【卓球】 2019ジャパンオープン荻村杯が開催(6/14~16)

 6月14日からワールドツアープラチナのジャパンオープンが北海道の札幌で開催されます。本戦に先立ち予選が6月12日と13日で行われます。


今回のジャパンオープンは年6回あるワールドツアープラチナとしては第3戦、通常のワールドツアーを含めたワールドツアー(計年12回)としては第5戦となります。また、先々週の中国オープン、先週の香港オープン、このジャパンオープン、7月頭からの韓国オープン、オーストラリアオープンと7月上旬までの約1か月半にアジア地区を中心にワールドツアー/プラチナ大会が5大会続きます(詳細なスケジュールはこちらの表を参照)。


中国オープン、ジャパンオープン、オーストラリアオープンがワールドツアープラチナ、香港オープンと韓国オープンがワールドツアーとなりますが、年に12回あるうちの5回がこの1か月半に集中しますが、この5大会の結果はオリンピック代表選考に使用される2020年1月の世界ランキングに大きく影響するので代表を狙う選手には重要です。


今回のジャパンオープンに出場する日本選手は女子が22名、男子が24名で合計46名です。日本卓球協会からは男女それぞれ12名ですが、自主参加がかなりあるようです。久しぶりの大人数です。中国は、プラチナ大会なのでトップ選手を送り込んでおり、男女それぞれ14名、合計28名が出場します。


大会の概要、大会日程、出場選手、見どころ、ライブ配信の視聴方法についてまとめました。

1. 大会の概要

2019ジャパンオープンオープンは年間に6大会あるワールドツアープラチナの3番目の大会です。

(1) 競技種目

行われる競技は以下の6種目です。

  • 男子シングルス、女子シングルス
  • 男子ダブルス、女子ダブルス
  • 混合ダブルス

(2) 試合方式


  • 男子/女子シングルス:すべて7ゲームマッチ
  • 男子/女子ダブルス:すべて5ゲームマッチ
  • 決勝トーナメントはシングルスはベスト32、ダブルスはベスト16から
  • 予選も本戦同様に勝ち抜きのトーナメント方式で行われる

(3) 獲得できる世界ランキング用のポイントはこちらを参照


(4) 賞金総額:270,000米ドル(約3000万円)

シングルス優勝賞金:30,000米ドル(約330万円)

2. 大会日程

今大会はワールドツアープラチナ大会ですが、本戦(決勝トーナメント)の日程が通常の4日間ではなく3日間になっています。

 日付女子シングルス 男子シングルス 女子ダブルス 男子ダブルス  混合ダブルス
 6/12(水)予選トーナメント (1回戦(R128),2回戦(R64))予選トーナメント(1回戦(R128),2回戦(R64))


 6/13(木)予選トーナメント (3回戦(R32))
予選トーナメント(3回戦(R32)) 予選トーナメント
(1回戦(R16))
 予選トーナメント
(1回戦(R16))
予選トーナメント
(1回戦(R16))
 6/14(金)決勝トーナメント
1回戦(R32)
2回戦(R16)
決勝トーナメント
1回戦(R32)
2回戦(R16)
決勝トーナメント
1回戦(R16)
準々決勝
決勝トーナメント
1回戦(R16)
準々決勝
決勝トーナメント
1回戦(R16)
準々決勝
 6/15(土)準々決勝
 準々決勝 準決勝
 準決勝
 準決勝
決勝
 6/16(日)準決勝
決勝
 準決勝
決勝
 決勝 決勝
 シングルスはシードが16選手で、残りの16枠は予選から進出します。今回は予選から開始する選手は男子88名、女子79名です。ウェイティングリストになっている選手はいません。今年からワールドツアーの予選はすべて本戦同様に1度負けたら敗退のトーナメント方式で行われ、グループリーグは行われません。今大会では、男子も女子も3回戦まで(R128、R64、R32)行いベスト16を決め、この16名が本戦に進出します。
 ダブルスはシードが8ペアで予選で残り8枠を決定します。予選から開始するのは女子は9ペアなので1試合のみ行い残り7ペアは不戦勝で予選通過になります。男子は10ペアなので2試合のみを行い6ペアが不戦勝です。混合ダブルスは13ペアですが1ペアがウェイティングになっており4試合を行い残り4ペアが不戦勝で予選通過になります。

