【卓球】 2019世界選手権(個人戦)(4/21~4/28)

 来月の21日から世界選手権がハンガリーのブダペストで始まります。卓球の世界選手権は、西暦の偶数年に団体戦、奇数年に個人戦を行っています。今年は、奇数年なので個人戦が行われます。一昨年の個人戦では平野美宇のシングルス銅メダル、石川佳純/吉村真晴ペアの混合ダブルス金メダル、伊藤美誠/早田ひなペアの女子ダブルス銅メダルとメダルラッシュに沸きました。今年も、たくさんのメダルが取れることを期待しています。


 今年の大会では、男子と女子のシングルス、男子と女子のダブルス、そして混合ダブルスの5種目が行われます。そして、3月に入って各国で各種目の代表選手が決まりはじめました。

日本でも、1月の世界ランキング発表により上位2選手の出場が決まり、全日本卓球選手権で優勝者の水谷隼、さらにその後に日本卓球協会の推薦による出場選手が決まりました。そして、最後の1枠を掛けて最終選考会が3月2日に行われ今年の世界選手権に出場する5選手が次のように決定しました。

 女子男子 
石川佳純(1月世界ランキング1位)張本智和(1月世界ランキング1位)
伊藤美誠(1月世界ランキング2位)丹羽孝希(1月世界ランキング2位)
平野美宇(日本卓球協会推薦)水谷隼(全日本選手権優勝)
佐藤瞳(日本卓球協会推薦)吉村和弘(日本卓球協会推薦)
加藤美優(最終選考会優勝) 森薗政崇(最終選考会優勝)

(選手名をクリックすると詳細な選手データが表示されます)

また、3月9日に各ダブルスの代表も以下のように発表されました。

 男子ダブルス 森薗政崇/大島祐哉 張本智和/木造勇人
 女子ダブルス 伊藤美誠/早田ひな 佐藤瞳/橋本帆乃香
 混合ダブルス 石川佳純/張本智和 伊藤美誠/森薗政崇

ITTFの世界選手権のページをはじめ、世界選手権の情報がいろいろ集まってきたので、今年の世界選手権の日程試合方式出場選手ライブ配信の視聴方法についてまとめておきたいと思います。

1. 大会日程

 日付種目/ラウンド 
 4/21(日)混合ダブルス 予選ラウンド(1回戦(R128)、2回戦(R64))
 男子女子シングルス 予選グループ(第1戦、第2戦)
4/22(月) 男子女子ダブルス 予選ラウンド(1回戦(R128)、2回戦(R64))
男子シングルス 予選ラウンド(第3戦)、予選決定戦(16戦のみ)
女子シングルス 予選ラウンド(第3戦)
混合ダブルス 決勝トーナメント 1回戦(R64)、2回戦(R32)
男子女子ダブルス 1回戦(R64)
 4/23(火)男子女子シングルス 決勝トーナメント 1回戦(R128)、2回戦(R64)
男子女子ダブルス 決勝トーナメント 2回戦(R32)
 4/24(水)混合ダブルス 決勝トーナメント 3回戦(16)、準々決勝
女子シングルス 決勝トーナメント 3回戦(R32)、4回戦(R16)
男子シングルス 決勝トーナメント 3回戦(R32)
4/25(木) 男子シングルス 決勝トーナメント 4回戦(R16)
女子シングルス 決勝トーナメント 準々決勝
男子女子ダブルス 決勝トーナメント 準々決勝
混合ダブルス 決勝トーナメント 準決勝
 4/26(金)女子シングルス 準決勝男子シングルス 準々決勝
混合ダブルス 決勝男子ダブルス 準決勝
 4/27(土)男子ダブルス 決勝女子ダブルス 準決勝
女子シングルス 決勝男子シングルス 準決勝
 4/28(日)男子シングルス 決勝
女子ダブルス 決勝

2. 試合方式

本大会でのシングルスは次の方式で行われます。


  1. すべての試合は7ゲームマッチ
  2. 決勝トーナメント(本戦)は128枠(シード64選手+予選通過64選手)で開始
  3. 予選は3~4人のグループリーグで争う(グループ数が64を超える場合はグループ勝者による決定戦を行う)
  4. 予選グループおよび決勝トーナメントの1回戦では同じ国/団体の選手の組み合わせはない
  5. シード順は2019年4月の世界ランキングに基づく

