【卓球】韓国オープン 男子シングルス - 水谷隼が準決勝に進出

 男子シングルスでは、先月のジャパンオープンで優勝した張本智和が2回戦で中国の梁靖崑に負けてしまいましたが、水谷隼が準決勝に進みました。

水谷隼は、準決勝で韓国の張禹珍に敗退

7月21日(土)に行われた男子シングルス準決勝で水谷隼は韓国の若手、張禹珍(ジャン・ウジン)と対戦したが、1-4で敗れた。


準決勝の結果:

水谷隼 vs 張禹珍    1-4 (5-11, 9-11, 11-9, 10-12,10-12)

梁靖崑(中国) vs 林高遠(中国)    4-2 (11-9, 6-11, 11-7, 5-11, 11-6, 11-9)


決勝は張禹珍(22歳)と中国の梁靖崑(リャン・ジンクン、21歳)の若手対決となった。二人とも、韓国と中国のトップより1つ下と見られている選手ですが、今大会では張禹珍は丁祥恩、梁靖崑は林高遠と自国の上位選手を破って決勝まで進んでいるので、ぜひ優勝したいところでしょう。


決勝のスケジュール:

張禹珍 vs 梁靖崑     7/22(日) 21:00  Table 1

<トーナメント表 - 予定と結果>

対戦をクリックすると試合の予定(開始時刻とテーブル)、または詳細スコアが表示されます。