【卓球】 2019ジャパンオープン 女子シングルス

 6月13日に予選が終わり決勝トーナメントの枠がすべて埋まりました。


日本選手は、シード選手が平野美宇、石川佳純、伊藤美誠、佐藤瞳、芝田沙季の5選手、予選通過は早田ひな、森さくら、長﨑美柚、木原美悠の4選手で合わせて9選手です。


トーナメント表と試合のスケジュールと結果を掲載します。
試合のスケジュールと結果はトーナメント表に記載します。


・女子シングルス決勝トーナメントのスケジュール

日 (曜日) 日本時間(現地時間)ラウンド 
 6/14(金)12:30~13:20  1回戦(ベスト32)8試合
14:10~15:00 1回戦(ベスト32)8試合

18:30~19:202回戦(ベスト16)
 6/15(土)12:20~13:10準々決勝(2試合)
16:00~18:30 準々決勝(男子と交互に試合)
 6/16(日) 10:00~11:40 準決勝(1試合ずつ)
 16:00~17:15 決勝、表彰式

トーナメント表>

試合をクリックすると試合のスケジュールまたは結果が表示されます。
T1~T4はライブ配信があります(視聴方法はこちら)。
ビデオアーカイブのある試合にはビデオへのリンクを張ってあります。
最上部の黒い帯タイトルをクリックすると全画面表示されます。

シード選手に日本が5名と中国が6名、予選通過選手に日本が4名と中国が7名で日本が9名、中国が13名います。1回戦32選手中22名が日本か中国の選手なので同国同士の対決、または日中の対決が多いのはしかたないと思っていました。


結果は、日本選手同士は森さくらと芝田沙季石川佳純と木原美悠の2組、中国選手同士は丁寧と張瑞王曼昱と武楊陳幸同と車暁曦の3組、日中の対決は朱雨玲と長﨑美柚伊藤美誠と顧玉婷早田ひなと陳夢の3組でした。

早田ひなは陳夢と対戦と厳しいですが、今年初めてのワールドツアー本戦なのでなんとか勝ち進みたいところでしょう。平野美宇は1回戦は香港の蘇慧音で今年の世界選手権で勝っている相手ですが気を抜かずにまず1勝を目指してほしいです。


・1回戦(6/14)

1回戦は日本選手の出場する試合は日本選手同士の対戦2試合を含めて7試合ありました。中国選手と対戦した伊藤美誠は顧玉婷(グユーチン)に、早田ひなは陳夢に敗れて1回戦敗退となりましたが、高校2年生の長﨑美柚が世界ランキング4位の朱雨玲に4-1で勝って大金星を上げました。


長﨑美柚 vs 朱雨玲 4-1 (11-6, 5-11, 11-9, 11-7, 11-9)

1回戦:長﨑美柚 vs 朱雨玲 (中国)(ハイライト)

・2回戦(6/14)
2回戦では、1回戦で朱雨玲を破った長﨑美柚はJOCエリートアカデミーの先輩の平野美宇と日本選手同士の対戦でしたが、残り3選手は石川佳純が孫穎莎、佐藤瞳が丁寧、森さくらが劉斐と中国選手と対戦しました。平野美宇と長﨑美柚の対戦は第1ゲームを長﨑が取りましたが第2、3ゲームを平野が取って逆転し最後2ゲームは接戦を平野美宇が征して先輩の意地を見せました。
会場を盛り上げたのは佐藤瞳と森さくらでした。佐藤瞳は、いつもの粘りで試合を進めましたがゲームカウント1-2となったあと丁寧に疲れが見えると持久戦に切り替え3ゲーム連取で逆転で1回戦の長﨑に続き大金星を上げ地元に錦を飾りました。森さくらはゲームカウント2-0とリードしたが3ゲームを連取されて逆に王手を掛けられましたが1ゲームを返しゲームオールとなり最終ゲームもデュースとなりましたが惜しくも敗れてしまいました。石川佳純は残念ながらストレートで敗れました。
準々決勝では平野美宇と佐藤瞳が対戦します。

