【卓球】 平野美宇はまさかの1勝3敗でグループ3位 - アジアカップ 1日目結果

 9月15日に2017アジアカップのステージ1が行われたが、平野美宇が格下の杜凱栞(ドゥ。ホイカン、香港)に負け、1勝2敗でグループ3位となった。無条件でステージ2に進出できる2位以内に入れずグループ3位となり、翌日にステージ2進出を賭けた決定戦を行うことになった。

1. ステージ1の結果

・女子

 選手名1  2 3 4 勝負  点順位 
 (グループ1)
 1 朱雨玲(中国)
 3-0 3-0 3-0  3  0  6 1
 2 平野美宇 0-3 2-3 3-1  1 2   4 3
 3杜凱栞(香港) 0-33-2 3-0  2 1   5 2
 4 ユ・モンユ(SGP) 0-3 1-3 0-3  0 3   3 4
 (グループ2)
 1
 劉詩ウェン(中国) 3-0 3-0 3-1  3 0  6 1
 2鄭怡静(台湾) 0-3 3-0 3-1  2  1  5 2
 3 ヤン・ハウン(韓国) 0-3 0-3 2-3  0  3  3
 4
 4李皓晴(香港) 1-3 1-3 3-2  1  2  4 3
 (グループ3)
 1
 石川佳純 3-1 3-2 3-0  3 0
 6
 1
 2 フェン・ティアンウェイ(SGP) 1-3 2-3 2-3  0  3  3 4
 3 セオ・ヒョウオン(韓国) 2-3 3-2 1-3  1  2  4 3
 4 陳思羽(台湾) 0-3 3-2 3-1  2  1  5 2
 (グループ4)
 1サウェタバット・スタシーニ(タイ) 2-33-0  3-0  2  1  5 2
 2 バトラ・マニカ(インド) 3-2 3-0 3-0  3  0  6 1
 3 モハメッド・アイア(カタール) 0-3 0-3 0-3  0  3  3 4
 4シャーサバリ・ネダ(イラン) 0-3 0-3 3-0 1 2 4 3

(日本選手の詳細なスコアはこちらのページをご覧ください。)

 平野美宇が中国の朱雨玲に勝つことを期待していたので、朱雨玲にストレートで負けたことも残念でしたが、世界ランキング32位の杜凱栞(香港)に負けてしまったのは予想外で、グループで3位になってしまったのはショックでした。幸い今日の決定戦で勝てばステージ2には進出でき、対戦相手はグループ4の1位のバトラ・マニカで世界ランキング119位なのでさすがに負けることはないと思います。

 朱雨玲はさすが気合が入っているようで1ゲームも落とさずにステージ1を終えました。劉詩ウェンは、1ゲーム落としましたがやはり3勝で1位通過です。

 石川佳純も、今年4月の韓国オープンの決勝で負けたシンガポールのフェン・ティアンウェイにも勝ち3勝で1位通過でした。そのフェン・ティアンウェイは、一昨年の優勝者なのですがよっぽど調子が悪かったようで1勝もできず4位でステージ2に進めませんでした。

・男子

2017AsianCup Stage1 Result
2017アジアカップ男子ステージ1の結果

 男子は水谷隼と丹羽孝季が揃って1位で通過しました。丹羽孝季は前回優勝者の中国の樊振東(世界ランキング2位)と同じグループだったのですが、樊振東が台湾の陳建安(世界ランキング45位)に負けて丹羽孝季と同じ2勝1敗でした。あとは、水谷隼と同じグループの中国の林高遠も2位でステージ2に進出しました。