【卓球】 丹羽孝希、張本智和が参戦、2018男子ワールドカップ(10/19~10/21)

 いよいよ男子ワールドカップが今月19日から始まります。日本からは、張本智和がアジアカップ5位の枠、丹羽孝希がアジアカップ6位の枠で出場します(出場枠と出場選手についてはこちらをご覧ください)。

今回の開催地はフランスのディズニーランド・パリで、フランスからはホスト国枠でシモン・ゴジ、ワイルドカード枠でエマニュエル・ルベッソンが出場します。中国選手は、樊振東と林高遠が出場します。馬龍は世界選手権優勝者枠で出場できたのですが故障のためか今回は欠場となり代理で林高遠が出場することになりました。林高遠はアジアカップに出場していた(準優勝)ので代理で出場できます。張本智和は今大会がワールドカップ初出場ですが、ここ1年で勝った出場選手が多いので期待できます。丹羽孝希は9月の世界ランキングでは11位で10位のウーゴ・カルデラノより下でしたが10月の世界ランキングでカルデラノを抜いて10位になり、予選グループリーグ(ステージ1)を免除され決勝トーナメントから出場できる第8シードに滑り込みました。この幸運を活かして是非頑張ってさらに上位に上がることを期待します。


ここでは、大会のスケジュールをまとめ、シード順決勝トーナメント(ステージ2)の組み合わせの予測ライブ配信の視聴方法をまとめました。

1. 大会スケジュール

 日付 時間ラウンド 
 10/19(金)10:00~16:40 第9シードから第16シードによるグループリーグ(ステージ1)
 17:30~ ステージ2ドロー(組み合わせ抽選)
10/20(土)  10:00~17:201回戦(1試合ずつ進行)
 19:00~22:20準々決勝(1試合ずつ進行)
 10/21(日) 11:00~12:40 準決勝(1試合ずつ進行)
 15:00~15:50 3位決定戦
 16:00~17:50 決勝
表彰式

(メモ)時間は、現地時間です。パリとの時差は7時間で日本が進んでいます。つまり、現地時間の10:00は日本時間の17:00となります。

 ステージ2のシード選手8名の対戦相手は初日のステージ1の後で決まります。グループ1位の選手がシード5位~8位の選手と、グループ2位の選手がシード1~4位の選手とステージ2の1回戦で当たります。ステージ1で1位通過か2位通過かでステージ2で2回戦に進める可能性が違ってきます(ステージ1やステージ2などの試合方式の詳細についてはこちらをご覧ください)。


ヨーロッパでは10/19(金)からテレビで中継があるようです。日本では、テレビ東京が最終日の10月21日に放映を予定しているようで、また、女子ワールドカップ同様、インターネットのライブ配信とテレビ放送で試合の模様が視れそうです。なお、会場のディズニーランド・パリとの時差は7時間で、日本が進んでいます。つまり、現地の10:00は日本時間の17:00となります。

2. シード順

 出場選手にとってシード順は大事になります。上位8位までに入った場合はステージ1は出場する必要がない上、その上位選手とは1回戦では当たらないことになります(詳細はこちら)。そして、このシード順は最新ランキングに基づいて行われることになっています。男子は大会が10月のため10月の世界ランキングに基づいておこなわれます。

そこで、すでに10月の世界ランキングが発表されているのでシード順を予測してみたいと思います。これは、出場キャンセルなどが出なければ変わらないと思います。

[10/18追記]ITTFの男子ワールドカップのサイトでシーディングの表が出てます。予測通りでした。

 シード順選手名 シード順  選手名
1 樊振東(中国、1) 11丁祥恩(韓国、17)
 2 ボル(ドイツ、3) 12 ヨナサン・グロート(DEN、18)
 3オフチャロフ(ドイツ、4) 13 マティアス・ファルク(SWE、19)
 4林高遠(中国、5) 14 クアドリ・アルナ(NGA、21)
 5李尚洙(韓国、7) 15サムソノフ(ベラルーシ、30)
 6張本智和(日本、8) 16 グスターボ・ツボイ(BRA、48)
 7黃鎮廷(香港、9) 17ルベッソン(フランス、50)
 8 丹羽孝希(日本、10) 18 カナック・ジャ(米国、67)
 9 ウーゴ・カルデラノ(BRA、11)19  ギオニス(ギリシャ、70)
 10 シモン・ゴジ(フランス、16) 20 ヘミング・フー(AUS、170)

