【卓球】 2017ワールドツアーグランドファイナル(12/14-17)

 グランドファイナルは通常毎年12月に開催されるワールドツアーとワールドツアープラチナの総仕上げのような大会です。賞金総額も100万USドルで、シングルの優勝賞金も10万ドルです。ちなみにワールドカップの優勝賞金が4万5000ドルですから2倍以上あり、賞金では一番大きな大会ではないでしょうか。


 1年間にあるワールドツアー6大会とワールドツアープラチナ6大会で獲得したポイントの上位15選手と大会開催地の代表選手1名の男女それぞれ合計16選手で優勝を争います。


 ワールドツアー(正式にはSeamaster ITTF ワールドツアー)は、ワールドツアープラチナが格上で獲得ポイントと賞金は通常のワールドツアーの約2倍になります。またポイントは、世界ランキングを決める試合ごとのレーティングポイントと大会での成績に対して与えられるボーナスポイント(詳細はこちらを参照)とは別に、グランドファイナルへの出場を決めるためのポイントがあります。


このポイント配分は以下のようになっています。

(1) ワールドツアープラチナ

2017年のワールドツアープラチナの大会は、カタールオープン、ジャパンオープン、中国オープン、オーストラリアオープン、オーストリアオープン、ドイツオープンです。

 最終成績 シングルスダブルス 
 優勝 500(ポイント) 300
 準優勝 300 150
準決勝  200 75
 準々決勝 100 38
 ベスト16(R16) 50 19
 ベスト32(R32) 25

(2) ワールドツアー

2017年のワールドツアーの大会は、ハンガリーオープン、インドオープン、韓国オープン、ブルガリアオープン、チェコオープン、スウェーデンオープンです。

 最終成績 シングルスダブルス 
 優勝 250(ポイント)200
 準優勝 125 100
準決勝 6350
 準々決勝 3125
 ベスト16(R16) 16 13
 ベスト32(R32)8

グランドファイナルへの招待資格

グランドファイナルに招待されるには以下の条件を満たす必要があります。

(1) シングルス

  1. 5大会以上に出場していること
  2. (1)の条件を満たした選手でポイント上位15位以内
上記の15選手に加えて(1)の条件を満たした大会開催地の選手1名が招待されます。ただし、開催地の選手が15位以内に含まれる場合、または(1)の条件を満たす選手が開催地の選手にいない場合は(2)の条件は「上位16位以内」となります。

(2) ダブルス

  1. 同じペアで4大会以上に出場していること
  2. 上記条件を満たしたペアでポイント上位7位以内
上記の7ペアに加えて(1)の条件を満たした大会開催地のペア1組が招待されます。ただし、開催地のペアが7位以内に含まれる場合、または(1)の条件を満たすペアが開催地のペアにいない場合は(2)の条件は「上位8位以内」となります。

おもろかったら「ええやん」してや。Tweetでもええで。