【卓球】 2019年5月世界ランキング

 国際卓球連盟(ITTF)のホームページで2019年5月の世界ランキングが発表されました。ランキング順とランキングポイントをまとめます。


2019年5月のランキングポイントは原則2018年5月から2019年4月に行われた大会が対象になります。つまり、2019年4月に獲得したポイントが4月のランキングポイントに加えて新たにランキングポイントの対象になり、2018年4月に獲得したポイントは対象でなくなります。


2019年4月に行われた大会では以下の大会がシニアのポイントの対象になります。



また、5月の世界ランキングでポイントが無効になった大会は以下の5大会です。


  • 2017世界卓球選手権(個人戦)
  • 2018アジアカップ(大陸カップ戦)
  • コモン・ウェルス・ゲームズ
  • スロベニアオープン(チャレンジシリーズ
  • クロアチアオープン(チャレンジシリーズ
2017世界卓球選手権(個人戦)と2019アジアカップについては、実際には昨年4月開催の大会のための失効ではなく、同一大会、つまり2019世界卓球選手権と2019アジアカップの開催による失効になります(詳細は2019ランキングポイントシステムの詳細を参照)。コモン・ウェルス・ゲームズは旧大英帝国に属していた国々(英連邦)が参加して4年に1度オリンピック競技や英連邦独特の競技を争う大会です。英国のほかにアイルランド、オーストラリア、インド、シンガポールなどが参加しています。

ではまず今月のランキングを見てみましょう。
 *カッコ内は前月順位 女子 ポイント 男子ポイント 
 1丁寧(中国)(1) 15465(-1050)樊振東(中国)(1)15230(-1306) 
 2陳夢(中国)(3)1526016059(+66) 林高遠(中国)(3)14400(-631)
 3王曼昱(中国)(4)15255(+550)許昕(中国)(2)14045(-1050)
 4劉詩雯(中国)(5)15150(+600)張本智和(日本)(4) 13740(-750)
5 朱雨玲(中国)(2)14595(-1464)馬龍(中国)(11)13260(+1330)
 6石川佳純(日本)(6) 13923(-600)梁靖崑(中国)(9) 13139(+1050)
 7伊藤美誠(日本)(7) 13520(-360)ティモ・ボル(ドイツ)(5)12940(-900)
 8鄭怡静(台湾)(8) 12330(-781)ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)(7) 12365(-300)
 9平野美宇(日本)(9)11760(-938)張禹珍(韓国)(10)11939(±0)
 10徐孝元(韓国)(11)11300(-300)李尚洙(韓国)(6)
11865(-1494)
 11杜凱栞(香港)(12)11060 (-91)ファルク(スウェーデン) (16)
 11775(+50)
 12馮天薇(シンガポール)(10) 10735(-900) 丹羽孝希(日本)(8)
11475 (-721)
 13芝田沙季(日本)(14)10464 (±0) 水谷隼(日本)(13) 11370(-300)
 14 佐藤瞳(日本)(13) 10195(-305) ピッチフォード(イングランド)(15) 10940(±0)

 今月も先月に続いてトップ10のポイントが大きく変動し、男子は順位も大きく動きました。


 変動と言っても多くの選手が先月と同じように大幅にランキングポイントが減少しています。これには以下の理由があります。


  1. 新ランキングシステムでの獲得ポイントの変更
  2. 同一大会での前回大会の獲得ポイントと今回大会の獲得ポイントの差
特に今月はポイントの大きい世界卓球選手権のポイントが入れ替わったため同じ結果でも減少幅が大きく(下の表を参照)、前回大会より結果が悪ければさらに大きくなっています。逆に、梁靖崑は前回大会に出場ていないためポイントの失効がなく逆にランキングポイントが大きく増加しています。

前回大会(2017)
結果 今回大会
 3000 優勝 3000
 2700 準優勝 2550
 2400 準決勝敗退 1950
 2100 準々決勝敗退 1500
 1800 4回戦(R16)敗退 1200
 1500 3回戦(R32)敗退 900
 1200 2回戦(R64)敗退 600
 900 1回戦(R128)敗退 450
アジアカップのポイントでも同じことが起こっていますが、ポイントが世界選手権に比べて6割と小さいため変動幅は小さいです(詳細は「2019年世界ランキング新システムの変更点」を参照)。

