【卓球】 2019ドイツオープン 女子シングルス 決勝トーナメント

 10月7日にドイツオープン女子シングルス決勝トーナメントのシード選手の組み合わせが発表されました。日本選手は平野美宇、石川佳純、伊藤美誠、佐藤瞳がシードです。

10月9日に予選トーナメントが終了し予選通過者の枠が埋まりました。

日本選手は、加藤美優、早田ひな、橋本帆乃香の3選手が予選を通過し、決勝トーナメントの日本選手はシード選手と合わせて7名になりました。


トーナメント表に試合結果と試合動画のリンクを掲載します。

トーナメント表>

試合をクリックすると試合の結果が表示されます。
ビデオアーカイブのある試合にはビデオへのリンクを貼ってあります。

・決勝(10/13)伊藤美誠は孫穎莎に敗れるも2週連続準優勝


伊藤美誠 vs 孫穎莎   1-4 (3-11, 11-9, 5-11, 5-11, 4-11)

決勝戦の詳細はRallysの記事でご覧ください。


孫穎莎のインタビューのコメント(以下の動画):

「私はすべての大会を通して卓球のスキルを高めようと思っています。前回は伊藤美誠との試合で負けてしまいました。その後、彼女の試合を研究しました。彼女との最初の対戦はブダペストでの世界選手権(2019)でした。半年前のブダペストから伊藤美誠も進歩していますし新しい技術も身につけています。彼女はプレースタイル全体が進歩していました。自分にとって、自分のプレースタイルを進歩させざるを得ない対戦相手と戦うのはチャレンジです。今日は自分の作戦のすべてが計画通りに行きました。」


優勝:孫穎莎(中国)、準優勝:伊藤美誠