【卓球】 2019ジャパンオープン 女子シングルス 予選トーナメント

 女子シングルスの予選は本戦に先立って6月12日と13日に行われます。

予選から開始する選手は79名で勝ち抜きのトーナメント方式で3回戦まで行って決勝トーナメントに進む16選手を決めます。


日程は、以下の通りです。

6/12(水)予選1回戦(R128)、2回戦(R64)
6/13(木)予選3回戦(R32)

※R64はベスト64が戦ってベスト32を決めるラウンド(回戦)と言う意味です。


予選から開始する日本選手は、以下の17選手です。

加藤美優、橋本帆乃香、長﨑美柚、安藤みなみ、早田ひな、大藤沙月、塩見真希、木原美悠、森さくら、相馬夢乃*、森薗美月、松平志穂、小塩遥菜*、瀬山咲希*、出澤杏佳*、笹尾明日香*、前瀧初音*

(*=1回戦から開始する選手です。他の選手は2回戦からになります)


トーナメント表とトーナメント表に試合のスケジュールと結果を記載します。

<ト ーナメント表>

試合をクリックすると試合のスケジュールまたは結果が表示されます。
T1~T4はライブ配信があります(視聴方法はこちら)。
ビデオアーカイブのある試合にはビデオへのリンクを張ってあります。
最上部の黒い帯タイトルをクリックすると全画面表示されます(トーナメント表が長いので全画面のほうが見やすいです)。

日本選手同士の対戦に注目すると、森薗美月と早田ひなが順当に勝ち進むと3回戦で対戦します。この山は中国選手がいないのでどちらかの選手が予選通過する確率が高いです。早田ひなは今年はまだワールドツアーで1回も決勝トーナメントまで進めていないのでチャンスです。また、森さくらと加藤美優笹尾明日香と木原美悠も3回戦で対戦する可能性が高いです。


また、中国選手との対戦に注目すると、前瀧初音が車暁曦と1回戦で、松平志穂が孫穎莎と2回戦で、大藤沙月が武楊と2回戦で対戦します。大藤沙月は2回戦で武楊に勝った場合、先週の香港オープンで優勝した王芸迪と対戦する可能性があります。また、小塩遥菜が何卓佳と2回戦で、安藤みなみは張瑞と3回戦で当たる可能性があります。


・予選1回戦(6/12)

予選1回戦は6選手中4名が負け、出澤杏佳と小塩遥菜が2回戦に進みました。2回戦からの選手と合わせて13選手が2回戦を戦います。

2回戦は1回戦と同じ日に行われます。


・予選2回戦(6/12)

予選2回戦は13選手中8名が敗退し、早田ひな、森さくら、安藤みなみ、長﨑美柚、木原美悠の5選手が3回戦に進出しました。3回戦に勝てば予選を通過できます。

予選2回戦は日本選手にとって厳しいものになりました。そのなかでも、惜しかったのは橋本帆乃香、出澤杏佳、小塩遥菜の3選手で3人ともゲームオールまでもつれ最終の7ゲーム目も最低の2点差で敗れました。特に中学2年生の小柄の小塩遥菜(世界ランキング181位)は、予選で第2シードで世界ランキング21位、昨年末のグランドファイナル準優勝の中国の何卓佳と対戦しゲームカウント1-3から3-3に追いつき最終ゲームも接戦になりました。最終ゲームは1日の終わりでスケジュールが遅れ他の試合が終わっていたこともあり会場の注目を浴びる熱戦でした。


橋本帆乃香 vs 智恩彩(韓国) 3-4 (14-12,13-15,2-11,12-10,3-11,11-9,11-13)

出澤杏佳 vs 鄭先知(台湾) 3-4 (11-6,11-9,5-11,6-11,11-13,11-8,10-12)

小塩遥菜 vs 何卓佳(中国)     3-4 (11-5,3-11,8-11,9-11,11-8,11-9,9-11)

予選2回戦:小塩遥菜 vs 何卓佳 (中国)

・予選3回戦(6/13)

予選3回戦は、安藤みなみが中国に敗れたが、早田ひな、森さくら、長﨑美柚、木原美悠の4名が予選を通過し決勝トーナメントに進みました。特に、木原美悠は中学生ながら2、3回戦ともストレートで勝ち1ゲームも落としていません。


中国選手は先週の香港オープンで優勝の王芸迪が同じ中国の武楊(ウーヤン)に敗れ1人減りましたが7名が決勝トーナメントに進みました。やはり、孫穎莎と何卓佳が脅威ですが二人とも予選で苦労していて調子はあまりよくないかもしれません。また、ここ1か月の試合で日本選手を多数倒している王芸迪が予選敗退し、日本選手にとって分のいい武楊が残ったのは日本選手にとって少しはやりやすいかもしれません。

シード選手が日本選手と中国選手を合わせて11名、予選通過も日中合わせて11選手いるので、決勝トーナメントは1回戦から同国同士の対戦も増えると思います。