 そのほかの主な日本選手の順位は、女子は、加藤美優22位(22位)、橋本帆乃香23位(26位)、安藤みなみ29位(33位)、早田ひな30位(34位)、長﨑美柚38位(39位)となっています。

男子は、大島祐哉22位(25位)、上田仁26位(27位)、吉村真晴28位(33位)、森薗政崇33位(45位)、吉村和弘36位(50位)松平健太44位(44位)、となっています。


加藤美優と松平健太以外は前回の世界選手権に出場していないため大きなポイントの失効がなくランキングポイントがほとんど変動していません。一方、50位までには2017年の世界選手権に出場したアジアやヨーロッパの選手が多く、これらの選手が軒並みランキングポイントを減らしているため相対的に順位が上がっています。

加藤美優は2017年は4回戦まで進み1800ポイントを獲得していたのですが今回準々決勝まで進んで1500ポイントを獲得できたため300ポイントの減少で済んでいます。松平健太は、2017年は1回戦敗退で獲得した900ポイントが失効し、今回は出場しなかったので獲得ポイント0ですがポイントが小さかったので周りと減少幅が同じで順位に影響がありませんでした。

一方、2017年の大会に出場していない森薗政崇と吉村和弘はポイントの失効がなく、今大会の獲得ポイントが算入されたためポイントが増えて順位が大幅に増加しています。

今月 のトピック:ポイント変動をDEEP解説

今月はランキングポイントの変動が大きく、変動のパターンもいくつかあったので、ランキングシステムの確認も兼ねてランキングポイントの変動について少し深く見て行こうと思います(2019ランキングシステムの詳細はこちら)。


  1. 2017年の世界選手権と今年のポイントが入れ替わった
  2. 2017世界選手と2018アジアカップのポイントと、2019世界選手権と2019アジアカップのポイントが入れ替わった
  3. 失効したポイントと、2019世界選手権や2019アジアカップ以外のポイントが入れ替わった
  4. 失効したポイントがない
おおまかに上のようなランキングポイントの変動パターンがあります。トップ10の選手からこれらの変動パターンの例を取り上げ、今月のランキングポイントの算入対象となるポイントの一覧を使用して説明します。
  • (1)と(2)の例
  • (3)の例
  • (4)の例
  • 有効ポイント一覧
(1)と(2)の例

(1) のパターンの例は丁寧と劉詩雯です。両選手とも2017年と2019年の世界卓球には出場していますが、2018年も2019年もアジアカップには出場していません。この結果、2017年と2019年の世界選手権のポイントが入れ替わっただけです(世界選手権個人戦のポイントは次回の世界選手権個人戦まで有効です(こちらを参照))

計算は次のようになります。

4月のランキングポイント - 2017世界選手権のポイント + 2019世界選手権のポイント = 5月のランキングポイント

4月のランキングポイント  2017世界選手権のポイント2019世界選手権のポイント 5月のランキングポイント 
 丁寧 16515 3000 1950 15465
劉詩雯 14550 2400 3000 15150

( 2)のパターンは陳夢です。陳夢は、2017年と2019年の世界卓球に出場し、2018年と2019年のアジアカップにも出場しています。このため、世界選手権とアジアカップの前回のポイントが今回のポイントと入れ替わります(Rポイントはランキングポイントの略です)。

 4月Rポイント 2017世界卓球2018アジアカップ 2019世界卓球  2019アジアカップ5月Rポイント 
 15194 2100 1734 2550 1350 15260

この(2)のパターンの変則形が平野美宇です。平野美宇は陳夢と同様に、2017年と2019年の世界卓球に出場し、2018年と2019年のアジアカップにも出場しています。しかし、2019アジアカップが6位で獲得ポイントが855ポイントしかありませんでした。5月末時点での有効なポイントを見た場合(「有効ポイント一覧」タブを参照)、4月の世界ランキング時点でランキングポイントに含まれなかったポイントで855ポイント以上のポイントがあります(4月世界ランキング時点の獲得ポイント一覧を参照)。その中で最も高いポイント(次点ポイント)が、ポイントの高い方から8個を選ぶ際にランキングポイントに算入され、2019アジアカップのポイントは算入されません。

 4月Rポイント2017世界卓球 2018アジアカップ  2019世界卓球 2019アジアカップ 次点ポイント 5月Rポイント
 12698 2400 1298 1500( 855) 1260 11760
(3)の例
(4)の例
有効ポイント一覧