【卓球】 2019中国オープン 女子シングルス予選

 女子シングルス予選から出場する日本選手は、橋本帆乃香、加藤美優、長﨑美柚、安藤みなみ、早田ひな、大藤沙月、塩見真希、木原美悠、森さくら、松平志穂、中森帆南、徳永美子、赤江夏星の13選手です。


予選も決勝トーナメント同様に勝ち抜きのトーナメントで行われます。予選からの選手が80名いるため、1回戦はベスト128(R128)で行われ決勝トーナメントに進む16選手が決まる3回戦(R32)まで行われます。スケジュールは以下の表のとおりです。


1回戦から登場する日本選手は6名です。

トーナメント表はベスト64の2回戦(R64)から作りました(日本選手と中国選手のみ記載)。

日 (曜日) 日本時間(現地時間)ラウンド 
 5/28(火)10:45(9:45)~12:15 (11:15) 予選 1回戦(ベスト128)
5/29(水) 11:00(18:10)~14:20 (13:20) 予選2回戦(ベスト64)
20:00(19:00)~21:40(20:40) 予選3回戦(ベスト32)

1. 日本選手の試合スケジュールと結果

トーナメント表は2回戦(R64)からなので1回戦は含んでいません。

1回戦から出場する日本選手のスケジュールは次のとおりです。


徳永美子 vs ビバレッリ(イタリア) 4-0 (11-6, 11-7, 14-12, 11-8)

赤江夏星 vs シャオ・ジエニ―(ポルトガル) 2-4 (8-11,5-11,11-6,9-11,11-8,5-11)

中森帆南 vs 王意如(台湾)                1-4 (7-11, 11-5, 6-11, 2-11, 4-11)

木原美悠 vs ルクレスク(セルビア)        4-0(11-5, 11-5, 11-6, 11-5)

塩見真希 vs キム・ジンジュ(北朝鮮)3-4 (13-11,8-11,11-6,5-11,12-14,14-12,5-11)

松平志穂 vs 黄怡樺(台湾)                       4-1 (11-7, 8-11, 11-2, 11-7, 8-11, 11-6)


2回戦に進んだのは徳永美子、木原美悠、松平志穂の3選手です。予選1回戦で3選手が敗退です。さすがにワールドツアープラチナは予選も厳しいです。

2回戦以降のスケジュールと結果は下のトーナメント表で確認してください。

2.  トーナメント表(2回戦(R64)から)

試合をクリックすると試合のスケジュールまたは結果が表示されます。

T1~T4はライブ配信があります(視聴方法はこちら)。
ビデオアーカイブのある試合にはビデオへのリンクを張ってあります。
最上部の黒い帯タイトルをクリックすると全画面表示されます。

トーナメント表は2回戦からで3回戦を勝てば決勝トーナメント進出になるので、トーナメント表の4人の山で勝ち抜けばいいことになります。

予選からの中国選手は6人で怖いのは孫穎莎と何卓佳です。中国選手と対戦する山にいるのは、赤江夏星が何卓佳と、長﨑美柚が王芸迪と、早田ひなが顧玉婷と、塩見真希が孫銘陽と、大藤沙月が孫穎莎と同じ山にいます。また、日本選手同士では、加藤美優と中森帆南、森さくらと徳永美子が同じ山にいます。


・2回戦結果(5/29)

日本選手は2回戦で6選手が負け、残ったのは加藤美優、安藤みなみ、早田ひな、木原美悠の4選手になりました。今日夜の3回戦に勝てば予選通過となり、5/30からの決勝トーナメント(本戦)に出場できます。


・3回戦結果(5/29)

加藤美優、安藤みなみ、木原美悠の3選手が勝ち予選通過しました。早田ひなは、中国の顧玉婷とゲームオールまでもつれ最終7ゲームで大きくリードしていたのですが逆転され、惜しくも敗れてしまい、カタールオープンに続きギリギリで予選を通過できませんでした。