2019世界卓球選手権4日目は、日本にとって厳しい日となった。

実質本戦1日目の4月23日は男子シングルス2回戦で吉村和弘、男子ダブルス2回戦で森薗政崇/大島祐哉ペアが敗れたもののほかの選手は順当に勝ち上がった。

しかし、さらにラウンドが進み強い選手に絞られる4月24日は、男子シングルスで水谷隼と森薗政崇、女子シングルスで石川佳純、伊藤美誠、佐藤瞳、男子ダブルスで張本智和/木造勇人ペア、混合ダブルスで森薗政崇/伊藤美誠ペアが敗れ、出場選手の約半分が敗退してしまった。



【卓球】 2019世界選手権(個人戦)(4/21~4/28)

 来月の21日から世界選手権がハンガリーのブダペストで始まります。卓球の世界選手権は、西暦の偶数年に団体戦、奇数年に個人戦を行っています。今年は、奇数年なので個人戦が行われます。一昨年の個人戦では平野美宇のシングルス銅メダル、石川佳純/吉村真晴ペアの混合ダブルス金メダル、伊藤美誠/早田ひなペアの女子ダブルス銅メダルとメダルラッシュに沸きました。今年も、たくさんのメダルが取れることを期待しています。


 今年の大会では、男子と女子のシングルス、男子と女子のダブルス、そして混合ダブルスの5種目が行われます。そして、3月に入って各国で各種目の代表選手が決まりはじめました。

日本でも、1月の世界ランキング発表により上位2選手の出場が決まり、全日本卓球選手権で優勝者の水谷隼、さらにその後に日本卓球協会の推薦による出場選手が決まりました。そして、最後の1枠を掛けて最終選考会が3月2日に行われ今年の世界選手権に出場する5選手が次のように決定しました。

 女子男子 
石川佳純(1月世界ランキング1位)張本智和(1月世界ランキング1位)
伊藤美誠(1月世界ランキング2位)丹羽孝希(1月世界ランキング2位)
平野美宇(日本卓球協会推薦)水谷隼(全日本選手権優勝)
佐藤瞳(日本卓球協会推薦)吉村和弘(日本卓球協会推薦)
加藤美優(最終選考会優勝) 森薗政崇(最終選考会優勝)

(選手名をクリックすると詳細な選手データが表示されます)

また、3月9日に各ダブルスの代表も以下のように発表されました。

 男子ダブルス 森薗政崇/大島祐哉 張本智和/木造勇人
 女子ダブルス 伊藤美誠/早田ひな 佐藤瞳/橋本帆乃香
 混合ダブルス 石川佳純/吉村真晴 伊藤美誠/森薗政崇

[2019/4/9追記:張本智和が怪我のため混合ダブルスの出場を取り止め、代わりに吉村真晴がの石川佳純とペアを組んで出場することになりましたので反映しました。

ITTFの世界選手権のページをはじめ、世界選手権の情報がいろいろ集まってきたので、今年の世界選手権の日程試合方式出場選手ライブ配信の視聴方法についてまとめておきたいと思います。

1. 大会日程

 日付種目/ラウンド 
 4/21(日)混合ダブルス 予選ラウンド(1回戦(R128)、2回戦(R64))
 男子女子シングルス 予選グループ(第1戦、第2戦)
4/22(月) 男子女子ダブルス 予選ラウンド(1回戦(R128)、2回戦(R64))
男子シングルス 予選ラウンド(第3戦)、予選決定戦(16戦のみ)
女子シングルス 予選ラウンド(第3戦)
混合ダブルス 決勝トーナメント 1回戦(R64)、2回戦(R32)
男子女子ダブルス 1回戦(R64)
 4/23(火)男子女子シングルス 決勝トーナメント 1回戦(R128)、2回戦(R64)
男子女子ダブルス 決勝トーナメント 2回戦(R32)
 4/24(水)混合ダブルス 決勝トーナメント 3回戦(16)、準々決勝
男子女子ダブルス 決勝トーナメント 3回戦(R16)
女子シングルス 決勝トーナメント 3回戦(R32)、4回戦(R16)
男子シングルス 決勝トーナメント 3回戦(R32)
4/25(木) 男子シングルス 決勝トーナメント 4回戦(R16)
女子シングルス 決勝トーナメント 準々決勝
男子女子ダブルス 決勝トーナメント 準々決勝
混合ダブルス 決勝トーナメント 準決勝
 4/26(金)女子シングルス 準決勝男子シングルス 準々決勝
混合ダブルス 決勝男子ダブルス 準決勝
 4/27(土)男子ダブルス 決勝女子ダブルス 準決勝
女子シングルス 決勝男子シングルス 準決勝
 4/28(日)男子シングルス 決勝
女子ダブルス 決勝

