【卓球】 2019ノースアメリカンオープン(12/4~8)

 12月6日からカナダのマーカムでチャレンジプラスシリーズのノースアメリカンオープンが開催されます。ノースアメリカンオープンは年間6大会あるチャレンジプラスシリーズの6大会目の大会になります。決勝トーナメントに先立って予選が12月4、5日に行われます。


日本からは日本卓球協会からの派遣はありませんが、自主参加で男女合わせて10名が出場します。男子は東京オリンピック代表選考のためにポイントを稼ぎたい丹羽孝希と吉村真晴が、女子はやはり東京オリンピック代表選考のためにポイント獲得を狙う平野美宇と石川佳純、そして今年のチャレンジプラスに積極的に出場している加藤美優と早田ひな、年間を通してチャレンジプラス/チャレンジシリーズに積極的に出場しているミキハウスの選手が出場します。水谷隼もエントリーしていましたがエントリーを取り消しました。

[2019/12/4追記]丹羽孝希もキャンセルになりました。


以下に、大会の概要、大会日程出場選手見どころライブ配信の視聴方法についてまとめました。

1. 大会の概要

2019ノースアメリカンオープンは年間に6大会あるチャレンジプラスシリーズの6番目の大会です。

(1) 競技種目

行われる競技は以下の6種目です。

  • 男子シングルス、女子シングルス
  • 男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルス
  • U21男子シングルス、U21女子シングルス

(2) 試合方式

  • 男子/女子シングルス:予選トーナメント、決勝トーナメント(R64)
  • 男子/女子/混合ダブルス:予選トーナメント、決勝トーナメント(R16)
  • U21男子/女子:決勝トーナメント(R32)


(3) 獲得できる世界ランキング用のポイントはこちらを参照


(4) 賞金総額:75,000米ドル(約820万円)

2. 大会日程

 日付女子シングルス 男子シングルス 男女ダブルス 混合ダブルス  U21男女
 12/4(水)予選1回戦(R64)
予選1回戦
予選2回戦(男子のみ)
 予選1回戦(R16) 1回戦(R32)
2回戦(R16)
12/5(木)  予選1回戦(R64) 決勝トーナメント
1回戦(R16)
 決勝トーナメント
1回戦(R16)
 準々決勝
準決勝
 12/6(金)決勝トーナメント1回戦(R64)
2回戦(R32)
決勝トーナメント
1回戦(R64)
2回戦(R32)

準々決勝

 12/7(土)3回戦(R16)
準々決勝
 3回戦(R16)
準々決勝
 準々決勝
準決勝
 準決勝
決勝
 決勝
 12/8(日)準決勝
決勝
 準決勝
決勝
 決勝

3. 出場選手

日本選手は以下のとおりです。(太字はシングルスのシード選手です。)

・女子
平野美宇石川佳純佐藤瞳加藤美優早田ひな芝田沙季橋本帆乃香塩見真希*
(* はU21にも出場する選手です。)


・男子
吉村真晴

[2019/12/4追記]丹羽孝希はキャンセルになりました。


日本選手はシングルスは全選手シードです。石川、平野、佐藤、加藤、早田の順で第5シードまで全員日本選手です。また、丹羽孝希も第1シードです。女子ダブルスには、佐藤瞳/橋本帆乃香、芝田沙季/塩見真希がエントリーしていてどちらもシードです。男子ダブルスと混合ダブルスには誰もエントリーしていません。また、塩見真希はU21女子シングルスにもエントリーしていてトップシードです。



中国選手は、北米大陸の大会にも関わらず若手中心に女子12名、男子14名、合計26名が出場します。

女子:張薔李佳燚劉曦楊蕙菁(Yang Huijing)、車暁曦(Che Xiaoxi)、郭雨涵(Guo Yuhan)、張繽月(Zhang Binyue)*、王暁彤*、斉菲(Qi Fei)*、楊屹韵(Yang Yiyun)*、黄凡真(Huang Fanzhen)、冷雨桐(Leng Yutong)

男子:徐瑛彬薛飛徐海東、向鵬*劉夜泊*周愷曹巍(Cao Wei)、賽林威曾蓓勛*趙釗彦(Zhao Zhaoyan)、任浩(Ren Hao)、袁励岑梁国棟*曹彦涛


女子の張薔のみがシードです。*はU21に出場の選手です。

4. 見どころ

今大会での注目ポイントはやはり東京オリンピックのシングルス代表の2枠の残り1枠を取るために乗り込んでいる平野美宇、石川佳純の2選手が目標のポイントを獲得できるかでしょう。

チャレンジプラスはワールドツアーより格下の試合で獲得できるポイントは優勝で1100ポイント、準優勝で880ポイント、準決勝敗退で715ポイントとなっています。

平野美宇と石川佳純は現在の暫定の1月のランキングポイントに算入されている最低ポイントが900ポイントなので優勝以外ではポイントを増やすことはできません。丹羽孝希は、最低ポイントが750ポイントなので準優勝以上だとポイントを増やすことができます。
[2019/12/4追記]丹羽孝希はキャンセルになりました。

石川佳純と平野美宇は第1シードと第2シードなので決勝でしか当たりません。
平野美宇と石川佳純の現在の暫定ポイント差は65ポイントなので、決勝で対戦した場合勝った方がリードします。グランドファイナルで同じ成績の場合、今大会終了後のポイント差のままになります。
また、決勝に進むためには勝たなければならないのが12名出場している中国選手です。トップ選手ではないので確実に勝たなければなりません。また、今年出場したチャレンジプラス3大会のすべてで優勝している早田ひながどちらの半分の山に入るかも大きなポイントでしょう。

5. ライブ配信の視聴方法

 以下のサイトでライブ配信がある可能性があります(今回配信対象の卓球台(Table)はTable 1(T1)~Table 2(T2) です)。カナダのマーカムは日本と14時間時差があり、日本が14時間早いです。つまり、現地の10時は日本の24時になります。

 12/7(土)24:00~
 12/8(日)26:00~

  • itTV(ITTF(国際卓球連盟)の配信サイト)

   ユーザー登録が必要ですが無料です。


  https://tv.ittf.com/

  • Laola


  http://www.laola1.tv/en-int/live-schedule

また、ライブスコアは ITTFの以下のノースアメリカンオープンのページの「Draw & Results」にある「Daily Schedule」をクリックし、表示されたページで日付を指定して視ることができます。

ITTFのノースアメリカンオープンのホームページ