【卓球】 2019韓国オープン 男子シングルス 決勝トーナメント

 7月3日に予選が終わり決勝トーナメントの枠がすべて埋まりました。決勝トーナメントは7月4日から始まります。

日本選手は、シード選手が張本智和、丹羽孝希、水谷隼の3選手、予選通過が神巧也、吉村和弘、平野友樹の3選手です。

中国は6名中3名がが予選通過しました。

トーナメント表と試合のスケジュールと結果を掲載します。
試合のスケジュールと結果はトーナメント表に記載します。


・男子シングルス決勝トーナメントのスケジュール

日 (曜日) 日本時間(現地時間)ラウンド 
 7/4(木)16:10~17:50  1回戦(ベスト32)8試合
19:30~21:10 1回戦(ベスト32)8試合
7/5(金)
12:35~13:252回戦(ベスト16)4試合
 19:30~21:10 2回戦(ベスト16)4試合
 7/6(土)11:40~13:20準々決勝(2試合)
17:40~19:20 準々決勝(2試合)
7/7(日) 10:00~11:40 準決勝(1試合ずつ)
 17:00~17:50 決勝、表彰式

トーナメント表>

試合をクリックすると試合のスケジュールまたは結果が表示されます。
T1~T3はライブ配信があります(視聴方法はこちら)。
ビデオアーカイブのある試合にはビデオへのリンクを張ってあります。
最上部の黒い帯タイトルをクリックすると全画面表示されます(トーナメント表が長いので全画面のほうが見やすいです)。

  予選通過の神巧也、吉村和弘、平野友樹は3人とも中国選手の対戦となりました。日本選手同士の対戦はありませんでした。


・1回戦(7/4)

神巧也は馬龍に、吉村和弘は梁靖崑に、平野友樹は許昕に敗れました。また、水谷隼がスウェーデンのクリスティアン・カールソンに、丹羽孝希が韓国の趙勝敏に敗れ、日本選手はスウェーデンのヨン・パーソンに勝った張本智和一人になりました。

中国選手はシードの4選手は順当に勝って2回戦に進みました。予選からの選手は、王楚欽が台湾の林昀儒との10代対決を征しましたが、薛飛は韓国の張禹珍に、徐晨皓は同じ中国の樊振東に敗れ、5名になりました。


・2回戦(7/5)

唯一2回戦に進んだ張本智和が香港の黃鎮廷に勝って翌日の準々決勝に進みました(Rallysの記事)。