【卓球】 平野美宇、石川佳純が参戦、2017女子ワールドカップ(10/27~10/29)

 いよいよ女子ワールドカップが10月27日から始まります。ステージ1の組み合わせが前日の26日に決まり決まったので組み合わせと試合時間をまとめました。

 ステージ2でのシード選手8名の対戦相手は初日のステージ1のあとで決まります。グループ1位の選手がシード5位~8位の選手と、グループ2位の選手がシード1~4位の選手とステージ2の1回戦で当たります。ステージ1で1位通過か2位通過かでステージ2で2回戦に進める可能性が違ってきます。

1. ステージ1組み分け

ステージ1(グループステージ)が終わり順位が以下のように決まりました。赤字はステージ2(決勝トーナメント)進出者です。ステージ1終了後にシード上位8選手とステージ1からの進出は8選手、合わせて16選手による決勝トーナメントの組み合わせ抽選会が行われました。結果のはこちらの決勝トーナメントの組み合わせのページをご覧ください。

 番号 選手1  2 3 ポイント 順位
グループA
 1セオ・ヒョウオン(韓国)4-0
4-1
4
1
 2チャン・モー(カナダ)0-4
4-3
 3 2
 3リリー・チャン(米国)1-43-4
23
グループB
 1ゲオルギナ・ポータ(HUN)4-24-1
 41
 2マチルダ・エクホルム(SWE)2-44-0 2
2
 3レイ・ジャン・ファン(AUS)
1-40-41
 3
 グループC
 1陳思羽(台湾)4-04-0 4 1
 2李皓晴(香港)0-4
 4-03
2
 3ポーリーナ・ベガ(チリ)0-4
0-423
 グループD
 1リュウ・ジャ(オーストリア)4-04-0 41
 2サビーン・ウィンター(ドイツ)0-4
0-4 2 3
 3ディナ・メシュレフ(エジプト)0-4
0-4 32

(メモ)HUN=ハンガー、SWE=スウェーデン、AUS=オーストラリア

 番狂わせはグループDのエジプトのディナ・メシュレフです。リュウ・ジャとの試合を見て、まったく面白みもなくドイツのウィンターが圧倒して勝つだろうと思って試合も視てませんでしたが、なんと逆にウィンターにストレートで勝ってしまい、世界ランキング103位でステージ2(決勝トーナメント)に進出しました。

 惜しかったのは、グループAの米国のリリー・チャンです。

おもろかったら「ええやん」してや。Tweetでもええで。