【卓球】 2018グランドファイナル 女子/男子ダブルス

 2018ワールドツアーの締めくくりの2018グランドファイナルが12月13日(木)から12月16日(日)の4日間で開催されます(詳細はこちら)。


ここでは、女子ダブルスと男子ダブルスの日程、日本選手の試合結果トーナメント表を記載します。

1.日程

 日付種目/ラウンド 
 12/13(木)14:20頃女子ダブルス/男子ダブルス 準々決勝(女子と男子を交互に行う)
 12/14(金)10:00 女子ダブルス 準決勝
 10:40頃男子ダブルス 準決勝
 12/16(日)15:20頃男子ダブルス 決勝
19:50頃 女子ダブルス 決勝

(メモ)時間は現地時間ですが日本と時差はありません。また、「11:20頃」というのは11:20が開始の目安ですが前の試合の進行状況によって開始時間が前後することを示します。

2.   日本選手の試合結果

1回戦の結果(12/13)

 伊藤美誠/早田ひなペアは中国ペアにストレートで快勝しましたが、佐藤瞳/橋本帆乃香ペアも中国ペアと対戦し、2ゲーム目と3ゲーム目は平行線の展開で2ゲーム目では先にゲームポイントを握る場面もありましたがストレートで負けてしまいました。大島祐哉/森薗政崇ペアも実力差を見せて快勝しました。

準々決勝のスケジュールは次のとおりです。

<女子ダブルス>
佐藤瞳/橋本帆乃香vs陳可/王曼昱(中国) 0-3 (7-11, 12-14, 9-11)
伊藤美誠/早田ひな vs劉高陽/張瑞(中国) 3-0 (11-6, 11-9, 11-9)

<男子ダブルス>
大島祐哉/森薗政崇 vs黃鎮廷/何鈞傑  3-0 (11-5, 11-8, 11-5)

準決勝の結果(12/14)

 伊藤美誠/早田ひなペアは厳しい展開でしたが第1シードの意地を見せ逆転で勝利しました。大島祐哉/森薗政崇は残念ながら決勝に進めませんでした。


準決勝の結果は次のとおりです。


<女子ダブルス>

伊藤美誠/早田ひな vs田志希/梁夏銀(韓国)   3-2 (12-10,3-11,9-11,12-10,10-6)

陳幸同/孫穎莎(中国)vs陳可/王曼昱(中国)      3-2 (11-2,5-11,13-11,7-11,11-8)


<男子ダブルス>

大島祐哉/森薗政崇 vs黃鎮廷/何鈞傑(香港)        1-3 (9-11, 3-11, 11-5, 4-11)

張禹珍/林鐘勲(韓国)vs鄭栄植/李尚洙(韓国)       1-3 (11-9, 8-11, 15-13, 11-9)

決勝の結果(12/16)

 女子ダブルスで伊藤美誠/早田ひなペアが中国ペアをストレートで下し優勝しました。伊藤の美誠パンチや早田のフォアドライブが要所要所で決まって常に優位にゲームを展開できましたが、2ゲーム目は10-6から5ポイントを連取され逆にゲームポイントを握られる、3ゲーム目も10-7とマッチポイントを取ってからデュースに持ち込まれるという危うい場面を切り抜けてのストレート勝ちでした。みまひなペアは昨年のグランドファイナルで決勝で負けて準優勝に終わっていて、このペアとしのグランドファイナルの初優勝でした。個人としては伊藤は平野美宇と2014年に、早田は浜本由惟と2016年に優勝しています。


<男子ダブルス>

張禹珍/林鐘勲vs黃鎮廷/何鈞傑          3-2 (10-12, 13-11, 11-8, 10-12, 11-8)

<女子ダブルス>

伊藤美誠/早田ひなvs陳幸同/孫穎莎          3-0 (11-9, 13-11, 12-10)

3.  トーナメント表

対戦をクリックすると試合の予定(開始時刻とテーブル)、または詳細スコア(終了した試合の場合)が表示されます。予定内の「T1」は試合の卓球台(テーブル)の番号で「Table 1」を表します。

また、終了した試合のメモにあるリンクはitTVまたはYoutubeの試合のビデオへのリンクです(ある場合)。クリックするとitTVまたはYoutubeの試合のビデオへジャンプします。itTVを登録(Register)されてない方は登録して視聴してください。現時点では無料です。

トーナメント表の上部の黒いタイトルバーをクリックするとThe Tournamentのサイトでこのトーナメント表を確認できます。

<女子ダブルス>

<男子ダブルス>