【卓球】 2019オマーンオープンが開催(3/22~26)

 2019オマーンオープンが3月22日から(予選は3/20から)オマーンのマスカットで始まります。今大会は早田ひなが優勝した2月のポルトガルオープンに続き年間6回開催されるチャレンジプラスシリーズの2大会目です。チャレンジプラスは、2019年から新たに設定された大会のカテゴリで、ワールドツアーと従来のチャレンジシリーズとの間の大会として格付けられ獲得できる世界ランキング用のポイントもワールドツアーより低く従来のチャレンジシリーズより高くなります(詳細は2019ITTFランキングシステムの「大会種類別のポイント表の「チャレンジシリーズ/チャレンジプラス」のタブを参照してください)。


 今大会は並行してチャレンジシリーズのスペインオープンが並行して開催されるためか、また西アジアでの大会のためかヨーロッパからの参戦も少なく、またポルトガルオープンでは多数出場していた中国選手も出場していないため、出場選手はポルトガルオープンの半数ほどになっています。日本からはポルトガルオープンと同じように早田ひな、森さくら、ミキハウス勢など男女共若手が出場しています。また、今大会は平野美宇が参戦しているので、女子は日本生命勢とミキハウス勢といった感じです。


本戦(決勝トーナメント)は3月22日からですが、本戦に先立って3月20日から予選が行われます。


大会の概要、大会日程出場選手ライブ配信の視聴方法についてまとめました。

1. 大会の概要

 今大会はチャレンジプラスの大会なので優勝で獲得できる世界ランキング用のポイントは1100ポイントです。ワールドツアーは、1800ポイント、チャレンジシリーズは850ポイントなのでその間になります。チャレンジプラス大会はワールドツアーではないのでT2ダイヤモンドやグランドファイナルへの出場に必要となるワールドツアーポイントは獲得できません(詳細はこちら)。


 開催される種目は、女子と男子のシングルス、女子と男子のダブルス、混合ダブルス、U21の女子と男子のシングルスです。決勝トーナメント(本戦)は、男子シングルスはいつも通りR64(ベスト64)から開始ですが、女子シングルスは出場選手数の関係かR32からです。ダブルスは3種目ともいつも通りR16からの開始です。U21はR16からの開始です。


 今大会はヨーロッパからの出場が少なく、中国選手も出場していないため、シングルスのエントリーは女子が54名、男子が95名になっています。

[3/20/2019追記]女子の出場選手が58名から54名に減りました。

2. 大会日程

 日付種目/ラウンド 
 3/20(水) 男子・女子シングルス 予選グループ 第1戦、第2戦
 男子ダブルス 予選トーナメント(1回戦)
 U21男子・女子シングルス 予選グループ第1戦、第2戦
 3/21(木)男子シングルス 予選グループ 第3戦、予選決定戦
女子シングルス 予選グループ 第3戦
 男子ダブルス 予選トーナメント 2回戦(決定戦)
女子・ 混合ダブルス 予選トーナメント 1回戦(決定戦)
 U21男子・女子シングルス 予選グループ 第3戦、予選決定戦
 3/22(金)
 男子シングルス 決勝トーナメント 1回戦(R64)、2回戦(R32)
 女子シングルス 決勝トーナメント 1回戦(R32)
男子・女子ダブルス 決勝トーナメント 1回戦R16)
 混合ダブルス 決勝トーナメント 1回戦(R16)、準々決勝
U21男子・女子シングルス 決勝トーナメント 1回戦(R16)、準々決勝、準決勝
 3/23(土)男子シングルス 決勝トーナメント 3回戦、準々決勝
 女子シングルス 決勝トーナメント 2回戦、準々決勝
 男子・女子ダブルス 決勝トーナメント 準々決勝、準決勝
混合ダブルス 決勝トーナメント 準決勝、 決勝
 U21男子・女子シングルス 決勝トーナメント 決勝
 3/24(日)男子・女子ダブルス 決勝トーナメント 決勝
 男子・女子シングルス 決勝トーナメント 準決勝、決勝
 男子シングルスの決勝トーナメントはR64(ベスト64)から開始するため、シードが原則32選手で、残りの32枠は予選から進出します。今回は予選から開始する選手は男子63名で21グループに分かれて戦い1位21名は決勝トーナメントへ、2位21名は決定戦を戦い11名(1名は不戦勝)が決勝トーナメントに進出します。女子シングルスは決勝トーナメントはR32から開始するため、シードが16選手で、残りの16枠は予選から進出します。予選から開始するのは38名で12グループに分かれて戦い1位が決勝トーナメントに進出します。女子シングルス予選はグループリーグのみで決定戦が予定されていませんので残り4名の選出方法は不明です。
また、今大会はU21も予選グループリーグが行われ、決勝トーナメントはR16から開始されます。

 ダブルスはいずれもシードが8ペアで予選で残り8枠を決定します。女子は予選から開始するのは10ペアなので6ペアは不戦勝で残り4ペアが1回戦のみの決定戦を戦い決勝トーナメント進出となります。男子は予選から開始するのは25ペアなので予選をトーナメント形式で2回戦まで行い決勝トーナメント進出の8ペアが決まります。混合ダブルスは予選から開始するのは12ペアなので4ペアが不戦勝で残り8ペアで1回戦のみ戦い決勝トーナメント進出となります。

3. 出場選手

 日本選手は以下のとおりです。(太字はシングルスのシード選手です。)

・女子

平野美宇佐藤瞳芝田沙季橋本帆乃香早田ひな大藤沙月*、塩見真希*、森さくら

・男子

吉村和弘及川瑞基、神巧也

(* はU21にも出場する選手です)


 女子ダブルスは佐藤瞳/橋本帆乃香、芝田沙季/大藤沙月ペア、男子ダブルスは及川瑞基/神巧也ペアが出場します。混合ダブルスには日本ペアは出場しません。なお、ポルトガルオープンに出場した世界選手権代表の加藤美優は、並行して開催されるチャレンジシリーズのスペインオープンに出場しています。


 今年1月の世界ランキングの記事のトピックにも書きましたが、1月の世界ランキングの4位、5位、6位の選手のランキングポイントを構成する8大会のポイントの中にチャレンジプラスの優勝ポイントの1100ポイント前後のポイントが含まれていることや、ワールドツアーなどの準々決勝敗退などのポイントが減少していることを考えると、チャレンジプラス大会はもっと重視されていいと思っていますが、今大会はワールドツアープラチナのカタールオープンの前の週ということもあり2月のポルトガルオープン以上に出場選手が少ないようです。

4. ライブ配信の視聴方法

 以下のサイトでライブ配信がある可能性があります(今回配信対象の卓球台(Table)はTable 1(T1)~Table 2(T2) です)。オマーンのマスカットは日本と5時間時差があり、日本が5時間早いです。つまり、現地の10時は日本の15時になりますので注意が必要です。


  • itTV(ITTF(国際卓球連盟)の配信サイト)
  https://tv.ittf.com/
  http://www.laola1.tv/en-int/live-schedule

また、ライブスコアは ITTFの以下のオマーンオープンのページの「Draw & Results」にある「Live Scoring Running now」をクリックして視ることができます。