【卓球】日本は全勝で決勝トーナメント進出 - 2018ユースオリンピック 混合チーム

2018ユースオリンピックの卓球競技では、10月11日で男女のシングルスのメダルが確定したが、これに続き10月12日から男女1名ずつでチームを組む混合チーム戦が行われます(詳細なスケジュールはこちらのページをご覧ください)。


混合チームもシングルス同様32チームが出場し、予選グループステージ(10/12,13)と決勝トーナメント(10/14,15)でメダルを競います。日本は平野美宇と張本智和がチームを組みます。中国はシングルスで金メダルを獲得した孫穎莎と王楚欽がチームを組むので、混合チームもやはりこの2チームの争いになると思われます。


このページでは、混合チームの競技方法、予選グループステージの組み合わせと結果、日本チームの試合スケジュールと結果について説明します。

1. 混合チームの競技方法

「混合チーム」種目は男女1名ずつで組む団体戦で女子・男子シングルスに選ばれた選手同士でペアを組みます。原則、同じ国の選手同士で組みますが、同じ国の選手がいない場合、他の国の選手とペアを組むことも可能です。その場合、まず同じ大陸(地域)の選手、違う大陸の選手の順に選択できます。

「混合チーム」戦の対戦は次の3試合を行って勝敗を決めます。


  • 女子シングルス
  • 男子シングルス
  • 混合ダブルス


「混合チーム」の試合はすべて、11ポイント先取の5ゲームマッチです。予選グループステージでは3試合すべてを行います(決勝トーナメントでは、2勝した時点で勝敗が決まるので混合ダブルスは戦わない可能性があります)。
なお、混合チームのペアとシードのリストはこちらのページ(英語)のリストをご覧ください。

2. 予選グループステージの組み合わせ

赤色のチーム名は決勝トーナメント進出確定のチームです。

チーム(シード順)  女子選手 男子選手 12  3 4Point
 順位
 グループA
 1日本(1) 平野美宇 張本智和3-0  3-0 3-0 6 1
 2シンガポール (15)
 GOI Rui Xuan
 PANG Yew E.K.
0-3 1-2  0-3 33 
 3 国際4(18) パブロビッチ(CRO) BETANCOR(ARG) 0-3 2-1 0-3 4 4
 4韓国(30) CHOI Haeeun
 趙大成 0-3 3-0 3-0 5 2
 グループB
 1 台湾(2)蘇珮綾林昀儒 2-1 3-0 3-0 6 1
2 ヨーロッパ3(14)BOGDANOVA(BLR)SGOUROPOULOS
(GRE)
1-2  3-0 3-0 5 2
 3 国際1(17) LEE Ka Yee(香港)
 HAMDOUN(TUN) 0-3 0-3 1-2 3 4
 4 国際2(29) LUNDSTROM(FIN) NAYRE J.M. (PHI)
 0-3 0-3 2-1 4 3
グループC
 1 ヨーロッパ1(3) SURJAN(SRB) モアガード(SWE) 3-0 3-0 2-1 6 1
 2 ヨーロッパ2(13) WEGRZYN(POL)KOLODZIEJCZYK
(AUT)
 0-3 3-0 0-3 4 3
 3 ヨーロッパ4(20) BLASKOVA(CZE) STANKEVICIUS
(LTU)
 0-3 0-3 1-2 3 4
 4 北朝鮮(32) PYON Song Gyong
 KIM Song Gun
 1-2 3-0 2-1 5 2
 グループD
 1中国(4)孫穎莎王楚欽 3-0 3-0 3-0 6 1
 2イタリア(16) LAURENTI MUTTI0-3  2-1 3-0 5 2
 3 ドイツ(19) SCHREINER MEISSNER 0-3 1-2 3-0 4 3
 4 ナイジェリア(31) ORIBAMISE SOLANKE0-3  0-3 0-3 3 4
グループE
 1 米国(5) エイミー・ワン カナック・ジャ 1-2 3-0 3-0 5 2
 2ルーマニア(9) ドラゴマン PLETEA 2-1 3-0 3-0 6 1
 3 オセアニア1(23) YEE Grace (FIJ)
 GOULD B.(AUS)
 0-30-3  0-3 3 4
 4 ニュージーL.(25) VONG Hui Ling
 XU Nathan
 0-3 0-3 3-0 4 3
 グループF
 1インド(6) カマス A.G.
 タッカー M.V.
 3-0 0-3 3-0 5 2
 2 フランス(12) GAUTHIER Lucie
 REMBERT Bastien
 0-3 0-3 3-0 4 3
 3アゼルバイJ.(22) NING Jing
 YU Khinhang
 3-0 3-0 3-0 6 1
 4 国際5(26) MORRI(SMR) LORENZO(ARG) 0-3 0-3 0-3 3 4
グループG
 1 南米1(7) A.ディアス(PUR)BURGOS(チリ)
 2-1 1-2 3-0 5 2
 2 タイ(10) Jサウェッタブット PANAGITGUN 1-2 1-2 2-1 4 3
 3ロシア(21) タイラコワ SIDORENKO 2-1 2-1 2-1 6 1
 4 国際3(27) KUKULKOVA(SVK) PAGARANI(BIZ)0-3  1-2 1-2 3 4
 グループH
 1 エジプト(8) ALHODABY ABDEL-AZIZ 0-3 2-1 2-1 5 3
 2ブラジル(11) ブルナ・タカハシ TEODORO Guiherme
 3-0 0-3 2-1 5 2
 3ヨーロッパ5(24) VOVK (SLO)
 URSU (MDA)
 1-2 3-0 2-1 5 1
 4 マレーシア(28) CHANG Li S.A.
 CHOONG Javen
 1-2 1-2 1-2 3 4

(メモ)CRO=クロアチア、ARG=アルゼンチン、TUN=チュニジア、PHI=フィリピン、FIN=フィンランド、POL=ポーランド、AUT=オーストリア、LTU=リトアニア、FIJ=フィジー、AUS=オーストラリア、SMR=サンマリノ、BIZ=ベリーズ、SLO=スロベニア、MDA=モルドバ

3. 日本チームの試合結果

日本チームはすべての試合を3-0で勝って決勝トーナメントに進みました。(すべての試合詳細な結果はこちら(英語))。


第1戦 日本 vs 国際4 3-0

第1試合 平野美宇 vs パブロビッチ 3-0 (11-4, 11-3, 11-7)
第2試合 張本智和 vs BENTANCOR(ARG) 3-1(12-10,11-4,7-11,11-1)
第3試合 混合ダブルス 3-0 (11-6, 11-3,11-1)

第2戦 日本 vs シンガポール 3-0

第1試合 平野美宇 vs Goi Rui Xuan 3-0 (11-3, 11-8, 11-2)
第2試合 張本智和 vs PANG Yew En Koen 3-1 (12-10,12-10,9-11,11-6)
第3試合 混合ダブルス 3-0(11-7,11-4,11-4)

第3戦 日本 vs 韓国 3-0

第1試合 平野美宇 vs CHOI Haeeun 3-0(114,11-6,11-2)
第2試合 張本智和 vs 趙大成 3-0 (11-4,11-8,11-8)
第3試合 混合ダブルス 2-1 (11-9,9-11,12-10,11-9)


T1とT2は卓球台の番号です。T1のみライブ配信があります(ライブ配信の視聴方法についてはこちらのページの最後の項をご覧ください)

[10/12訂正]混合チーム戦は試合のライブ配信はないようです。