【卓球】 2019中国オープン 男子シングルス予選

 男子シングルスは出場する17選手中シードは張本智和、丹羽孝希、水谷隼の3名のみなので、残りの14名(吉村真晴、上田仁、大島祐哉、森薗政崇、松平健太、吉村和弘、及川瑞基、宇田幸矢、𠮷田雅己、平野友樹、木造勇人、金光宏暢、神巧也、町飛鳥)は予選から出場します。


予選も決勝トーナメント同様に勝ち抜きのトーナメントで行われます。予選からの選手が137名いるため、1回戦9試合ではベスト128に絞り、2回戦(R128)から4回戦(R32)で決勝トーナメントに進む16選手が決まります。スケジュールは以下の表のとおりです。


1回戦から登場する日本選手は金光宏暢だけです。

トーナメント表はベスト64の2回戦(R128)から作りました(日本選手と中国選手のみ記載)。

日 (曜日) 日本時間(現地時間)ラウンド 
 5/28(火)10:00(9:00)~10:45 (9:45) 予選 1回戦(ベスト256)
12:15(11:15)~ 18:50(17:50) 予選2回戦(ベスト128)
5/29(水) 14:20(13:20)~17:40 (16:40) 予選3回戦(ベスト64)
21:40(20:40)~23:20(22:20) 予選4回戦(ベスト32)

1. 日本選手の試合スケジュールと結果

トーナメント表は2回戦(R128)からなので1回戦は含んでいません。

1回戦から出場する日本選手の結果は次のとおりです。


金光宏暢 vs RUIZ Romain(フランス) 4-2 (5-11, 11-8, 11-4, 10-12, 12-10, 11-7)


ただ1人の1回戦からの日本選手の金光が勝ったので、2回戦からの日本選手は14名です。


2回戦以降のスケジュールと詳細なスコアは下のトーナメント表で各試合をクリックして確認してください。

2. トーナメント表(2回戦(R128)から)

試合をクリックすると試合のスケジュールまたは結果が表示されます。

T1~T4はライブ配信があります(視聴方法はこちら)。
ビデオアーカイブのある試合にはビデオへのリンクを張ってあります。
トーナメント表上部の黒い帯をクリックすると画面全体で表示されます。

トーナメント表は2回戦からで4回戦を勝てば決勝トーナメント進出になるので、トーナメント表の8人の山で勝ち抜けばいいことになります。

予選からの中国選手は5人で、女子に比べると怖い選手はいませんが、警戒するのは王楚欽と方博です。中国選手と対戦する山にいるのは、𠮷田雅己王楚欽と、宇田幸矢が方博と、上田仁が于子洋と、平野友樹が趙子豪と同じ山にいます。


・5月28日(火) 予選第1日

日本選手は2回戦で7選手が敗れ14名中7名が残りました。5/29に3回戦と4回戦が行われ予選通過が決まりますが、平野友樹と吉村和弘の2人、森薗政崇/神巧也/吉村真晴の3人がそれぞれ同じ山で1人ずつしか通過しないので、この2つの山と、それぞれ別の山の及川瑞基と松平健太で、日本選手は多くて4選手しか予選を通過できません。

予選通過した日本選手が2つの山に集中したのはもったいないです。最後の2つの山には日本選手も中国選手もいないので、こちらの山に一人か二人でも入っていればよかったのにと思います。


・5月29日(水) 予選2日目:3回戦

他の日本選手がいない山の及川瑞基と松平健太は、及川は勝って4回戦に進みましたが松平健太は敗退しました。日本選手の集中した2つの山では日本選手同士の対決で吉村真晴に負けた神巧也以外は勝って4回戦に進みました。特に平野友樹は中国選手をゲームオールの末に破っての勝利でした。

この結果、この2つの山は日本選手同士の対決となりました。このため、4回戦では確実に2名が負けますが、確実に2名は予選通過します。及川選手も勝ってもらって何とか3人が予選通過したいところです。