【卓球】 2018中国オープンが開催(2018/5/31-6/3)

 卓球のワールドツアープラチナの第3戦である2018中国オープンの本戦が5月31日から中国の深圳で始まります。本戦に先立って、男女シングルスの予選、男女ダブルスの予選、および混合ダブルスの予選が5月29日から行われます。今大会はワールドツアープラチナなのでワールドツアーよりポイントや賞金が高くなります(詳細はこちら)。しかし、開催地が中国のためなのかヨーロッパからの参加選手は少ないようです。日本からは派遣選手20名、自主参加選手12名の計32選手が参加します。香港オープンに参加しなかった水谷隼、丹羽孝希、張本智和も参加します。中国は、男子は馬龍、樊振東、許昕など主力が参加しますが、陳夢が手術後のために欠場しているほか、劉詩雯も香港オープンの最終日に中国オープンをキャンセルしましたが理由は不明です。それでも、丁寧、朱雨玲、王曼昱などほかの主力選手は出場します。

 また、本大会で目新しいのは混合ダブルス競技が行われることです。これは、東京オリンピックで混合ダブルスが行われることになったことを受けたものと思われます。このため、U21の大会は今回は行われません。


ということで、今回もスケジュールと参加選手についてまとめました。

1. スケジュール

 日付種目/ラウンド 
 5/29(火)女子シングルス 予選(1回戦、2回戦)
男子シングルス 予選(1回戦)
5/30(水) 女子シングルス 予選(3回戦)
子シングルス 予選(2回戦、3回戦)
男子・女子・混合ダブルス 予選
5/31(木) 男子・女子・混合ダブルス 1回戦/準々決勝
男子・女子シングルス 1回戦(前半8試合)
 6/1(金)男子・女子・混合ダブルス 準決勝
女子シングルス 1回戦(後半8試合)/2回戦/準々決勝(前半2試合)
男子シングルス 1回戦(後半8試合)/2回戦
 6/2(土)女子シングルス 準々決勝(後半2試合)/準決勝
男子シングルス 準々決勝/準決勝
混合ダブルス 決勝
 6/3(日) 男子・女子ダブルス 決勝
男子・ 女子シングルス 決勝
 シングルスはシードが16選手で、残りの16枠は予選から進出します。今回は予選から開始する選手は男子117名、女子74名で、予選グループリーグがなく予選も本戦同様トーナメント(男子128R、女子R128)を行い16名まで絞り込んで本戦進出の選手を決定します。つまり、男女とも3回戦を行いベスト16を決め、この16名が本戦に進出します。ダブルスはシードが8ペアで予選で残り8枠を決定します。予選は男子16ペアなので1回戦、女子11ペアなので1回戦を3試合(残り5ペアは不戦勝)、混合は10ペアなので1回戦2試合(残り6ペアは不戦勝)を行い本戦進出の8ペアが決まります。

2. 参加選手

日本選手は以下のとおりです。(太字はシングルスのシード選手)

・女子

平野美宇石川佳純伊藤美誠早田ひな佐藤瞳、加藤美優、橋本帆乃香、芝田沙季、森さくら、浜本由惟、前田美優、木原美悠、長崎美柚、大藤沙月、松平志穂、塩見真希、安藤みなみ、梅村優香

・男子

水谷隼丹羽孝希張本智和松平健太、大島裕哉、吉村真晴、𠮷田雅己、上田仁、森薗政崇、木造勇人、及川瑞基、田中佑汰宇田幸矢柏友貴


 今回は男女共全員シングルスに出場します。また、女子ダブルスはまた伊藤美誠と早田ひな、平野美宇と石川佳純が組みます。男子ダブルスは、大島祐哉と森薗政崇、上田仁と張本智和が組みます。混合ダブルスは、今年の全日本選手権優勝の伊藤美誠/森薗政崇ペアが出場します。日本はすべてのペアがシードになっています。


次に中国選手についても見てみます。

 中国は、劉詩が直前の香港オープン最終日に出場をキャンセルしたほか、陳夢も手術をしたあととかで欠場しました。陳夢は超級リーグでは深圳大学チームに所属しているので超地元の大会に出場できなくて残念だと思います。それでも、地元中国の大会だけあってほかのトップ選手や中堅選手は積極的に参加しているようで、男子14名、女子9名が出場します。


以下に出場する主な選手を挙げます。


女子:丁寧朱雨玲王曼昱陳幸同孫穎莎顧玉婷、武楊車暁曦(Che Xiaoxi)、Liu Fei(劉肥?)

男子:馬龍樊振東許昕林高遠張継科、王楚欽閻安、方博、薛飛梁靖崑(Liang Jingkun)、周愷(Zhou Kai)

3. 見どころ

 今回は中国選手はプラチナ大会であるだけではなく、地元の大会ということもあり力が入っていると思います。やはり、男子は馬龍と樊振東、女子は丁寧と朱雨玲あたりが決勝に絡んでくると思います。

 あとは、予選から上がってくる中国選手がどこに入るかも見どころです。先週の香港オープンでも女子シングルスで予選から本戦に進出した中国の張端や何卓佳が平野美宇だけでなく同じ中国の劉詩雯にも勝ってしまいましたし、昨年平野美宇に5連勝ぐらいしている顧玉婷もいます。男子も先週の香港オープンでは吉村真晴に負けましたが先週からワールドツアーに復帰した張継科、方博、また今年の世界選手権に選出された王楚欽や昨年末の世界ジュニア選手権で優勝した薛飛(シュエ・フェイ)など強い選手が予選から出場します

4.ライブ配信

以下のサイトでライブ配信がある可能性があります(今回配信対象の卓球台(Table)はTable 1(T1)~Table 4(T4) です)。


  • テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/tabletennis/2018/china_op/
  • YouTube テレビ東京卓球チャンネル
  https://www.youtube.com/watch?v=BS1FS5JKyUk
  • itTV(ITTF(国際卓球連盟)の配信サイト)(土・日は配信がブロック)
  https://tv.ittf.com/
  • Laola (土・日は配信がブロック)
  http://www.laola1.tv/en-int/live-schedule

また、ライブスコアは ITTFの以下の中国オープンのページの「Draw & Results」にある「Live Scoring」をクリックして視ることができます。