(メモ)カッコ内の数字は、10月の世界ランキングの順位です。BRA=ブラジル、DEN=デンマーク、NGA=ナイジェリア、SWE=スウェーデン、AUS=オーストラリア

3. 決勝トーナメント(ステージ2)の組み合わせ予測

1日目のステージ1(予選グループリーグ)はA~Dのグループにシード順位9位から12位までの選手が順に割り振られ、各グループの2番目の選手は13位から16位、3番目の選手は17位から20位の選手が抽選で割り振られるので予測しても意味がありません。なお、1回戦ではグループ3位の選手が決勝トーナメントに進めません。


そこでここでは、上のシード順予測を基にステージ2の組み合わせを予測しておきます。

男子ワールドカップ決勝トーナメント表
男子ワールドカップ決勝トーナメントの予測

張本智和は第6シード、丹羽孝希は第8シードなので、二人とも、(4)、(5)、(12)、(13)のいずれかに抽選で入ります。ステージ2では、同じ国の選手が同じ山にならないという調整はないので同じ半分の山に入る可能性があります。ただし、今年の女子ワールドカップの平野美宇と石川佳純のように同じ4分の1の山に入って準々決勝で対戦することはないので、丹羽と張本は当たるとしても準決勝です。

また、第5~8シードの選手の1回戦の対戦相手は予選グループリーグ(ステージ1)のグループ1位通過選手で、上のシード順の表を見てわかるように10月の世界ランキングで11位のカルデラノをはじめ、ゴジ、丁祥恩、サムソノフなど強豪と1回戦で対戦することになります。

4.  ライブ配信の視聴方法

以下のサイトでライブ配信がある可能性があります(今回配信対象の卓球台(Table)はTable 1(T1)~Table 2(T2) です)。フランスのパリとは日本と7時間時差があり、日本が7時間早いです。現地の10時は日本の17時になりますので注意が必要です。


  • テレビ東京系列テレビ放送
 以下のスケジュールでテレビ放送があります。
10/20(土) 22:00~ BSテレ東 「卓球ジャパン」(1回戦)
10/21(日) 22:00~ テレビ東京 3位決定戦ほか
       22:54~ BSテレ東       3位決定戦と決勝ほか            
スケジュールから予測すると、日本の土曜日の22:00は現地の15:00なので現地時間10:00~17:20の1回戦の時間に重なると思うので、ちょうど丹羽か張本の試合がやっていればライブ放送、終わっていれば録画だと思います。日曜日は、ちょうど現地時間の15:00(日本22:00)は3位決定戦の開始時間、16:00(日本23:00)は決勝の開始時間になります。29日の1回戦/準々決勝および30日午前の準決勝の前半はライブ放送はありませんが、「YouTubeのテレビ東京卓球チャンネル」でライブ配信があります。


 また、テレビ東京ホームページの「テレビ東京卓球NEWS」では放送・配信以外にライブスコアやニュースなども視ることが出来ます。

 YouTubeで決勝トーナメントの全試合の配信があります。
 決勝トーナメントは1試合ずつの進行なので全試合を視ることができます。
10/20(土) 17:00~22:20      1回戦
                          26:00(深夜2:00)~ 準々決勝
10/21(日) 18:00~19:40      準決勝
                    22:00~                3位決定戦、決勝


  • itTV(ITTF(国際卓球連盟)の配信サイト)
  https://tv.ittf.com/
  • Laola
  http://www.laola1.tv/en-int/live-schedule

(注)itTVおよびLAOLAのライブ配信はテレビ放送がある場合にエリアブロックされて視ることができない場合があります。