【卓球】 2019グランドファイナル 女子ダブルス

 2019ワールドツアーの締めくくりの2019グランドファイナルが12月12日(木)から12月15日(日)の4日間で開催されます(詳細はこちら)。

女子ダブルスには日本から木原美悠/長﨑美柚、平野美宇/芝田沙季の2ペアが出場します。

ここでは、女子ダブルスの日程、試合方式、トーナメント表を記載します。
テレビ放送/ライブ配信の視聴方法はこちらをご覧ください。

1. 試合スケジュール

 日付種目/ラウンド 
 12/12(木)15:20頃準々決勝(2試合同時)T2: 平野/芝田 vs 陳思羽/鄭先知(台湾)
    17:20頃  準々決勝(2試合同時)T1: 木原/長﨑 vs バラ―ジョバ/マテロバ(国際ペア)
12/13(金)16:00 準決勝(2試合同時)
 12/15(日)20:30決勝

(メモ)時間は日本時間ですが現地とは1時間の時差があります。また、「11:50頃」というのは11:50が開始の目安ですが前の試合の進行状況によって開始時間が前後することを示します。

2.  試合方式

試合は以下の方式で行われます。


  1. 勝ち抜きのトーナメント形式(準々決勝(ベスト8)から)
  2. 5ゲームマッチ
  3. 組み合わせはITTFおよびワールドツアーの基準に従う
  4. 国による組み合わせの区別は行わない
(3) のシード順(こちらを参照)ですが、最新の世界ランキング順ではなく、ワールドツアースタンディングの順位になっています(ワールドツアースタンディングはこちらを参照)。(4)は1回戦から同じ国のペア同士の対戦があるということです。

3.  トーナメント表

対戦をクリックすると試合の予定(開始時刻とテーブル)、または詳細スコア(終了した試合の場合)が表示されます。テレビ放送/ライブ配信の視聴方法はこちらをご覧ください。

終了した試合のメモにあるリンクはitTVまたはYoutubeの試合のビデオへのリンクです(ある場合)。クリックするとitTVまたはYoutubeの試合のビデオへジャンプします。itTVを登録(Register)されてない方は登録して視聴してください。現時点では無料です。

・準々決勝(12/12)

平野美宇/芝田沙紀ペアは台湾ペアに1-3で敗れた。長﨑美柚/木原美悠ペアはバラ―ジョバ(スロバキア)とマテロバ(チェコ)のペアに勝って2回戦進出を決めました。


 準決勝(12/13)長﨑/木原ペアが劇的逆転で中国ペアを破る

長﨑美柚/木原美悠ペアは準決勝で今年の世界選手権優勝の中国の王曼昱/孫穎莎ペアと対戦した。第1、2ゲームを簡単に奪われ、先に王手をかけられたが、3ゲーム目を11-3で取ると、第4、5ゲームは接戦となったが両ゲームを14-12で取り、大逆転で勝利をものにした。

決勝戦は12月15日の最終日に行われる。

準決勝:長﨑美柚/木原美悠 vs 王曼昱/孫穎莎

 決勝(12/15)長﨑美柚/木原美悠ペアが韓国ペアをストレートで破り優勝

長﨑美柚/木原美悠ペアは決勝で韓国の田志希(チョンジヒ)/梁夏銀(ヤンハウン)ペアと対戦したが、準決勝の勢いそのままにのびのびとしたプレーで、ストレートで勝って優勝を飾った。第1シードとはいえ、長﨑美柚が17歳、木原美悠が15歳と今回の出場では最年少のペアだったが、今月1日の世界ジュニア選手権に続いてシニアのグランドファイナルも征した。


なお、グランドファイナル女子ダブルスでの最年少優勝は2014年に平野美宇と伊藤美誠のみうみまペアが二人とも14歳で達成しているので最年少優勝とはならない。とはいえ、世界選手権優勝の中国ペアを破っての優勝は価値のある優勝である。


優勝:長﨑美柚/木原美悠、準優勝:田志希/梁夏銀(韓国)

グランドファイナル混合ダブルス優勝の長﨑木原
優勝した長﨑美柚と木原美悠