【卓球】 2019アジア選手権 女子シングルス

 シングルスは1か国5選手までが出場できます。日本からは、平野美宇、石川佳純、佐藤瞳、芝田沙季、加藤美優の5選手が出場します。


個人戦の共通ページの「試合方式」にも書きましたが、アジア選手権の女子シングルスは出場選手が101名でR128(ベスト128)でのラウンドが1回戦になり、1回戦は37試合行われ、27選手は1回戦はありません(9/16時点のデータ)。2回戦(R64)からは全試合が行われます。


第16シードまでの選手のドローが発表されたのでトーナメント表を記載します。第32シードまで選手のリストはこちらを、トーナメントのドロー方式についてはこちらを参照してください。

[2019/09/18]1回戦が終わったので2回戦以降の全選手を記載しました


以下のトーナメント表に試合スケジュールおよび結果を記載します。


・女子シングルスの試合スケジュール

日 (曜日) 日本時間 (現地時間)ラウンド 
 9/18(水) 16:30(14:30)~19:00(17:00) 1回戦(ベスト128)
 9/19(木)19:00(17:00)~20:30(18:30)  2回戦(ベスト64)
9/20(木) 12:00(10:00)~13:20(11:20) 3回戦(ベスト32)
17:20 (15:20)~18:40(16:40) 4回戦(ベスト16)(4試合ずつ)

20:30(18:30)~21:50(19:50)準々決勝(2試合ずつ)
 9/21(土)16:20(14:20)~17:40(15:40)準決勝(1試合ずつ)
 22:00(20:00)~22:45(20:45) 決勝、表彰式

1. トーナメント表

トーナメント表は上位シード選手が登場する2回戦(R64)からになっています。

試合をクリックすると試合のスケジュールまたは結果が表示されます。

T1の試合のみライブ配信があります(ライブ配信の視聴方法はこちら)。

ビデオアーカイブのある試合にはビデオへのリンクを張ってあります。

最上部の黒い帯タイトルをクリックすると全画面表示されます。

・1回戦(9/18)芝田沙季が1回戦突破、2回戦からは全選手が出場


・2回戦(9/19)全員が勝って3回戦に進出

石川佳純が実際の実力がわからない北朝鮮の選手との対戦でゲームオールまでもつれる試合で肝を冷やしたが最終ゲームは力の差を見せて勝ち切った。他の選手は、芝田沙季が台湾の鄭先知に1ゲーム目を取られたものの危なげなく勝って全員が3回戦に進んだ。

9/20は、3回戦、4回戦、準々決勝が一気に行われる。


優勝:孫穎莎(中国)、準優勝:劉詩雯(中国)