【卓球】2018スウェーデンオープン - 男子シングルス予選ラウンド

 2018スウェーデンオープンの予選ラウンドが10月29日から始まりました。今大会の予選ラウンドはグループリーグではなく勝ち抜きのトーナメントで行われます。シード選手16名を除く162選手で行うためベスト256(R256)から開始し、4回戦(R32)まで(1回戦は34試合)行い、予選通過の16選手(ベスト16)まで絞り込みます。


ここでは、日本選手の試合のスケジュールと結果、トーナメント表をまとめます。大会全体の日程、ライブ配信の視聴方法についてはスウェーデンオープンの概要をご覧ください。


ここでは、日本選手の試合スケジュールと結果、トーナメント表を載せます。試合のライブ配信はTable1(T1)からTable3(T3)まであります(ライブ配信の視聴方法はこちらをご覧ください)。

1. 試合スケジュールと結果

予選1回戦(R256)の結果(10/29)

1回戦から開始の3選手はなんと全員が負けてしまいました。モアガードに敗れた金光はしかたないにしても、他の二人には勝って欲しかったです。実際、リードしていたのを逆転されてのゲームオールでの負けなので残念です。


木造勇人 vs ANDERSSON(SWE) 3-4(7-11,2-11,11-9,11-8,11-7,8-11,9-11)

金光宏暢 vs モアガード(SWE) 1-4 (15-13, 9-11, 8-11, 4-11, 8-11)

英田理志 vs 黄民夏(韓国) 3-4 (11-4,11-3,10-12,11-4,7-11,7-11,6-11)

(メモ)SWE=スウェーデン

予選2回戦(R128)の結果(10/30)

予選トーナメント2回戦では𠮷田雅己と平野友樹が敗れ、3回戦まで進んだのは約半数の6選手です。まだ、あと2回戦わないと決勝トーナメントに進めません。中国選手も2回戦で2選手(周愷と薛飛)が敗れていますが、7選手が3回戦に勝ち残って来ているので大変です。


𠮷田雅己 vs 周啓豪(中国)         0-4 (11-13, 8-11, 11-13, 7-11)

森薗政崇 vs 金民赫(韓国)                4-1 (11-5, 8-11, 11-7, 11-9, 11-9)

吉村真晴 vs RUMGAY(スコットランド)   4-1 (11-3, 11-8, 11-4, 10-12, 11-6)

平野友樹 vs 林鐘勲(台湾)                3-4 (15-13,6-11,6-11,8-11,11-8,9-11)

松平健太 vs KOJIC(クロアチア)      4-1 (11-5, 11-5, 8-11, 11-3, 13-11)

上田仁 vs GOMEZ Gustavo(チリ)   4-0 (11-7, 11-2, 11-6, 11-3)

吉村和弘 vs サイフリッド(フランス)    4-2 (9-11,11-8, 5-11, 11-3, 18-16, 11-8)

宇田幸矢 vs ドリンコール(英国)      4-1 (10-12, 13-11, 11-9, 11-9, 11-9)

予選3回戦(R64)の結果(10/31)

 予選は今日の3回戦と2回戦で予選通過のベスト16が出揃います。日本選手は1回戦と2回戦で5選手が敗退し6選手が残っていましたが、3回戦は激しい戦いでしたが森薗政崇と上田仁が逆転でゲームオールの試合に勝利して4回戦に進みましたが、他の4選手は敗れました。吉村兄弟はどちらも追い上げてゲームオールに追いついての負けで惜しかったです。


森薗政崇 vs RANEFUR Elias(SWE)  4-3 (4-11,11-7,7-11,10-12,11-4,14-12,11-9)

吉村真晴 vs フローレ(フランス)     3-4 (11-8,8-11,6-11,17-19,11-8,11-6,8-11)

松平健太 vs キャン・アックズ (フランス)     1-4 (11-6, 10-12, 9-11, 8-11, 5-11)

上田仁 vs シバエフ(ロシア)             4-3 (6-11,11-4,11-13,11-5,9-11,12-10,11-9)

吉村和弘 vsトキッチ(スロベニア)  3-4 (14-16,11-9,10-12,6-11,11-8,11-6,8-11)

宇田幸矢 vs 張禹珍(韓国)                1-4 (11-7, 9-11, 7-11, 6-11, 8-11)

(メモ)SWE=スウェーデン

予選4回戦(R32)の結果(10/31)

予選ラウンド4回戦まで残ったのは森薗政崇と上田仁だけでしたが、森薗政崇は残念ながら負けて、決勝トーナメントに進めたのは上田仁だけでした。中国選手は6選手が勝ち残っています。4回戦は中国選手同士の対戦はないので、中国選手は6選手が決勝トーナメントに進む可能性があります。


森薗政崇 vs ダルコ・ヨルジッチ(スロベニア)  0-4 (5-11, 6-11, 9-11, 5-11)

上田仁 vs ヤクブ・ディヤス(ポーランド)   4-1 (10-12, 11-8, 13-11, 11-3, 11-4)

予選ラウンドのまとめ

日本選手は11名いましたが結局、上田仁ひとりになってしまいました。中国は、若手の王楚欽、薛飛干子洋など5選手が敗退し決勝トーナメントに進んだのは5選手と意外と少なかったです。今大会の予選ラウンドはやはり厳しかったですね。

2.  トーナメント表(3回戦、4回戦)

人数が多いため3回戦(R64)からのトーナメント表になっています。

対戦をクリックすると試合の予定(開始時刻とテーブル)、または詳細スコア(終了した試合の場合)が表示されます。予定内の「T1」は試合の卓球台(テーブル)の番号で「Table 1」を表します。

また、終了した試合のメモにあるリンクはitTVの試合のビデオへのリンクです(存在する場合)。クリックするとitTVの試合のビデオへジャンプします。登録(Register)されてない方は登録して視聴してください。現時点では無料です。

トーナメント表の上部の黒いタイトルバーをクリックするとThe Tournamentのサイトでこのトーナメント表を確認できます。