【卓球】 2018香港オープンが開催(2018/5/26-27)

 卓球のワールドツアーの第2戦である2018香港オープンの本戦が5月24日から香港で始まります。本戦に先立って、男女シングルスの予選、男女ダブルスの予選、およびU21の男女シングルスが5月22日から行われます。

 今年の香港オープンは今週から香港、中国、日本と3週連続して続くアジアで開催されるワールドツアー(プラチナ)の最初の大会であり、世界選手権後の最初のワールドツアー大会という位置づけです。ワールドツアーなので中国のトップ選手は劉詩雯王曼昱以外は来週のワールドツアープラチナ中国オープンに備えて出場を回避したようです。それでも、トップ10入りを狙う陳幸同、孫穎莎顧玉婷など他の中国選手は距離的に近いこともあり多く参加し虎視眈々と鬼の居ぬ間の優勝を狙っています。また、最近力を付けてきている韓国勢もたくさん参加してます。日本からも派遣選手16名、自主参加選手14名の計30選手が参加します。


ということで、今回もスケジュールと参加選手についてまとめました。

1. 試合日程

 日付種目/ラウンド 
 5/22(火)U21男子・女子シングルス 1、2回戦
男子・女子シングルス予選(1回戦)、男子・女子ダブルス予選
5/23(水) U21男子・女子シングルス 準々決勝/準決勝/決勝
男子・女子シングルス予選、男子ダブルス予選
 5/24(木)男子・女子ダブルス 1回戦
男子・女子シングルス 1回戦
 5/25(金)男子・女子ダブルス準々決勝/準決勝
男子・女子シングルス 2回戦
 5/26(土)男子・女子シングルス 準々決勝/準決勝
 5/27(日)男子・女子ダブルス 決勝
男子・女子シングルス 決勝
 シングルスはシードが16選手で、残りの16枠は予選から進出します。今回は予選から開始する選手は男子101名、女子64名で、予選グループリーグがなく予選もトーナメント(男子128R、女子R64)を行い16名まで絞り込んで本戦進出の選手を決定します。つまり、男子は3回戦、女子は2回戦行います。ダブルスはシードが8ペアで予選で残り8枠を決定します。予選は男子25ペア、女子12ペアなので男子は2回戦、女子は1回戦のみを行い本戦進出の8ペアが決まります。

2. 参加選手

日本選手は以下のとおりです。(太字はシングルスのシード選手)

・女子

平野美宇石川佳純伊藤美誠早田ひな加藤美優佐藤瞳、森さくら、橋本帆乃香、芝田沙季、浜本由惟、前田美優、木原美悠、長崎美柚、大藤沙月、塩見真希、相馬夢乃

・男子

大島祐哉松平健太吉村真晴上田仁、𠮷田雅己、森薗政崇、木造勇人、吉村和弘、松山祐希、髙見真己、松平賢二、平野友樹、宇田幸矢、金光宏暢


 今回は女子は全員シングルスに出場します。また、女子ダブルスはまた伊藤美誠と早田ひなの「みまひな」と長崎美柚/木原美悠が出場します。また、長崎美柚と木原美悠が中学生ペアを組みます。もしかしたら「みうみま」以来の中学生ペアかもしれません。どこまで健闘するか楽しみです。ところで呼称はどうなるでしょうね。「みゆみゆ」でしょうか。U21には佐藤、橋本、芝田、木原、長崎、大藤、塩見、相馬の8選手が参加します。

 男子もシングルスには全員出場します。また、ダブルスは張本/森園ペアと水谷/大島ペアがシード、木造/高見ペアが予選スタートです。U21には木造、高見、宇田、松山、金光の5選手が出場します。


女子シングルス本戦のトーナメント表(予定と結果)はこちらのページをご覧ください。

男子シングルス本戦のトーナメント表(予定と結果)はこちらのページをご覧ください。


3.ライブ配信

以下のサイトでライブ配信がある可能性があります(今回配信対象の卓球台(Table)はTable 1(T1)とTable 2(T2) です)。


  • itTV(ITTF(国際卓球連盟)の配信サイト)
  https://tv.ittf.com/
  • Laola
http://www.laola1.tv/en-int/live-schedule

また、ライブスコアは ITTFの以下の香港オープンのページの「Draw & Results」にある「Live Scoring」をクリックして視ることができます。