【卓球】2018男子ワールドカップ 予選グループリーグ(ステージ1)

 いよいよ男子ワールドカップが10月19日から始まります。ステージ1の予選グループリーグの組み合わせが前日の18日に決まり決まったので各グループの選手と試合スケジュールをまとめました(ステージ1とステージ2の試合方式についてはこちら)。

また、ライブ配信の視聴方法についても記載しました。


 ステージ1では、シード順が9位から20位の選手が4グループ(3選手ずつ)に分かれて総当たりのリーグ戦を行い、グループ1位と2位がステージ2(本戦)に進みます。シード順の1位から8位までは、ステージ1は戦わずシード選手となります。

1. 各グループの選手と試合スケジュール

A~Dの各グループの選手は次のように決まりました(試合の時刻はすべて10/19、カッコ内の時間は日本時間、T1またはT2はTable1またはTable2をさします)。

赤字の選手名は予選通過確定の選手です。

 番号 選手1  2 3 ポイント 順位
グループA
 1カルデラノ(ブラジル)1-4
3-4
2
3
 2 サムソノフ(ベラルーシ)4-1(-10,9,7,12,11)
4-2(6,-7,6,-8,3,11)
4
1 
 3ルベッソン(フランス)4-3(9,-9,-7,-7,9,10,8)
2-4
3
2
グループB
 1ゴジ(フランス)4-3(-7,-10,-5,9,6,5,5)
4-0(6,10,11,9)
4
1
 2アルナ(ナイジェリア)3-4
2-4
2
3
 3カナック・ジャ(米国)
0-4
4-2(7,9,-8,7,-8,8)
3
 2
 グループC
 1丁祥恩(韓国)4-0(5,8,7,7)
4-1(7,6,-5,5,4)
 4 1
 2G. ツボイ(ブラジル)0-4
4-1(6,8,8,-6,8) 3
2
 3ギオニス(ギリシャ)1-4
1-4
2
3
 グループD
 1グロート(デンマーク)4-3(-4,5,10,7,-7,-5,8)
4-0(8,7,9,4)
 41
 2ファルク (スウェーデン)3-4
4-0(5,8,6,6)
 32
 3ヘミング・フー(オーストラリア)0-4
0-4
 23

 決勝トーナメント(ステージ2)でのシード選手8名の対戦相手は初日の予選グループリーグ(ステージ1)のあとで決まります。以下のトーナメント表のように、予選グループ1位の選手が第5シード~第8シードの選手と、予選グループ2位の選手が第1シード~第4シードの選手とステージ2の1回戦で当たります。ステージ1で1位通過か2位通過かでステージ2で2回戦に進める可能性が違ってきます。


なお、シード順から1枠には第1シードの樊振東(ファンジェンドン、中国)、16枠には第2シードのティモ・ボル(ドイツ)が入ります。また、8枠と9枠には第3シードのオフチャロフ(オフチャロフ)または第4シードの林高遠(中国)が入ります。張本智和と丹羽孝希はそれぞれ第5シードと第8シードなので4、5、12、13枠のいずれかに入ります。

2018男子ワールドカップ 決勝トーナメント
2018男子ワールドカップ 決勝トーナメント

2. ライブ配信の視聴方法

以下のサイトでライブ配信があります(今回配信対象の卓球台(Table)はTable 1(T1)~Table 2(T2) です)。フランスのパリとは日本と7時間時差があり、日本が7時間早いです。現地の10時は日本の17時になりますので注意が必要です。


  • itTV(ITTF(国際卓球連盟)の配信サイト)
  https://tv.ittf.com/
  • Laola
  http://www.laola1.tv/en-int/live-schedule

 https://www.ittf.com/tournament/2875/liebherr-mens-world-cup/

 また、テレビ東京ホームページの「テレビ東京卓球NEWS」では放送・配信以外にライブスコアやニュースなども視ることが出来ます。