝ちました。水谷隼は対戦相手の中国の劉丁碩が負傷していて途中棄権で勝ち張本とともに準々決勝に進出しました。丹羽孝希は樊振東にストレートでまけ、大島祐哉はゲームカウント3-2とリードされた後逆転されて1回戦敗退となりました。


張本智和 vs フランツィスカ(ドイツ) 4-1 (11-7, 1012, 11-8, 11-7, 11-7)

大島祐哉 vs カルデラノ(ブラジル)     3-4 (5-11,11-4,8-11,11-8,11-9,4-11,7-11)

丹羽孝希 vs 樊振東(中国)                       0-4 (6-11, 8-11, 5-11, 10-12)

水谷隼 vs 劉丁碩(中国)                           4-0 (11-9, 11-5, 11-4, 11-0(棄権))

準々決勝の結果(12/14、15)

準々決勝は12/14と12/15に2試合ずつ行われました。

12/14に行われた準々決勝では張本智和が好調の韓国の張禹珍と対戦し、世界ランキング5位の貫録を見せて終始ゲームをコントロールして勝利し準決勝進出を決めました。初出場の昨年は準々決勝敗退だったので自己最高になりました。

翌日の試合では水谷が中国の成長株の梁靖崑を破って準決勝を決めました。また、第1シードの樊振東がカルデラノに敗れてしまいました。


準々決勝の結果は次のとおりです。


張本智和vs張禹珍(韓国)          4-1 (12-10, 11-8, 11-7, 9-11, 11-9)

林高遠(中国)vs許昕(中国)        4-2 (11-3, 9-11, 13-11, 11-13, 11-2, 11-9)

カルデラノvs樊振東                4-2 (11-6, 12-10, 4-11, 11-5, 9-11, 11-9)

水谷隼vs梁靖崑(中国)              4-2 (7-11, 11-9, 8-11, 11-3, 11-6,11-9)

準決勝の結果(12/15)

 張本智和は、準々決勝で世界ランキング1位の樊振東を破ったカルデラノに気迫で勝りストレートで勝って決勝進出を決めました。水谷隼は、中国の若手で世界ランキング4位の林高遠にストレートで負けてしまい、決勝での日本選手同士の対戦は実現しませんでした。


準決勝の結果は次のとおりです。


張本智和vsカルデラノ                 4-0 (11-7, 11-8, 11-8, 11-5)

水谷隼vs林高遠                             0-4 (5-11, 9-11, 6-11, 10-12)

決勝の結果(12/16)

 張本智和は中国の若手ホープの林高遠に対して1ゲーム目を簡単に取りましたが、2ゲーム目は平行線で進み先に10-9でゲームポイントを握ったもののデュースに持ち込まれ合計4回のゲームポイントを逃し、林高遠に最初のゲームポイントでゲームを取られてしまいました。気合を入れなおした3ゲーム目はいきなり6連続ポイントで6-0とし10-3でゲームポイントを取りましたが、その後6連続でポイントを取られ10-9と1点差まで迫られましたが最後なんとかゲームをものにしました。4ゲーム目は8-4と中盤で大きく離しましたが8-8とタイにされた後先にゲームポイントを握ってゲームを取りました。5ゲーム目は逆に2-6とリードされる展開でしたが9-9で追いつき、最後は得意のチキータ2発で仕留めて優勝を決めました。

張本智和は15歳と172日の優勝で男女シングルス通じての最年少優勝です(ダブルスを含めるとみうみまが14歳で優勝しています)。また、張本は1回戦から4-1、4-1、4-0、4-1で3ゲームしか落とさずに優勝という圧倒的強さを今回は示していました。コーチの父だけでなく初めて海外観戦する母親もいるということで絶対に優勝するという決意も誰よりも強かったのかもしれません。


張本智和 vs 林高遠             4-1 (11-4, 13-11, 11-9, 11-9, 11-9)

4.  トーナメント表

対戦をクリックすると試合の予定(開始時刻とテーブル)、または詳細スコア(終了した試合の場合)が表示されます。予定内の「T1」は試合の卓球台(テーブル)の番号で「Table 1」を表します。

また、終了した試合のメモにあるリンクはitTVまたはYoutubeの試合のビデオへのリンクです(ある場合)。クリックするとitTVまたはYoutubeの試合のビデオへジャンプします。itTVを登録(Register)されてない方は登録して視聴してください。現時点では無料です。

トーナメント表の上部の黒いタイトルバーをクリックするとThe Tournamentのサイトでこのトーナメント表を確認できます。

 男子も女子と同様に日本選手と中国選手が上下の山にそれぞれ固まった感じです。そのため、決勝で日本選手と中国選手の対戦もあり得ますが、下の山に入っている唯一の中国選手が世界ランキング1位の樊振東なので倒すのは容易ではありません。