【卓球】 2020年世界ランキング ポイントシステム

 このページでは、2020年のITTFランキングポイントシステムの説明、および2019年からの変更点を説明します。また、各大会のポイント表もまとめました。


卓球の世界ランキングはランキングポイントで決まります。実際には毎月の頭にその月の世界ランキングが発表され、その順位はその時点のランキングポイントの多い順になります(2019年中に毎週発表するようになるという話がありましたが現時点で行われていません)。


国際大会に出場するとその大会での結果によってポイントを獲得できます。このポイントを一定の計算式で集計して「ランキングポイント」が決まります。出場した大会で得たポイントは原則1年間有効です。また、ポイントの集計はシニア、ジュニアなどの層別に集計されるため、たとえばジュニアの大会で優勝してもシニアのランニングのポイントにはなりません。


このランキングポイントを決めるランキングポイントシステム(レギュレーション)は2018年から大幅に変更されました。また、2018年から2019年でも比較的大きな変更がなされていますが、2019年から2020年はほとんど変わっていません。

ここでは、2020年のランキングポイントシステムをかいつまんで説明します(2018年から2019年でのランキングポイントシステムの変更点についてはこちら2018年のランキングポイントシステムについてはこちらご覧ください。2017年までの方式についてはこちらをご覧ください)。

1. 2019年からの変更点

 シニアの大会に関しては、2019年のランキングポイントシステムからの変更は以下の点のみのようです。


・ランキングポイントに算入するT2ダイヤモンド大会は3大会まで


詳細はこちらの ITTF 2020 World Ranking Regulation - Summary of Changes (英語PDF)をご覧ください。

2. 2020年の世界ランキングポイントシステム

 ここでは説明を簡単にするため、シニアのシングルスのランキングシステムに絞って説明します。


  1. 大会で得られるポイントはその大会での最終成績で決まります。最終成績とは「1回戦敗退」や「準決勝敗退」、または「優勝」などです。同じ大会では、最終成績が良ければ獲得するポイントも高くなります。
  2. 同じ最終成績でも大会の「格」によって獲得ポイントは異なります。例えば「優勝」の場合、通常のワールドツアーでは1800ポイントですが、格上のワールドツアープラチナでは2250ポイント、一番格上のオリンピックと世界卓球選手権では3000ポイントになります。
  3. 大会で獲得したポイントが有効なのは原則1年間です。例外は世界選手権、大陸選手権(アジア選手権など)、ワールドカップ、チームワールドカップ、大陸カップ(アジアカップなど)、グランドファイナルでこれらの大会で獲得したポイントは次回の大会が開催されるまで有効になります。また、世界選手権は個人戦と団体戦が1年おきに行われますが、個人戦での獲得ポイントは次回の個人戦まで、団体戦での獲得ポイントは次回の団体戦まで有効です。4年毎に行われるオリンピックのポイントの有効期限は通常の大会と同じく1年のみです。
  4. ランキングを決定する場合、有効なポイントの合計が多い順で順位が決定します。ただし、集計できるのは点数の高い方から8大会分だけです(T2ダイヤモンド大会はこの8大会に含まれない)。
  5. 大陸(コンチネンタル)選手権と大陸カップのポイントは合計する8個のポイントに1個しか加算できません。例えば、中国の陳夢は2019年4月にアジアカップで準優勝で1350ポイント、同じ年の9月のアジア選手権で準決勝敗退で1170ポイントを獲得していて1月時点ではどちらのポイントも有効ですが、これら2大会の両方のポイントを加算することはできないので高い方の1350ポイントを選択することになります。
  6. マルチスポーツ競技会(アジア競技会、コモンウェルスゲームスなど)の卓球競技での獲得ポイントは1大会のみ算入できます。
  7. 団体戦でのシングルの勝利は、オリンピックとワールドカップでは1勝毎に250ポイントです。世界選手権団体戦はチャンピオンシップディビジョンでは250ポイントですがディビジョンによって勝利ポイントは少なくなります。
  8. 大陸選手権、大陸カップ、マルチスポーツ競技会などで予選でグループリーグがある場合、グループリーグでの1勝に付き加点があります。ただし、上位トーナメント戦に勝ち進んだ場合はトーナメント戦での最終結果によるポイント(敗退ポイント)が優先されます。
  9. オリンピックおよび大陸競技会でのシングルスと団体戦のポイントは合計して1大会の獲得ポイントとしてカウントされます。また大陸選手権の個人戦と団体戦の獲得ポイントは別の獲得ポイントとしてカウントされます。
  10. T2ダイヤモンド大会のポイントは、ポイントの上位8大会には含めず、上位8大会のポイント合計に加算されます。加算される大会は最大3大会です(詳細な計算方法はこちらをご覧ください。T2ダイヤモンド大会のポイントの有効期限は他の大会同様1年と思われますが確認できていません)
詳細はこちらの ITTF 2020 ITTF World Ranking Regulation (英語PDF)をご覧ください。

3. 各大会のポイント表

  • ワールドツアー/WTプラチナ/T2ダイヤモンド/グランドファイナル
  • 世界選手権
  • オリンピック/ワールドカップ
  • 大陸選手権/カップ/競技大会
  • チャレンジシリーズ
ワールドツアー/WTプラチナ/T2ダイヤモンド/グランドファイナル

T2ダイヤモンドはグランドファイナル同様にワールドツアー独自のワールドツアーポイントを基に招待される男女各16名で競われますが、ランキングポイントに算入する8大会として計算されず、出場した最大3大会までのポイントが算入する上位8大会の合計ポイントに加算されてます(計算方法の詳細はこちら)。

ワールドツアーワールドツアー
プラチナ
結果 T2ダイヤモンド
グランド
ファイナル
 1800 2250 優勝1000  2550
 1440 1800 準優勝 800 2040
 1170 1465 準決勝敗退 3位:700/4位:600 1660
 900 1125 準々決勝敗退 500 1275
 720 900 2回戦(R16)敗退400  1020
 540 675 1回戦(R32)敗退
 360 450 予選敗退(R32)
 270 340 予選敗退(R64)
 180 225 予選敗退(R128)
 135 170 予選敗退(R256)
 90 115 予選敗退(R512)
または未勝利
世界選手権
オリンピック/ワールドカップ
大陸選手権/カップ/競技大会
チャレンジシリーズ

ほかに大陸選手権団体戦やマルチスポーツ競技会などのポイント表がありますが、ここでは省略します。興味のある方はITTFの『ITTF 2020 World Ranking Regulation』をご覧ください。