3. 主な出場選手

今大会に出場する日本選手は、次のとおりです(太字はシングルスのシード選手です)。


・女子

平野美宇石川佳純伊藤美誠佐藤瞳芝田沙季、加藤美優、橋本帆乃香、長﨑美柚、安藤みなみ、早田ひな、大藤沙月、塩見真希、木原美悠、森さくら、、相馬夢乃、森薗美月、松平志穂、小塩遥菜、瀬山咲希、出澤杏佳、笹尾明日香、前瀧初音

・男子

張本智和丹羽孝希水谷隼、吉村真晴、上田仁、大島祐哉、森薗政崇、松平健太、吉村和弘、及川瑞基、宇田幸矢、𠮷田雅己、平野友樹、田中佑汰、三部航平、戸上隼輔、曽根翔、木造勇人、神巧也、定松祐輔、坪井勇磨、五十嵐史弥、酒井明日翔、松島輝空


シングルスには全選手が出場します。女子ダブルスは、長﨑美柚/木原美悠、出澤杏佳/大藤沙月、小塩遥菜/相馬夢乃、男子ダブルスは森薗政崇/吉村真晴、戸上隼輔/宇田幸矢、混合ダブルスには伊藤美誠/丹羽孝希、早田ひな/張本智和の各ペアが出場します。長﨑/木原、森薗/吉村真、伊藤/丹羽ペアががシードです。

[2019/6/10追記]男子ダブルスの水谷隼/丹羽孝希ペアは出場をキャンセルしたようでリストからなくなりましたので修正しました。


 中国選手は、トップ選手から若手まで28選手(女子14名、男子1$2名)が出場します。


以下に出場する選手を挙げます(太字はシングルスのシード選手です)。


女子:丁寧劉詩雯陳夢朱雨玲王曼昱陳幸同孫穎莎王芸迪何卓佳顧玉婷、張瑞、武楊、車暁曦劉斐

男子:樊振東許昕林高遠馬龍梁靖崑劉丁碩鄭培鋒(Zheng Peifeng、王楚欽閻安張煜東(Zhang Yudong)、徐瑛彬(Xu Yingbin)、徐晨皓(Xu Chenhao)、孫聞趙子豪(Zhao Zihao)


ダブルスは、女子は孫穎莎/王曼昱陳夢/劉詩雯男子は林高遠/梁靖崑許昕/樊振東、混合ダブルスは朱雨玲/許昕、丁寧/樊振東の各ペアが出場します。丁寧/樊振東ペア以外はシードです。


女子シングルスは世界ランキング18位までは全選手が出場していて、台湾の鄭怡静(チェンイーチン)、韓国の徐孝元(ソヒョウォン)と田志希(チョンジヒ)、シンガポールの馮天薇(フォンティエンウェイ)、香港の杜凱栞(ドゥホイケン)がシードに入っています。


男子シングルスは、ボル、ファルク、ピッチフォード、フランチスカ、サムソノフ以外の20位まで選手が出場していて、韓国の李尚洙、張禹珍、林鐘勲、鄭栄植ドイツのオフチャロフ、香港の黃鎮廷(ウォンチュンティン)、ブラジルのカルデラノ、台湾の林昀儒(リンユンジュ)がシードになっています

4. ライブ配信の視聴方法

 以下のサイトでライブ配信がある可能性があります(今回配信対象の卓球台(Table)はTable 1(T1)~Table 4(T4) です)。


  • BSテレ東/テレビ東京系列(テレビ放送)
6/15(土)午後4時 BSテレ東
6/16(日)午後4時 テレビ東京系列/BSテレ東

  • itTV(ITTF(国際卓球連盟)の配信サイト)
(6/15と6/16はParaviでライブ配信があるため配信がブロックされ視聴できない可能性があります。)

金土日とも10:00からT1とT2、またはT1(日曜)の配信があります。

  このページでは試合結果なども確認できます。
  • Paravi:日本語解説付きでのライブ配信の予定(有料)。
6/15(土)と6/16(日)の10:00から配信があります。

  • Laola(画像は itTV と同じ)
  http://www.laola1.tv/en-int/live-schedule

また、ライブスコアは ITTFの以下ジャパンオープンのページの「Draw & Results」にある「Live Scoring Running now」をクリックして視ることができます。


2019ジャパンオープンイメージ
2019ジャパンオープン