【卓球】 平野美宇 2017中国リーグへの参戦はあるか

 伊藤美誠が中国卓球リーグの下部リーグである甲Aリーグの2017年後半戦に参戦することが決まったようです(追記:4/8時点ですでに遼寧チームの名簿に登録されていますが5/6の試合では取り消しになっています)。また、早田ひなと張本智和は、今年から始まるT2アジア太平洋卓球リーグ2017(T2APAC 2017)に参戦します。T2APAC 2017には、女子では中国から丁寧と王曼昱、シンガポールからフェン・ティアンウェイ、日本から12歳の木原未悠が参戦します。男子では、日本から水谷隼が、ドイツからT・ボルが参戦します。

 あとは、平野美宇や石川佳純の動向が気になります。石川佳純は以前に中国スーパーリーグへの参戦の話が進んだことがあったのですが、ちょうど中国での日本バッシングがひどくなった時期で取り止めた経緯があります。石川佳純は昨年平野美宇が中国スーパーリーグに参戦したこともあり、昨年末に2017年はぜひ参戦したいと言っていました。平野美宇は、中国スーパーリーグへの挑戦が終わったあとで「また、呼ばれたら来たい」と言っていて、やはり中国スーパーリーグへの参戦の意思はあるようです。

 平野美宇がアジア選手権で中国トップ3選手を倒してから、中国リーグは日本選手を受け入れないのではないかという噂もありますが、次の観点から、中国リーグが受け入れる可能性はあると思います。


  1. すでに伊藤美誠の下部リーグへの受け入れが決まっている(?)ので、中国はトップ選手でも日本選手を受け入れない訳ではない
  2. 世界卓球で丁寧が平野美宇に勝ったことで、「胸を貸す」という余裕はまだある
  3. アジア選手権で平野美宇が優勝した後でも、中国の総監督が卓球界全体や中国卓球にとってもいいことだと言っていた
  4. 平野美宇の中澤鋭前コーチも、平野美宇が優勝した後で、これで中国が平野美宇を受け入れないほど心は狭くないと思いたいと言っていた
  5. 中国卓球界にとっては中国リーグの人気を高めることも重要で、日本の人気選手の参戦は中国リーグにとってはプラス要素
  6. 平野美宇には、すでにオファーがあるらしい
特に5番目の要素は大きいと思います。卓球は中国の国技と言われますが、最近はサッカーやバスケットなどの国内リーグの人気に押されている部分があります。観客を動員して興行的に成功するためにも人気選手を入れる必要があります。また、国際大会の決勝や準決勝でいつも中国選手ばかりだと、中国国内からも飽きられてしまうし、選手の危機感が薄れ向上心がなくなってしまいかねないという意味で、中国卓球界にとっても中国の地位を脅かす存在は必要です。実際に、今回の世界卓球ドイツ大会はアジア選手権で平野美宇が中国選手を倒したために中国国内でもいつも以上に注目されたはずです。このため、2番目の要素も大きな要因になると思います。
 日本選手で中国で人気なのは福原愛と石川佳純ですが、平野美宇も少しは人気が出てきています(と言っても、微博のフォロワー数は1万2000ほどと福原愛の284万、石川佳純の24万には遠く及びませんが)。アジア選手権では中国ファンから誕生日祝いのケーキの差し入れもあったようですし、昨年中国スーパーリーグに参戦していた時には、チームスポンサーのオルドス1980が服飾の大手企業のため、下のようにオルドス1980の服を着て宣伝や観客にプレゼントするブロマイドに使う写真も撮ってました。
 
オルドス1980服のモデル-1
オルドス1980の服のモデル平野美宇(1)
 
オルドス1980の服のモデル-2
オルドス1980の服のモデルの平野美宇(2)

中国スーパーリーグでは、人気選手ほど契約金が高くなるようなのでこれからどうなるかわかりませんが、無事どこかのチームに決まって活躍を見たいものです。中国リーグに参戦できない場合は、丁寧や王曼昱が参戦しているT2APAC 2017に参戦する手もありますが、第1戦が6/28から始まるので早めに決める必要があります。

おもろい思たら「ええやん」したってや。Tweetでもええで。