【卓球】 2017年12月世界ランキング、平野美宇は6位

国際卓球連盟(ITTF)のホームページで2017年12月の世界ランキングが発表されました。


今回のポイントは、11月に行われた以下の大会の結果が主に影響しています。


  • ドイツオープン(ワールドツアープラチナ)
  • スウェーデンオープン(ワールドツアー)
  • スペインオープン(チャレンジシリーズ)

*カッコ内は前月順位
 女子ポイント 
男子 ポイント 
 1朱雨玲(中国)(1)3468(+52) 馬 龍(中国)(1)3323 
 2陳夢(中国)(2)3385(+102) 樊振東(中国)(2) 3254
 3丁寧(中国)(-)3342(+12) オフチャロフ(ドイツ)(3)3106 
 4劉詩ウェン(中国)(3)3277(±0) 許 昕(中国)(-)3078
 5石川佳純(日本)(4) 3255(+59)T.ボル(ドイツ)(4)2971
 6平野美宇(日本)(5) 3133(±0)林高遠(中国)(7)2806
 7孫穎莎(中国)(9)3112(+100) 水谷隼(日本)(6) 2804
 8王曼昱(中国)(10)3095(+116)丹羽孝希(日本)(5) 2800
 9伊藤美誠(日本)(6)3075(-33) 張継科(中国)(-) 2787
 10 陳幸同(中国)(33)3019(+293) 李尚洙(韓国)(13) 2739
 11


(注)ポイントのカッコ内は前月からの増減です。前月順位が「-」となっている選手は前月のランキングのない選手です。通常、ランキングポイント対象の試合に4か月以上出場しなかった場合に、ランキングから一時的に除外されます。福原愛が現在そういう扱いです。

 まず大きなポイントは、11月の世界ランキングで一時的に世界ランキングから外れていた丁寧、許昕、張継科の中国の3選手が11月のワールドツアーに参戦し世界ランキングに復活したことです。これにより、ほとんどの選手はランキングが1つないし2つは自動的に下がります。


 また、今回は中国の陳幸同が293ポイントを増やして33位から一気にベスト10に入ってきました。これは、ワールドツアーのスウェーデンオープンの優勝のボーナスポイントとともに、陳夢、朱雨玲、丁寧の世界ランキング上位選手に勝ったことによるレーティングポイントが大きいです。ただし、この自分より格上選手に勝つとたくさんもらえて蓄積されていくレーティングポイントは今月で終わりで、来月からの新ポイントシステムではなくなります。

おもろかったら「ええやん」してや。Tweetでもええで。