ダブルスは次の方式で行われます。

  1. 予選トーナメントの試合は5ゲームマッチ、決勝トーナメントの試合は7ゲームマッチ
  2. 決勝トーナメント(本戦)は64枠(シード32ペア+予選通過32ペア)で開始
  3. ダブルスの予選はトーナメント形式(ノックダウン)
  4. 予選/決勝トーナメントの1回戦では同じ国/団体のペアは対戦しない
  5. シード順は2019年4月の世界ランキングに基づく

3. 出場選手

現在分かっている日本以外の出場選手は以下のとおりです。なお、順位は3月の世界ランキング、年齢は開催日初日の年齢です。また、オレンジ色の選手名はクリックすると詳細な選手の情報が表示されます。

3.1 シングルス

<女子シングルス>

  • 中国(CHN)
  • 香港 (HKG)
  • 台湾 (TPE)
  • 韓国 (KOR)
  • シンガポール (SGP)
  • スウェーデン (SWE)
  • ドイツ (GER)
  • ルーマニア (ROU)
  • ロシア (RUS)
中国(CHN)
丁寧 (DING Ning)
 1位、28歳、左攻撃 2017世界卓球シングルス優勝
劉詩雯 (LIU Shiwen)
 5位、28歳、右攻撃 2015ワールドカップ優勝
陳夢 (CHEN Meng)
 3位、25歳、右攻撃 2018グランドファイナル優勝
王曼昱 (WANG Manyu)
 6位、20歳、右攻撃 2018中国オープン優勝
孫穎莎 (SUN Yingsha)
 18位、18歳、右攻撃 2017ジャパンOP優勝
香港 (HKG)
台湾 (TPE)
韓国 (KOR)
シンガポール (SGP)
スウェーデン (SWE)
ドイツ (GER)
ルーマニア (ROU)
ロシア (RUS)
 その他の主な女子選手名 国 実績

<男子シングルス>

  • 中国(CHN)
  • 香港 (HKG)
  • 台湾 (TPE)
  • 韓国 (KOR)
  • シンガポール (SGP)
  • スウェーデン (SWE)
  • ドイツ (GER)
  • ハンガリー (HUN)
中国(CHN)
馬龍 (MA Long)
 12位、30歳、右攻撃 2017世界卓球シングルス優勝
樊振東 (FAN Zhendong)
 1位、28歳、右攻撃 2018ワールドカップ優勝
許昕 (XU Xin)
 2位、29歳、左攻撃ペン 2018オーストラリアOP優勝
林高遠 (LIN Gaoyuan)
 3位、23歳、左攻撃 2019ハンガリーOP優勝
梁靖崑 (LIANG Jingkun)
 13位、22歳、右攻撃 2018オーストリアOP優勝
香港 (HKG)
台湾 (TPE)
韓国 (KOR)
シンガポール (SGP)
スウェーデン (SWE)
ドイツ (GER)
ハンガリー (HUN)
 その他の主な男子選手名 国データ
カルデラノ(Calderano, Hugo) ブラジル 6位、2019パンナムカップ優勝

3.2 ダブルス

<女子ダブルス>

 中国 陳夢/朱雨玲王曼昱/孫穎莎

<男子ダブルス>

 中国 馬龍/王楚欽梁靖崑/林高遠 

<混合ダブルス>

 中国劉詩雯/許昕 丁寧/樊振東

4. ラ イブ配信の視聴方法

 以下のサイトでライブ配信がある可能性があります(今回配信対象の卓球台(Table)はTable 1(T1)~Table 4(T4) と思われます)。ハンガリーのブダペストは日本と7時間時差(3/25より夏時間に入るので)があり、日本が7時間早いです。つまり、現地の10時は日本の17時になりますので注意が必要です。


 世界卓球選手権は毎年テレビ東京系列でのテレビ中継があります。まだ詳細はスケジュールはわかりませんが、かなりの時間を割いて中継があると思います。
 テレビ中継でカバーしきれい試合はインターネット配信でカバーされると思いますが、最近はYouTubeのテレビ東京卓球チャンネルで配信されることが多いです
 テレビ東京ホームページの「テレビ東京卓球NEWS」でもYouTubeと同じ配信と、配信以外にライブスコアやニュースなども視ることが出来ます。
(注)テレビ東京卓球チャンネルでの配信がある場合、itTV、Laolaでは日本選手の試合はブロックされることがあります。

  • itTV(ITTF(国際卓球連盟)の配信サイト)
  https://tv.ittf.com/
  • Laola
  http://www.laola1.tv/en-int/live-schedule

また、ライブスコアは ITTFの2019世界卓球選手権のページの「Draw & Results」にある「Live Scoring Running now」をクリックして視ることができます。