【卓球】2018ドイツオープン予選(第2ステージ)

 3月20日と21日で行われた男子と女子のシングルスの予選第1ステージが終わり、今日3/22は最終の予選通過選手を決める予選第2ステージが行われました。


 第2ステージはトーナメント方式で本戦に進出する16選手が決まるまで行い、16選手が決まればそれ以上は行いません。

 今回の女子の予選通過選手は30名、男子は50名なので、女子は不戦勝ないしは1回の決定戦のみ、男子は1回戦と2回戦、または2回戦のみの試合となります。


 日本選手は女子が5名、男子が6名第2ステージに進みました。

 では、第2ステージの結果を見ていきます。

<女子シングルス 予選 第2ステージ>

 女子は第1ステージでグループ1位通過は30名なので2名は不戦勝で14試合のみ行い、本戦進出の16選手が決まります。


以下は日本選手の対戦相手と結果です。なお、佐藤瞳は不戦勝で本戦進出を確定させています。(カッコ内は3月の世界ランキングです)


橋本帆乃香(23) vs マテロバ(67、チェコ)  4-1 (4, 8, 5, -9, 9)

芝田沙季(24) vs パルティカ(73、ポーランド) 4-1 (-9, 9, 5, 10, 10)

浜本由惟(28) vs 鄭先知(45、台湾)  3-4 (-5, 11, -9, 6, 6, -13, -8)

大藤沙月(273) vs A. ディアス(40、プエルトリコ)   4-1 (8, 4, -6, 8, 6)


橋本帆乃香と芝田沙季は順当に勝ちました。浜本由惟はゲームカウント3-2で王手をかけた第6ゲームがデュースまで行ったのですが取れず、最終ゲームも取られ惜しかったですが本戦に進めませんでした。

大藤沙月は、予選第1ステージで森薗美月が2-4で敗れた相当な格上相手に4-1で勝ってしまいました。第1ステージで世界ランキング27位でヨーロッパチャンピオンのスッチを破ったことを考えると実際には世界ランキング50位以内の実力がありそうです。同じ中学生の長崎美柚、木原美悠とともに新黄金世代を形成しそうです。

<男子シングルス 予選 第2ステージ>

 男子は第1ステージでグループ1位通過は50名なので14名は1回戦不戦勝で1回戦は18試合が行われ、1回戦の勝者と不戦勝の14名の合計32選手で2回戦16試合を行い、本戦進出の16選手が決まります。


 日本選手で1回戦が不戦勝になったのは吉村真晴、𠮷田雅己、上田仁です。及川瑞基、森園政崇、木造勇人は1回戦からです。


以下は試合の対戦相手と結果です。

(カッコ内は3月の世界ランキングです)


<1回戦から>

及川瑞基(125) vs スカチコフ(96、ロシア)   3-4 (11,-5,10,-5,5,-7,-5)

森園政崇(57) vs トキッチ(117、スロベニア)   4-0 (7,7,7,6)

木造勇人(65) vs 廖振珽(43、台湾)  2-4 (7,7,-3,-8,-5,-9)


<2回戦から>

吉村真晴(20) vs 林昀儒(108台湾)    4-1 (-8, 7, 8, 6, 9)

𠮷田雅己(273) vs 金東賢(100韓国)    4-2 (9, -7, 7, 10, -6, 9)

上田仁(23) vs 森園政崇    4-2 (7, 5, 11, -4, -12, 9)


上田仁は第1ステージでも町飛鳥と同じグループになっています。今回は、どうも日本人と合ってしまうようです。

おもろかったら「ええやん」してや。Tweetでもええで。