2. 試合方式

本大会でのシングルスは次の方式で行われます。


  1. すべての試合は7ゲームマッチ
  2. 決勝トーナメント(本戦)は128枠(シード64選手+予選通過64選手)で開始
  3. 予選は3~4人のグループリーグで争う(グループ数が64を超える場合はグループ勝者による決定戦を行う)
  4. 予選グループおよび決勝トーナメントの1回戦では同じ国/団体の選手の組み合わせはない
  5. シード順は2019年4月の世界ランキングに基づく(シード順リスト

ダブルスは次の方式で行われます。

  1. 予選トーナメントの試合は5ゲームマッチ、決勝トーナメントの試合は7ゲームマッチ
  2. 決勝トーナメント(本戦)は64枠(シード32ペア+予選通過32ペア)で開始
  3. ダブルスの予選はトーナメント形式(ノックダウン)
  4. 予選/決勝トーナメントの1回戦では同じ国/団体のペアは対戦しない
  5. シード順は2019年4月の世界ランキングに基づく

3. 出場選手

4月5日時点の出場選手の内訳は以下のとおりです。

 出場選手数シード選手数  予選G数予選数 予選通過者数 
 女子シングルス 248 6461*
---- 64
 男子シングルス 310 64 80 1Rx16 64
女子ダブルス  105(ペア) 32 ---- 2R 32
 男子ダブルス 129(ペア) 32 ---- 2R 32
混合ダブルス  145(ペア) 32 ---- 2R 32

(メモ)予選G数=予選グループ数(3人または4人のグループ)、「予選数」の「1Rx16」は1回戦のみ16試合行うことを、「2R」はトーナメント形式で2回戦まで行われることを意味します。

*女子シングルスはグループ1位だけでは64人にならないので、残り3人がグループ2位から選ばれます。

主要な出場選手

現在分かっている日本以外の出場選手は以下のとおりです。なお、順位は4月の世界ランキング、年齢は開催日初日の年齢です。また、オレンジ色の選手名はクリックすると詳細な選手の情報が表示されます。

3.1 シングルス

国名のタブをクリックすると切り替わります。オレンジの選手名をクリックすると詳細情報が表示されます。

<女子シングルス>

  • 中国(CHN)
  • 香港 (HKG)
  • 台湾 (TPE)
  • 韓国 (KOR)
  • シンガポール (SGP)
  • スウェーデン (SWE)
  • ドイツ (GER)
  • ルーマニア (ROU)
  • ロシア (RUS)
中国(CHN)
丁寧 (DING Ning)
 1位、28歳、左攻撃 2017世界卓球シングルス優勝
劉詩雯 (LIU Shiwen)
 5位、28歳、右攻撃 2015ワールドカップ優勝
陳夢 (CHEN Meng)
 3位、25歳、右攻撃 2018グランドファイナル優勝
王曼昱 (WANG Manyu)
 4位、20歳、右攻撃 2018中国オープン優勝
孫穎莎 (SUN Yingsha)
 29位、18歳、右攻撃 2017ジャパンOP優勝
香港 (HKG)
台湾 (TPE)
韓国 (KOR)
シンガポール (SGP)
スウェーデン (SWE)
ドイツ (GER)
ルーマニア (ROU)
ロシア (RUS)
 その他の主な女子選手名 国 実績
キム・ソンイ 北朝鮮 16位、リオ五輪個人銅メダル
ポルカノバ オーストリア 19位
アメリア・ソルヤ オーストリア 65位
チャン・モー カナダ 25位
リ・ジエ オランダ 27位
スターシニー・サウェッタブット タイ 28位
ニー・シャーリエン(倪夏蓮) ルクセンブルグ 46位
アドリアナ・ディアス プエルトリコ 31位

<男子シングルス>

  • 中国(CHN)
  • 香港 (HKG)
  • 台湾 (TPE)
  • 韓国 (KOR)
  • オーストリア (AUT)
  • スウェーデン (SWE)
  • ドイツ (GER)
  • ハンガリー (HUN)
  • イングランド (ENG)
  • フランス (FRA)
中国(CHN)
馬龍 (MA Long)
 11位、30歳、右攻撃 2017世界卓球シングルス優勝
樊振東 (FAN Zhendong)
 1位、28歳、右攻撃 2018ワールドカップ優勝
許昕 (XU Xin)
 2位、29歳、左攻撃ペン 2018オーストラリアOP優勝
林高遠 (LIN Gaoyuan)
 3位、23歳、左攻撃 2019ハンガリーOP優勝
梁靖崑 (LIANG Jingkun)
 9位、22歳、右攻撃 2018オーストリアOP優勝
香港 (HKG)
台湾 (TPE)
韓国 (KOR)
オーストリア (AUT)
スウェーデン (SWE)
ドイツ (GER)
ハンガリー (HUN)
イングランド (ENG)
フランス (FRA)
 その他の主な男子選手名 国データ
カルデラノ(Calderano, Hugo) ブラジル 6位、2019パンナムカップ優勝
サムソノフ (Vladimir Samsonov)
 ベラルーシ 20位、2017オーストラリアOP MS優勝
クアドリ・アルナ
 ナイジェリア 23位
サティアン・グナナセカラン インド 28位
ヨナサン・グロート デンマーク 36位