佐藤瞳 vs 丁寧 4-2 (12-10, 6-11, 3-11, 12-10, 11-6, 11-9)
森さくら vs 劉斐 3-4 (13-11, 11-9, 6-11, 6-11, 10-12, 11-7, 11-13)
佐藤瞳の丁寧戦後のインタビュー(中国対育)

2回戦:佐藤瞳 vs 丁寧 (中国)

・準々決勝(6/15)

平野美宇と佐藤瞳の対戦は、第1ゲームで先に佐藤が10-8でゲームポイントを握ったが平野が4連続ポイントで逆転してゲームを取ると、その勢いのままストレートで佐藤を押し切りました。平野美宇は前日に丁寧を破って勢いに乗る佐藤瞳を警戒して作戦を立て無理な攻撃をせず、打ちごろの球だけをしっかり打ち込むことを徹底し落ち着いた試合をしていました。佐藤瞳は平野の打球点が早く十分な体勢で返球できなかったようです(詳細はRallysの記事を参照)。


翌日最終日の準決勝での平野美宇の対戦相手は世界ランキング2位の中国の劉詩雯(リュウシウェン)になります。ここまで来たら優勝を見たいですが、朱雨玲を1回戦で破った長﨑美柚に2回戦で勝ち、丁寧を2回戦で破った佐藤瞳に準々決勝で勝った勢いと落ち着いた試合運びを維持して、まずは目の前の劉詩雯との対戦に集中してほしいです。


・準決勝(6/16)

平野美宇は準決勝で世界ランキング2位で今年の世界選手権女子シングルス優勝の中国の劉詩雯と対戦しました。平野美宇はこれまで劉詩雯には完敗で、取ったゲームも優勝した2017アジア選手権の団体戦で奪った1ゲームだけです。7ゲームマッチではすべてストレート負けです。

この試合では、ここ最近の好調を維持して今までとは違う戦いをしてくれるのではという期待どおり1ゲーム目を取りましたが、それで気負ったのかその後の3ゲームはまったく精彩がなくミスを連発し、いいところがなく簡単に取られて、王手を掛けられてしまいました。5ゲーム目では集中を取り戻し中盤大きくリードしたのですが、自分のサーブミスでまた集中力を切らしたようでそれが表情に出て、少し困った表情になっていた劉詩雯が逆に集中してしまいました。それでも先にゲームポイントを握ってポイント差もありこのゲームは取れるだろうと思いましたが、連続ポイントで追いつかれてそのままマッチポイントから押し切られてしまいました。2~4ゲーム目はまったくゲームにならず観客も少し冷め気味になってました。最近はだいぶ改善して来ましたが、強い相手だとまだ気持ちの問題で精彩がまったくなくなることが多いので、精神的にもさらに成長してほしいです。


平野美宇 vs 劉詩雯      1-4 (11-9, 5-11, 4-11, 3-11, 10-12)

準決勝:平野美宇 vs 劉詩雯 (中国)

・決勝(6/16)

決勝は平野美宇に勝った劉詩雯と同じ中国の孫穎莎の対戦になりました。孫穎莎が2ゲームを取った後、劉詩雯が3ゲームを取って逆に王手を掛けたが、孫穎莎が1ゲームを取ってゲームオールに持ち込んだ。最終ゲームは孫穎莎の一方的なゲームとなり、孫穎莎が2年ぶりのジャパンオープンの優勝を飾った。2017年のジャパンオープンでは16歳でシニアの国際大会初出場で初優勝をしている。


孫穎莎 vs 劉詩雯      4-3 (11-4, 11-9, 4-11, 6-11, 7-11, 11-8, 11-3)


・最終結果

優勝:孫穎莎(中国)、準優勝:劉詩雯(中国)