【卓球】張本智和は銀メダル - 2018ユースオリンピック 男子シングルス 決勝トーナメント

 2018ユースオリンピックの卓球競技の男子シングルスは、現地時間の10月9日と10日に決勝トーナメントが行われ、各メダルの受賞者が決まります。このページでは、決勝トーナメントのスケジュールと結果トーナメント表を載せます。なお、試合のライブ配信の視聴はオリンピックチャンネルでできるようです(詳細はこちらのページの最後)。


決勝トーナメントに先立ち、現地時間の10月7日と8日に8グループによる予選グループステージが行われ、各グループの1位と2位が予選通過となりました。決勝トーナメントは、この8グループの1位と2位、つまり16選手で勝ち抜きのトーナメント形式で行われます。なお、1回戦で1位通過者同士が当たらないように、別のグループの1位と2位が対戦するように試合が組まれます。


なお、決勝トーナメントは次の日程で行われます。

 日付 時間ラウンド 
10/9(火)  10:00~13:00女子・男子シングルス 1回戦(R16)
 15:00~21:00 女子・男子シングルス 準々決勝
10/10(水) 10:00~13:00女子・男子シングルス  準決勝
 16:00~19:30女子・男子シングルス 決勝、表彰式

1. 試合のスケジュールと結果

張本智和の1回戦と準々決勝の結果(10/9)

張本智和は決勝まではストレートで行けると思っていたのですが、意外と苦戦しています。1回戦はいきなりゲームを失い、準々決勝は3ゲーム連取のあと2ゲーム連続、それも4ゲーム目は逆転で落とすという試合で楽勝とは行かないようです。準決勝も「台湾の張本智和」と言われる林昀儒ですし、決勝は今年の世界選手権にも出場した中国の王楚欽が来る可能性が高いので、厳しい戦いが続きそうです。

(1回戦)
張本智和 vs タッカー・マナブ・ビカシュ(インド) 4-1 (9-11,11-8,11-7,11-8,11-7)

(準々決勝)
張本智和 vs PLETEA Cristian(ルーマニア) 4-2 (11-3,11-8,11-8,6-11,9-11,11-6)

準決勝と決勝の結果(10/10)

張本智和と、同い年の台湾の林昀儒(リンユンジュ)との対戦は激戦になりました。1ゲーム目を落とした張本は8-10からの逆転などで3ゲームを連取しゲームカウント3-1と決勝進出に王手を掛けたのですが、そこから2ゲームを返され最終第7ゲームまで持ち込まれました。第7ゲームは常時先行でとれましたが、第4ゲームでの8-10からの逆転がなければ、かなり厳しい試合でした。

張本智和は、決勝で負け残念ながら金メダルは取れませんでした。



(準決勝)
張本智和 vs 林昀儒(台湾)  4-3 (6-11, 13-11, 14-12, 11-4, 9-11, 5-11, 11-6)
王楚欽(中国) vs カナック・ジャ(米国) 4-0 (11-7, 11-7, 11-5, 11-4)

3位決定戦

カナック・ジャ vs 林昀儒   4-3 (6-11, 11-7, 13-11, 11-3, 8-11, 4-11, 11-9)
決勝

張本智和 vs 王楚欽       1-4 (8-11, 11-5, 1-11, 11-13, 9-11)

3位決定戦と決勝のビデオを視るにはここをクリックしてください

2. トーナメント表

対戦をクリックすると試合の予定(開始時刻とテーブル)、または詳細スコア(終了した試合の場合)が表示されます。予定内の「T1」は試合の卓球台(テーブル)の番号で「Table 1」を表します。

トーナメント表の上部の黒いタイトルバーをクリックするとThe Tournamentのサイトでこのトーナメント表を確認できます。