3.2 ダブルス

<女子ダブルス>

 中国 陳夢/朱雨玲王曼昱/孫穎莎
 香港 杜凱栞/李皓晴呉穎嵐/蘇慧音
 台湾 鄭怡静/陳思羽 鄭先知/劉昱昕
 韓国 田志希/李ジオン 劉恩寵/崔孝珠

<男子ダブルス>

 中国 馬龍/王楚欽梁靖崑/林高遠 
 香港黃鎮廷/何鈞傑 呉柏男/林兆恒
 台湾 荘智淵/陳建安林昀儒/王泰崴
 韓国李尚洙/鄭 栄植張禹珍/朴康賢

<混合ダブルス>

 中国劉詩雯/許昕 丁寧/樊振東
 香港 杜凱栞/黃鎮廷李皓晴/何鈞傑
台湾  鄭怡静/林昀儒鄭先知/彭王維
韓国 田志希/李尚洙 崔孝珠/張禹珍

4. 獲得できるポイント

今大会の最終結果で獲得できる世界ランキング用のポイントは以下のとおりです(予選からの日本選手がいないため予選のポイントは省略しています)。

結果 ポイント
 優勝 3000
 準優勝 2550
 準決勝敗退 1950
 準々決勝敗退 1500
 4回戦(R16)敗退 1200
 3回戦(R32)敗退 900
 2回戦(R64)敗退 600
 1回戦(R128)敗退 450

5. ラ イブ配信の視聴方法

 以下のサイトでライブ配信がある可能性があります(今回配信対象の卓球台(Table)はTable 1(T1)~Table 8(T8) です)。ハンガリーのブダペストは日本と7時間時差(3/31より夏時間に入るので)があり、日本が7時間早いです。つまり、現地の10時は日本の17時になりますので注意が必要です。


 世界卓球選手権は毎年テレビ東京系列でのテレビ中継があります。
 以下の放送予定があります。

4/23(火) テレビ東京系列 18:55~ 女子シングルス1回戦ほか
                BSテレ東             20:54~ 男子シングルス1回戦ほか
    4/24(水) BSテレ東             17:00~ 混合ダブルス3回戦、女子シングルス3回戦
                   テレビ東京系列  18:55~ 女子・男子シングルス3回戦
    4/25(木) BSテレ東             17;58~ 男子シングルス4回戦
                   テレビ東京系列  21:00~ 男子・女子シングルス4回戦
                   BSテレ東             22:48~ 女子シングルス準々決勝
                   テレビ東京系列  26:04~ 男子・女子ダブルス準々決勝ほか
        (注)放送時間は変更になることがあります。
  最終日までの詳細な放送スケジュールはこちらで確認してください。

 テレビ中継でカバーしきれい試合はインターネット配信でカバーされます。
    テレビ東京卓球チャンネルでの配信予定はこちらで確認してください。
[2019/4/26追記]YouTubeテレ東での配信は4/24までのようで4/25以降はParaviの独占配信となるようです。
 テレビ東京ホームページの「テレビ東京卓球NEWS」でもYouTubeと同じ配信と、配信以外にライブスコアやニュースなども視ることが出来ます。また、このページは試合のスケジュールや試合結果も確認できます。
     また、Paraviでは
(注)テレビ東京卓球チャンネルでの配信がある場合、itTV、Laolaでは日本選手の試合はブロックされることがあります。

  • 動画配信サービスParavi
     テレビ東京卓球チャンネルと同じ配信に加えて、オリジナルの日本語解説付きの配信があります(例:4/22深夜の混合ダブルス1回戦など)
[2019/4/26追記]4/25以降は日本選手の試合のライブ配信はParaviのみとなるようです。
    詳細な配信予定はこちらで確認してください。

  • itTV(ITTF(国際卓球連盟)の配信サイト)
  https://tv.ittf.com/
  • Laola
  http://www.laola1.tv/en-int/live-schedule

また、ライブスコアは ITTFの2019世界卓球選手権のページの「Draw & Results」にある「Live Scoring」をクリックして視ることができます。