【卓球】 2019ジャパンオープン 混合ダブルス

 混合ダブルスに出場する日本ペアは、伊藤美誠/丹羽孝希、早田ひな/張本智和の2ペアです。伊藤美誠/丹羽孝希ペアはシードで決勝トーナメントからですが、早田ひな/張本智和ペアは予選からです。


予選は6/13の11:00から行われ、早田ひな/張本智和ペアがプエルトリコのペアに3-0で勝って決勝トーナメント進出を決めました(11-8, 11-7, 11-9)。


予選通過ペアの枠、および1回戦の試合テーブルおよび開始時間はまだ未決定です。

トーナメント表と試合のスケジュールと結果を掲載します。
試合のスケジュールと結果はトーナメント表に記載します。


・混合ダブルス決勝トーナメントのスケジュール

日 (曜日) 日本時間ラウンド 
 6/14(金)10:00~10:40  1回戦(ベスト16)

17:30~18:10準々決勝
 6/15(土)10:00~10:40準決勝
 14:00~14:50 決勝、表彰式

トーナメント表>

試合をクリックすると試合のスケジュールまたは結果が表示されます。
T1~T4はライブ配信があります(視聴方法はこちら)。
ビデオアーカイブのある試合にはビデオへのリンクを張ってあります。
最上部の黒い帯タイトルをクリックすると全画面表示されます。

予選を突破した早田ひな/張本智和ペアは、香港オープンで1回戦で敗退しているので今回はまず1回戦を確実に勝ちたいです。

伊藤美誠/丹羽孝希ペアは丹羽の地元北海道での大会ということもあり優勝を狙いたいところですが、準々決勝で先週の香港オープンで優勝の台湾の林昀儒/鄭怡静ペア、準決勝で中国の許昕/朱雨玲と当たる可能性のある厳しい組み合わせとなっています。

・1回戦、準々決勝(6/14)

伊藤美誠/丹羽孝希ペアは1回戦でポーランドのペアをストレートで破りました。続く準々決勝では先々週の中国オープンと先週の香港オープンで優勝し3週連続の優勝を狙う台湾の鄭怡静/林昀儒ペアと対戦しましたが、1-3で敗れました。

予選から進出した早田ひな/張本智和ペアは1回戦は不戦勝となり、準々決勝で第1シードで韓国の田志希/李尚洙ペアにストレートで勝って準決勝に進みました。


・準決勝(6/25)

早田ひな/張本智和ペアは中国の丁寧/樊振東ペアと対戦しました。この試合では、早田は下がっても打ち合って男子並みの働きをし樊振東に対するレシーブ/ショットも決まっていました。張本も反応が良く狙いすましたフリックが良く決まり調子が良かったです。二人とも素晴らしいパフォーマンスを示し、毎ゲームでリードし、第3ゲームは何回もデュースになって取られたましたが3-1で勝ちました。


早田ひな/張本智和 vs 樊振東/丁寧       3-1 (11-7, 11-9, 13-15, 11-9)

混合ダブルス 準決勝:早田ひな/張本智和 vs 丁寧/樊振東 (中国)

・決勝(6/15)

早田ひな/張本智和ペアは決勝で中国の朱雨玲/許昕ペアと対戦しました。この試合では、早田は準決勝と同じように動けましたが、張本のフリックがネットにかかってアウトするなど準決勝のように決まりませんでした。対する中国は確実なプレーをする朱雨玲と下がってもどこからでも返してくる許昕のプレーが際立ちました。早田も許昕のロングドライブの回転になかなか対応できませんでした。結果は、早田/張本ペアのストレート負けでした。しかし、準優勝という成果と課題が見つかり、まだペアを組んで2大会目のこのペアにとっては実のある大会になりました。


早田ひな/張本智和 vs 朱雨玲/許昕   0-3 (10-12, 6-12, 5-11)


・最終結果

優勝:朱雨玲/許昕(中国)、準優勝:早田ひな/張本智和