【卓球】 2020ハンガリーオープン(2/20~23)

 2月20日からワールドツアーのハンガリーオープンがハンガリーのブダペストクで始まります。本戦に先立ち予選が2月18日と19日に行われます。

今回のハンガリーオープンは年6回あるワールドツアーの第1戦、ワールドツアープラチナを含めたワールドツアー(計年12回)としては第2戦となります。

また、ハンガリーオープンは例年は1月の全日本卓球選手権と同じ時に開催されるため、日本選手は通常は出場しませんが、今年は開催時期がずれたため日本選手も出場できます。

オリンピック出場選手はシード順を上げてオリンピックのトーナメントで有利な位置で戦いたいので、海外選手と同じポイントの高いワールドツアーに出場できるのはいいことです。

今回のハンガリーオープンに出場する日本選手は女子15名と男子11名、合計19名が出場します。なお、中国選手の出場はありません(詳細は以下の「出場選手」を参照)。

大会の概要、大会日程出場選手ライブ配信の視聴方法についてまとめました。

1. 大会の概要

2020ハンガリーオープンは年間に6大会あるワールドツアーの最初の大会です。

(1) 競技種目

行われる競技は以下の6種目です。

  • 男子シングルス、女子シングルス
  • 男子ダブルス、女子ダブルス
  • 混合ダブルス

(2) 試合方式


  • 男子/女子シングルス:すべて7ゲームマッチ
  • 男子/女子ダブルス:すべて5ゲームマッチ
  • 決勝トーナメントはシングルスはベスト32、ダブルスはベスト16から
  • 予選も本戦同様に勝ち抜きのトーナメント方式で行われる

(3) 獲得できる世界ランキング用のポイントはこちらを参照


(4) 賞金総額:170,000米ドル(約1900万円)

シングルス優勝賞金:18,500米ドル(約200万円)

2. 大会日程

 日付女子シングルス 男子シングルス 女子ダブルス 男子ダブルス  混合ダブルス
 2/18(火)予選トーナメント
1回戦(R128)
予選トーナメント
1回戦(R256)
2回戦(R128)
予選トーナメント
1回戦(R32)
予選トーナメント
1回戦(R32)
 予選トーナメント
1回戦(R32)
 2/19(水)予選トーナメント
2回戦(R64)
3回戦(R32)
予選トーナメント
3回戦(R64)
4回戦(R32)
 予選トーナメント
2回戦(R16)
 予選トーナメント
2回戦(R16)
予選トーナメント
2回戦(R16)
2/20(木)決勝トーナメント
1回戦(R32)
決勝トーナメント
1回戦(R32)
決勝トーナメント
1回戦(R16)
決勝トーナメント
1回戦(R16)
決勝トーナメント
1回戦(R16)
準々決勝
 2/21(金)2回戦(R16)
 2回戦(R16) 準々決勝
準決勝
 準々決勝
準決勝
 準決勝
2/22(土)準々決勝
 準々決勝
 決勝 決勝 決勝
2/23(日)準決勝
決勝
 準決勝
決勝

3. 出場選手

 今大会に出場する日本選手は、次のとおりです(太字はシングルスのシード選手です)。


・女子

平野美宇石川佳純伊藤美誠佐藤瞳加藤美優、芝田沙季、橋本帆乃香、森さくら、塩見真希、長崎美柚、木原美悠、大藤沙月、小塩遥菜、篠原夢空、由本楓羽

・男子

張本智和丹羽孝希水谷隼、森薗政崇、神巧也、宇田幸矢、戸上隼輔、平野友樹、坪井勇磨、定松祐輔、金光宏暢


シングルスには全選手が出場します。女子ダブルスは、平野美宇/石川佳純、男子ダブルスは戸上隼輔/宇田幸矢、混合ダブルスは伊藤美誠/水谷隼と各1ペアずつ出場します。戸上/宇田ペア以外はシードです。



 中国選手の出場はありません。中国選手団は2月頭にドイツオープンが終わった後、中国に帰国せずカタールに滞在して練習しているようです。これは、今回のコロナウィルス騒ぎで中国国内での移動や練習に不安があるためITTFからの要請でカタール政府が練習拠点を用意したためのようです(『卓球王国』の関連記事はこちら)。このためハンガリーオープンの出場は控えたようです。


女子シングルスは、ヨーロッパの大会ですがシードに入っているヨーロッパ選手はルーマニアのスッチとサマラ、ドイツのペトリサ・ソルヤとハン・インだけです。日本選手以外のアジア選手では台湾の鄭怡静と陳思羽、香港の杜凱栞、シンガポールの蘇慧音(スー・ワイヤン・ミニー)がシードに入っています。また、米大陸からプエルトリコのアドリアナ・ディアスと米国のリリー・チャンもシードに入っています。


男子シングルスは、ヨーロッパ勢ではドイツのオフチャロフとフランチスカ、フランスのゴジ、イングランドのピッチフォード、ベラルーシのサムソノフ、スウェーデンのカールソン、デンマークのグロート、オーストリアのハベソーンがシードに入っています。アジア勢でシードに入っているのは日本選手以外では香港の黃鎮廷とインドのグナナセカランだけです。また、米大陸からはブラジルのカルデラノと米国のカナック・ジャーがシードに入っています

4. ライブ配信の視聴方法

 以下のサイトでライブ配信がある可能性があります(今回配信対象の卓球台(Table)はTable 1(T1)~Table 3(T3) の予定です)。ハンガーのブダペストは日本と8時間時差があり、日本が8時間早いです。つまり、現地の10時は日本の18時になりますので注意が必要です。


  • itTV(ITTF(国際卓球連盟)の配信サイト)

1/31(金)18:00~(T1のみ)
2/1 (土)18:00~
2/2 (日)18:00~

  このページでは試合結果なども確認できます。

  • Paravi:日本語解説付きでのライブ配信があります(有料)。
  • Laola(画像は itTV と同じ)
  http://www.laola1.tv/en-int/live-schedule

また、ライブスコアは ITTFのハンガリーオープンのページの「Draw & Results」にある「Live Scoring Running now」をクリックして視ることができます。



また、日本卓球協会のハンガリーオープンのページでも試合結果が掲載されます。