【卓球】 王曼昱 ついにワールドツアー初優勝果たす - オーストリアオープン 最終日の結果

 9月21日から4日間にわたって行われた卓球のワールドツアープラチナ第5戦のオーストリアオープンは9月24日に最終日を迎え、男女のシングルス決勝戦および男女のダブルス決勝戦の4試合が行われた。

 女子シングルスでは、中国女子の次期エースと目される18歳の王曼昱(ワンマンユ)が同じ中国の顧玉婷(グユーチン)を破りワールドツアーでの初優勝を果たした。

 日本選手は、ダブルスの決勝に佐藤瞳/橋本帆乃香ペアと丹羽孝季/上田仁ペアが出て、丹羽孝季/上田仁ペアが優勝した。

 中国の王曼昱は1999年1月生まれで平野美宇や伊藤美誠より1歳上だが、ジュニア時代から長身で手足が長くその強さが際立っていた。2015年と2016年の世界ジュニア選手権の女子シングルスで連覇しており、昨年は中国スーパーリーグを優先して出場を回避したが出場していれば3連覇の確率はかなり高かった。また、昨年平野美宇が参加した中国スーパーリーグの後期リーグでは丁寧や劉詩ウェンを破っていて、今年1月に行われた中国1軍の若手14名によるリーグ戦では12勝1敗で陳夢(10勝3敗、3位)を上回り1位になっている。ちなみに、このとき11勝2敗で2位になったのが今回決勝で戦った顧玉婷だった。話は変わるが、王曼昱は5月に世界卓球での平野美宇のコピー選手として呼ばれた4人の内の一人だが、それほど似ているとは思えない。

 このように王曼昱の強さは1990年代後半以降生まれの中国若手選手の中でも際立っている。そのため、6月のジャパンオープンで対戦し2-0と2ゲームを先行しながら逆転負けした伊藤美誠は「王曼昱は怪物になる」とまで言い「いまのうちに勝っておきたかった」と大泣きしていた。
 中国は今年、王曼昱をワールドツアーに投入している。基本的に中国が選手を派遣するのは通常のワールドツアーではなく格上のワールドツアープラチナの大会で、王曼昱は中国オープン以外の以下の3大会に出場したがなかなか優勝できなかった。

  • カタールオープン(2月):決勝で陳夢(チェンメン)に敗退(1-4)
  • ジャパンオープン(6月):準決勝で孫穎莎(スンインシャ)に敗退(0-4)
  • オーストラリアオープン(7月):決勝で陳夢に敗退(2-4)
個人的な感想では、王曼昱は少しやさしい感じでその分闘争心に欠け気弱な部分があるようにも見える。しかし、今回はさすがに4回目の挑戦で優勝するという決心が強かったように見えた。それがよく表れていたのが、孫穎莎との準決勝で、1歳年下で今年1軍に上がったばかりの孫穎莎にジャパンオープンでストレート負けし絶対負けないという意地があった。決勝での顧玉婷との戦いはやはり実力差があったので、孫穎莎との準決勝が実質的な決勝だったように思う。王曼昱はものおじしない孫穎莎に比べ繊細に見えるが、6月から始まったT2APACにも参戦していて別チームの孫穎莎、あるいは早田ひなをはじめ他国の選手と試合をする機会も増えているので、国際舞台にも慣れてきているのだろう。
 現在、世界ランキング14位の王曼昱は今大会で格上の陳夢と孫穎莎を破っているので9月はかなりポイントを獲得すると思われ、10月のランキングではトップ10を伺う位置にくるのではないか。ちなみに1回戦でかなり格下の中国選手に敗れた平野美宇や石川佳純は逆に大きなポイントの減少があると思われ、9月は大会に出場していない伊藤美誠やフェン・ティアンフェイらと相まって10月のトップ10後半はかなりポイントが接近すると思われ順位は混とんとしている。

 なお、最終日の試合結果は以下のとおり。

選手 選手 開始時刻
テーブル
( 女子シングルス 決勝)
王曼昱(CHN)顧玉婷(CHN)4-011-9,12-10,11-2,11-9
 (男子シングルス 決勝)
閻安(CHN)
林高遠(CHN)1-4
12-10,11-9,12-10,10-12,11-7
(女子ダブルス 決勝)

 佐藤瞳/橋本帆乃香陳幸同/孫穎莎(CHN)2-3
11-4,7-11,11-7,10-12,7-11
 (男子ダブルス 決勝)

丹羽孝季/上田仁
R・フィルス/R. ワルサー(GER)3-1
 11-7,9-11,11-9,11-8

 佐藤瞳/橋本帆乃香ペアは4ゲーム目を取れば勝っていたので、デュースになりながら取れなかったのが惜しかった。佐藤瞳/橋本帆乃香ペアは、今年チャレンジシリーズでは2勝しているがワールドツアーでの勝利がまだない。一方、丹羽孝季/上田仁ペアは中国ペアが準決勝で負けてくれたのが大きかった。丹羽はワールドツアーのダブルスで初優勝、上田仁は中国オープンに続きワールドツアー2度目の優勝だ。

  しかし、女子はまた中国若手に1回戦と2回戦でほぼ全滅させられるというオーストラリアオープンの再現でした。というか、中国選手が増えた分もっと規模が大きくなってしまいましたね。平野美宇は顧玉婷などの中国1軍の第3グループあたりには安定して勝てるようになってほしいです。今回も、顧玉婷に1回戦でかっていれば、その後は浜本由惟、早田ひな、顧若辰なので決勝まで行って王曼昱との対戦が実現したかもしれません。まさか、ワールドカップに向けて必殺技を隠していたわけではないと思うので勝ってほしかったです。

おもろい思たら「ええやん」頼んます。Tweetでもええで。