ワールドツアー - カタール・オープン(2017/2/23~2/26)

 いよいよ平野美宇の2017年最初の国際試合であるカタール・オープンが始まります。石川佳純とのダブルスも初戦になります。


 これは2/23の夕方に書いてますがもう本戦が始まってます。今日は石川佳純・平野美宇の「かすみう」ペアの第2戦と女子シングルス1回戦があります。石川佳純と平野美宇はシングルスでは最初から中国選手と当たるので大変です。


 では、試合日程や見どころなどをまとめておきます。

1. 試合日程

2/21 U21 1回戦~準々決勝、男女シングルス予選

2/22 U21 準決勝および決勝、男女シングルス予選、男女ダブルス予選

2/23 男女ダブルス1回戦(ベスト16)、男女シングルス1回戦(ベスト32)

2/24 男女ダブルス準々決勝・準決勝、男女シングルス2回戦

2/25 男女シングルス準々決勝・準決勝

2/26 男女ダブルス決勝、男女シングルス決勝

(2/24までは最大4台の卓球台で試合が並行して行われますが、2/25と2/26は1試合ずつ行われます)


2. 出場選手

 グランドファイナルに出場するためのワールドツアーポイントが付く Seamaster ITTF ワールドツアーはすでに1/9からのハンガリー・オープン、2/14からのインド・オープンが行われています。ハンガリー・オープンは全日本卓球選手権と日程が重なったためか日本選手は出場してませんが、インド・オープンでは女子では森さくらが優勝し、男子では張本智和が準優勝しました。主要選手が出場していませんが、これはインド・オープンが今回のカタール・オープンに比べて1ランク下の試合で優勝のボーナスポイントも半分のためだと思います。Seamaster ITTF ワールドツアーには「ワールドツアー(World Tour)」と「ワールドツアー プラチナ(World tour Platinum)」があり「ワールドツアー プラチナ」のシングルスの優勝ポイントは「ワールドツアー」の倍になります。今回の「カタール・オープン」は「ワールドツアー プラチナ」です。このため、日本からだけでなく中国やヨーロッパからも世界ランキング上位の選手が参加します。

 日本からは派遣と自主参加およびU21を合わせると男子が13名、女子が14名と大量に参加します。

ちなみに水谷準、早田ひなは欠場になっています。

( ) 内は世界ランキング 女子 男子 
派遣  石川佳純(3)、伊藤美誠(7)、
平野美宇(9)、浜本由惟(16)、
佐藤瞳(17)、橋本帆乃香(25)、
加藤美優(34)

松平健太(18)、丹羽孝季(19)
村松雄斗(24)、吉村 真晴(27)、
大島祐哉(39)、森薗政崇(56)、
張本智和(69)、木造勇人(145)、
宇田幸矢(234)
 自主参加森薗美咲(31)、森さくら(35)、
芝田沙季(53)、前田美優(60)、
松澤茉里奈(62)、加藤杏華(66)、
森薗美月(85)
吉田雅己(72)、及川瑞基(98)、
坪井勇磨(177)、酒井明日翔

 中国からも一軍の主要メンバーが参加しますが、丁寧は体調がすぐれず不参加、劉詩文は国際大会出場停止処分の解除が今大会のエントリー受付に間に合わず不参加で若手中心メンバーのようです。主な選手は次の通りです。

  • 朱雨玲(ZHU Yuling、22歳、世界ランキング2位)
  • 陳夢(CHEN Meng、23歳、世界ランキング8位)
  • 王曼昱(WANG Manyu、18歳)
  • 顧玉婷(GU Yuting22歳)
  • 武楊(WU Yang、25歳)
 中国選手はランキングが付いてなくても強い選手ばかりです。
 朱雨玲は、平野美宇が中国リーグでフルセットで負け、石川佳純がグランドファイナルの準決勝で負けて、グランドファイナルで優勝した選手です。全中国選手権でも3連勝しており丁寧が欠場している今大会では優勝候補最右翼でしょう。陳夢、
王曼昱も中国リーグで平野美宇に勝っています。特に王曼昱は、昨年の世界ジュニア選手権には参加しませんでしたがその前の2年間女子シングルスで連覇しています。平野美宇が参加した昨年の後半での中国リーグでは丁寧や劉詩文も破っています。また、今年1月に行われた1軍の若手14名によるリーグ戦で優勝しています。顧玉婷についてはまったく知識がなかったのですが、王曼昱が優勝した1軍のリーグ戦で準優勝しているのでやはりかなり強いと思います。

3. 見どころ

 見どころは、初戦の「かすみう」ペアがどの程度戦えるかということ。そして当然、全日本卓球選手権に優勝した平野美宇がワールドカップと違って中国選手の参加している今大会でどんな成績を残せるかでしょう。

 しかし、実はシングルスの初戦から平野美宇は中国の若手ナンバー2の顧玉婷とぶつかります。楽しみではありますが、もうちょっと後にしてほしかったです。ちなみに、石川選手も1回戦から中国の若手ナンバー1の王曼昱とぶつかります。「かすみう」ペアはシングルスでも中国選手を破って快進撃をして欲しいところです。