【卓球】 2018オーストリアオープン 女子シングルス

 11月8日から2018ワールドツアープラチナ第6戦のオーストリアオープンの決勝トーナメントが始まります。今大会は女子は10月の世界ランキングトップ14までの選手全員が出場しているので、シード選手はその14名と地元オーストリアの2選手の16名で、ほぼ現在最強のトーナメントになっています。日本選手は4選手がシード、中国選手人は6選手がシードです。


ここでは、日本選手の試合のスケジュールと結果、トーナメント表をまとめます。大会全体の日程ライブ配信の視聴方法についてはオーストリアオープンの概要をご覧ください。


予選ラウンドには日本の早田ひな、加藤美優、芝田沙季、橋本帆乃香、中国の孫穎莎、武楊、チェコオープン準優勝の劉高陽、北朝鮮のキム・ソンイなどそうそうたるメンバーがいます。これらの選手から16選手が勝ち抜いて上がって来るので、今大会の決勝トーナメントは厳しいものになることは間違いないでしょう。


すでに、シード選手のドロー(組み合わせ)が決まっているのでここに上げておきます。

[11/8追記]予選の結果が出ましたので、予選からの進出選手の枠を埋めました。

1. 試合のスケジュールと結果

1回戦の結果(11/8)

日本選手はシード4選手と予選からの進出4選手の8選手がいるので仕方がないですが、1回戦で平野美宇と早田ひな、伊藤美誠と長﨑美柚と日本選手同士の対戦が2試合もあります。平野美宇と早田ひなの対戦は今年3月のカタールオープン以来です。このときは、すべてのゲームでデュースになりましたが平野美宇がストレートで勝っています。石川佳純は、久しぶりに1回戦で中国選手との対戦です。

日本選手の試合の結果は以下のとおりです。


石川佳純 vs 何卓佳(中国)     0-4 (5-11, 5-11, 4-11, 4-11)

佐藤瞳 vs スッチ(ルーマニア)        3-4 (10-11,11-8,6-11,11-7,10-12,11-7,10-12)

伊藤美誠 vs 長﨑美柚                      4-1 (11-7, 1-11, 11-6, 11-7, 11-7)

橋本帆乃香 vs アメリア・ソルヤ(オーストリア)  4-0 (11-3, 11-1, 11-5, 11-5)

安藤みなみ vs 鄭怡静(台湾)            1-4 (7-11, 6-11, 11-9, 6-11, 7-11)

平野美宇 vs 早田ひな                      4-3 (6-11,11-6,5-11,11-3,13-11,7-11,11-8)

2回戦の結果(11/9)

日本選手は日本選手同士の対戦が2試合あったことも含め、4選手が1回戦で敗退し2回戦に残ったのは3選手のみと少ないです。2回戦では平野美宇と橋本帆乃香が中国選手との対戦となりました。伊藤美誠は今年何度も王曼昱と対戦し、ついにジャパンオープンで勝ちましたが、平野美宇はシニアでは初対戦でした。


日本選手は3選手とも負けてしまいました。


橋本帆乃香は非常に惜しかったです。朱雨玲は非常にやりにくそうで橋本帆乃香の戦術にはまり交互にゲームを取り合う激戦になり、最終ゲームまでもつれ込みました。最終ゲームも橋本が先に10-8でマッチポイントを握ったのですが、勝ちを意識したのか、朱雨玲が意地を見せたのか、4連続でポイントを奪われ逆転されてしまいました。


平野美宇は、いいところもあり中盤は競り合いましたが、後半はミスが出てしまいました。しかし、攻撃がはまる場面がいくつもあったので来年に向けて徐々に出来上がって来ている感じです。


伊藤美誠は、どうも集中力を欠いている感じに見えます。1回戦の長﨑美柚との対戦でも1-11とされたゲームがありましたが、2回戦も1-11、2-11と圧倒されるゲームがありました。


日本選手の2回戦の結果は次のとおりです。


橋本帆乃香 vs 朱雨玲(中国)          3-4 (8-11,11-8,9-11,13-11,10-12,12-10,10-12)

平野美宇 vs 王曼昱(中国)           1-4 (5-11, 10-12, 14-12, 7-11, 7-11)

伊藤美誠 vs 杜凱栞(香港)               4-2 (11-9, 1-11, 2-11, 11-7, 12-14, 8-11)

 準々決勝/準決勝の結果(11/9、11/10)

準々決勝は中国選手が6選手に香港と台湾が1選手ずつと中国系一色になってしまいました。伊藤美誠が、先週に続いてここに割り込むことが期待されたのですが残念でした。

準々決勝4試合のうち2試合は2日目の11/9の2回戦のあとにすでに行われ、残り2試合は翌大会3日目に行われました。


準々決勝の結果は次のとおりです。


王曼昱(中国) vs 丁寧(中国)          4-3 (11-5,9-11,2-11,11-8,11-6,6-11,11-7)

何卓佳(中国) vs 鄭怡静(台湾)      4-0 (11-3, 11-5, 11-7, 11-4)

朱雨玲 vs 杜凱栞                          4-1 (12-14, 11-6, 11-6,4,5)

劉詩雯(中国) vs 陳夢(中国)          4-0 (14-12, 12-10, 12-10, 12-10)


同日に行われた準決勝の結果は次のとおりです。

1回戦で石川佳純に勝った何卓佳は王曼昱と対戦します。


陳夢 vs 朱雨玲                              4-3 (11-9,9-11,11-8,11-8,8-11,7-11,11-6)

王曼昱 vs 何卓佳                          4-1 (11-5, 9-11, 11-7, 11-2, 11-8)

決勝の結果(11/11)

決勝の結果は次のとおりです。


陳夢 vs 王曼昱                              4-0 (11-8, 11-9,11-4, 11-7)

2.  トーナメント表

対戦をクリックすると試合の予定(開始時刻とテーブル)、または詳細スコア(終了した試合の場合)が表示されます。予定内の「T1」は試合の卓球台(テーブル)の番号で「Table 1」を表します。

また、終了した試合のメモにあるリンクはitTVまたはYoutube(テレ東)の試合のビデオへのリンクです(存在する場合)。クリックするとitTVまたはYoutubeの試合のビデオへジャンプします。itTVを登録(Register)されてない方は登録して視聴してください。現時点では無料です。

トーナメント表の上部の黒いタイトルバーをクリックするとThe Tournamentのサイトでこのトーナメント表を確認できます。

日本選手はシード選手4選手に予選から4選手が加わり、8選手が1回戦にいます。中国選手は予選からの進出が3選手に留まりましたが、それでもシードの6選手と合わせて9選手がいます。

上から2番目の4分の1の山に中国の4選手が固まったものの全体には日本選手も中国選手もばらけています。また、今回はヨーロッパ勢も頑張っています。また、ソルヤ姉妹は姉のアメリア・ソルヤが地元枠でシード、妹のペトリッサ・ソルヤが予選から決勝トーナメントに進出したため姉妹揃っての決勝トーナメントとなりました。