【卓球】 2019アジア選手権(9/15~22)

 9月15日からインドネシアのジョクジャカルタでアジア卓球選手権が開催されます。アジア選手権は原則1年置きの開催で前回は2017年4月だったので約2年と5か月振りの開催となります。


2017年のアジア選手権というと忘れられないのはやはり平野美宇の女子シングルスで丁寧、朱雨玲、陳夢を破っての優勝でしょう。ハリケーンヒラノのあだ名がついて一気に有名になりました。筆者はその半年前の2016年10月に平野美宇のファンになっていたので興奮してライブ配信を視ていました。


前回の大会は馬場監督も監督就任して間もなく、女子は石川佳純を外して平野美宇、伊藤美誠、早田ひな、佐藤瞳、加藤美優の若手メンバーで団体戦を戦い、女子シングルにはこの5人がそのまま出場し、ダブルスでは橋本帆乃香が佐藤瞳と組みました。


今大会は、女子は平野美宇、石川佳純、佐藤瞳、芝田沙季、加藤美優、男子は張本智和、吉村真晴、吉村和弘、神巧也、宇田幸矢、戸上隼輔が選出されています。


前回の大会は配信も少なく大会前はマスコミもあまり注目していませんでしたが、今回は来年にオリンピックを控えていることもあり前回より注目度が高そうです。


なお、アジア選手権の団体戦は来年の東京オリンピックの予選も兼ねているようですが、男女それぞれ1チームということなので他の大陸選手権では意味があるかもしれませんがアジア選手権では余程の番狂わせがないと意味はないと思われます。


ここでは今回のアジア選手権についてまとめます。

1. 大会の概要

ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会(以下、アジア選手権)は、大陸選手権のカテゴリーになる大会で、ほぼ2年に1回のぺーズで行われています(連続したり2年空いたりすることもあった)。

(1) 競技種目

行われる競技は以下の6種目です。


  • 男子団体、女子団体
  • 男子シングルス、女子シングルス
  • 男子ダブルス、女子ダブルス
  • 混合ダブルス

(2) 試合方式(詳細は各競技のページを参照)


  • 団体戦:シングルス5マッチ(5ゲームマッチ)で3マッチ先取
  • 男子/女子シングルス:すべて5ゲームマッチ
  • 男子/女子ダブルス:すべて5ゲームマッチ
  • 決勝トーナメントはシングルスはベスト32、ダブルスはベスト16から
  • 予選も本戦同様に勝ち抜きのトーナメント方式で行われる

(3) 獲得できる世界ランキング用のポイント


  • 団体戦でのシングルスの1勝もポイントになる(チャンピオンシップディビジョンでは1勝が180ポイントで、獲得ポイントは勝数x180)
  • シングルスは大陸選手権のポイント表に従う(3位決定戦はない)
  • 団体戦のポイントとシングルスのポイントは別大会のポイントとして数える

2. 大会日程

<団体戦>

 日本時間 (現地時間)チャンピオンシップDIV  ファーストディビジョン
9/15(日) 12:00 (10:00)~
グループリーグ第1戦 (男女) 
 16:00 (14:00)~
準々決勝  (1)(男女)
 グループリーグ第2戦 (男女)
20:00 (18:00)~  準々決勝 (2)(男女)
 グループリーグ第3戦 (男女)
9/16(月) 12:00 (10:00)~
順位決定戦  (男女)
 20:00 (18:00)~
準々決勝 (3, 4)(男女)  順位決定戦 (男女)
9/17(火) 12:00 (10:00)~
 女子準決勝 順位決定戦 (男女)
 21:00 (19:00)~
 女子決勝
9/18(水) 12:00 (10:00)~
 男子準決勝
 21:00 (19:00)~
 男子決勝

<個人戦>

カッコ内のR32などは32選手または32ペア(ベスト32)のいるラウンド(回戦)を意味します。

 日付女子シングルス 男子シングルス 女子ダブルス 男子ダブルス  混合ダブルス
 9/17(火) 1回戦(R64)
2回戦(R32)
 9/18(水)1回戦(R128)


1回戦(R64)
3回戦(R16)
準々決勝
 9/19(木) 2回戦(R64) 1回戦(R256)
2回戦(R128)
3回戦(R64)
 1回戦(R64)
2回戦(R32)
3回戦(R16)
 2回戦(R32)
3回戦(R16)
 準決勝
 9/20(金)3回戦(R32)
4回戦(R16)
準々決勝
 4回戦(R32)
5回戦(R16)
準々決勝
 準々決勝
 準々決勝
 9/21(土)準決勝
決勝

 準決勝
決勝
 決勝
 9/22(日) 準決勝
決勝
 準決勝
決勝

3. ライブ配信の視聴方法

 以下のサイトでライブ配信がある可能性があります(今回配信対象はまだ不明です)。インドネシアのジョグジャカルタは日本と2時間時差があり、日本が2時間早いです。つまり、現地の10時は日本の12時になりますので注意が必要です。


  • itTV(ITTF(国際卓球連盟)の配信サイト)
 今回はまだ配信スケジュールが出てませんがITTFニュースとオリンピックチャンネルに配信があるという情報があります。

 第1日(9/15)の配信はここで視聴できます。

 第2日()/16)の配信はここで視聴できます。

 第3日(9/17)の配信はここで視聴できます。


 第4日(9/18)の配信はここで視聴できます。


 第5日(9/19)の配信はここで視聴できます。


 第6日(9/20)第1部の配信はここで視聴できます。


 第6日(9/20)第2部の配信はここで視聴できます。


 第7日(9/21)第1部の配信はここで視聴できます。


 第7日(9/21)第2部の配信はここで視聴できます。


 第8日(9/22)第1部のライブ配信はここで視聴できます。


 第8日(9/22)第2部のライブ配信はここで視聴できます。


 テレビ東京は今回映像の配信ができないらしいです。


  • テレビ東京卓球NEWSアジア選手権特設ページ
このページでは試合結果などが確認できます。 今回は映像の配信はないそうです。

  • Paravi:土日に日本語解説付きでのライブ配信がある可能性がありますが今回は不明です(有料)。
  • Laola(画像は itTV と同じ。itTVで配信がない場合はこちらも配信がない)
  http://www.laola1.tv/en-int/live-schedule

また、ライブスコアは ITTFのアジア選手権のページの「Draw & Results」にある「Live Scoring Running now」をクリックして視ることができます。
ITTFのアジア選手権のホームページ 
 アジア卓球協会のホームページでも配信がある可能性があります。
 YouTubeのATTUのチャンネルでもライブ配信しています。