【卓球】 2019年2月世界ランキング 石川佳純と張本智和が4位に後退

 国際卓球連盟(ITTF)のホームページで2019年2月の世界ランキングが発表されました。ランキング順とランキングポイントをまとめます。


2019年2月のランキングポイントは原則2018年2月から2019年1月に行われた大会が対象になります。2019年1月に行われた大会でシニアのポイントの対象になる大会はワールドツアーのハンガリーオープンだけです。ハンガリーオープンは全日本卓球選手権大会と日程が重なっていたため日本選手は出場していません。


また、2月の世界ランキングでポイントが無効になった大会も2018年1月開催のハンガリーオープンだけです。

このため、2108年と2019年のハンガリーオープンに出場していない選手はポイント変動がありませんでした。

ではまず今月のランキングを見てみましょう。
 *カッコ内は前月順位 女子 ポイント 男子ポイント 
 1丁寧(中国)(1) 16515(±0)樊振東(中国)(1)17001(±0) 
 2朱雨玲(中国)(2)16059(+90) 許昕(中国)(2)15835(±0)
 3陳夢(中国)(4)15699(+505)林高遠(中国)(4)15031(+435)
 4石川佳純(日本)(3)15248(±0)張本智和(日本)(3) 14625(±0)
5 劉詩雯(中国)(5)15114(±0)ティモ・ボル(ドイツ)(5)14065(±0)
 6王曼昱(中国)(6) 14480(-400)ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)(6) 13790(-165)
 7伊藤美誠(日本)(7) 13880(±0)李尚洙(韓国)(7)13359(±0)
 8鄭怡静(台湾)(8) 13801(±0)黃鎮廷(香港)(8) 12669(±0)
 9平野美宇(日本)(9) 13065(±0)丹羽孝希(日本)(9) 12466(±0)
 10馮天薇(シンガポール)(10) 12580(±0) 水谷隼(日本)(10)
 12165(±0)
 11徐孝元(韓国)(11) 12375(±0)張禹珍(韓国) (11)
 11939(±0)
 12佐藤瞳(日本)(12) 11628(±0) 馬龍(中国)(12)
 11930(±0)

(注)ポイントのカッコ内は前月からの増減です。

 トップ10で順位に変動があったのは男女ともに3位と4位が入れ替わったことだけです。これは、ハンガリーオープンで陳夢と林高遠が優勝しランキングポイントを伸ばしたためです(1月に3位だった石川佳純と張本智和のランキングポイントは変わっていません)。陳夢は昨年のハンガリーオープンには出場しておらず1月時点でランキングポイントに算入されている8大会で最低のポイントはアジア競技大会の1295ポイントだったためハンガリーオープンの優勝ポイント1800ポイントと入れ替わり505ポイントが増えました。


15194(1月のランキングポイント) - 1295 + 1800 = 15699


林高遠も陳夢と同様、昨年のハンガリーオープンには出場していなかったため1月のランキングポイントの8大会で最低のアジア競技大会1365ポイントと入れ替わって435ポイントが増えています。


また、劉詩雯と王曼昱は今年のハンガリーオープンでは準決勝敗退ですが、2019年のランキングシステムではワールドツアーの準決勝敗退は1170ポイントで2018年のワールドツアーの準々決勝敗退(1260ポイント)、ワールドツアープラチナの2回戦敗退(1350ポイント)より低いのでランキングポイントの8大会には算入されませんでした。逆に、王曼昱の場合は昨年のハンガリーオープンで優勝しているため1800ポイントが無効になり、次にポイントの多いアジア競技大会の1400ポイントが算入されたため、400ポイントが減少しましたが順位には影響しませんでした。


 芝田沙季もポイントは変わっていませんが、15位から14位に上がっています。これは、1月に13位だった中国の陳幸同がポイントを減らし13位から15位に下がったためです。陳幸同はハンガリーオープンは昨年は準決勝敗退(1440ポイント)、今年は準々決勝敗退(900ポイント)でした。2018年のランキングシステムではワールドツアーの準々決勝敗退は1260ポイントだったのですが2019年のランキングシステムでは2018年の1回戦敗退と同じ900ポイントしかないのでこのポイントを算入できず、昨年11月の同じワールドツアーのスウェーデンオープンの2回戦敗退の1080ポイントを算入したたため360ポイント減少してランキングを下げてしまいました。


 そのほかの主な日本選手の順位は、女子は加藤美優22位(23位)、橋本帆乃香24位(26位)、長﨑美柚35位(36位)、安藤みなみ36位(38位)、早田ひな42位(43位)となっています。

男子は、吉村真晴26位(28位)、上田仁29位(32位)、大島祐哉32位(33位)、森薗政崇45位(48位)となっています